• Sat. May 21st, 2022

SixTONES・田中樹、ラジオ生出演でファン「安心した」「泣けます」! ニッポン放送のメールサーバーが壊れた!?

 SixTONESがパーソナリティを務めるラジオ番組『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』(ニッポン放送)。2020年4月のスタート以降、通常はMC担当の田中樹と、週替わりメンバーの2人体制で生放送に臨んでいるが、2月26日は放送100回目の記念すべき回とあって、6人全員がサプライズ登場した。何かとトラブルの多い放送となったものの、番組自体は大盛り上がりだったようだ。

 番組冒頭、田中を皮切りに自己紹介していったSixTONES。当日の出演者は放送まで明かされていなかっただけに、SNS上ではファンが「全員いる!」「100回記念の放送で全員揃ってるとか最高!」「サプライズで全員出演!? ビックリした!」などと歓喜の声を上げていた。

 しかし、その直後にアクシデントが発生。6人でタイトルコールをした途端、いつもとは異なる音楽が流れてしまい、スタッフが「間違えました」と正直に報告したのだ。すると、メンバーは「え~!」と衝撃を受け、「音楽を間違えたってこと?」(京本大我)「あとで使う音楽だよね?」(田中)「サプライズの何か始まるのかと思った」(京本)と困惑。さらに、田中は「これ誰がミスったの? おきく? あなたクビです」と当該スタッフを名指しし、高地優吾も「Twitterで反省文書いてください」と促した。

 その後、あらためて『オールナイトニッポン』のテーマ曲が流れ、ようやく番組が進行。数分後には、ミスを犯したスタッフ「おきく」に向けて、リスナーから「来週からほかの人がその椅子に座るので、今の感触を忘れないようにしてくださいね」と意地悪なメッセージが届くと、田中もこれに乗っかり「もう来週からあなたの椅子はありません」と通告。

 一応、スタッフ当人は反省している様子だったものの、田中は「結構思うんだけどさ、吐息混じりの『すみません』ってズルくない?」「労力使ってないのにさ、めっちゃ申し訳ないと思ってるふう。なんか、責めづらくするじゃん?」と謝り方を指摘し、松村北斗も「“やられた感”を演出するやつね」と同調。

 スタッフは開き直っていたのか、田中が「『どう謝ればいいんですか?』じゃないのよ。やり合う? 俺らと。俺ら6人、マジ強いよ」と戦う姿勢を示していたのだった。

「本番終了後、田中に『おきく』と呼ばれていた担当ディレクターの菊田知史氏は、自身のTwitterに『私は今回記念すべき100回目放送のオープニングにて番組テーマ曲を間違えるという初歩的なミスをしてしまいました。これからこのようなミスが起きないよう、心がけていく所存です』と投稿。高地に言われた通り、Twitterで非を認めた同氏は『来週俺の席あるかな…』とも嘆いていました。この日は100回目という記念の放送だった一方、ある意味で、田中の発言に多くの関心が集まった回でもあったため、スタッフの“やらかし”によって、メンバーの緊張もほぐれたかもしれません」(ジャニーズに詳しい記者)

 というのも、放送2日前の24日、愛知県警が田中の兄である元KAT-TUN・田中聖を覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕したことが報じられ、ジャニーズファンの間でさまざまな声が飛び交っていたのだ。弟・樹の精神面を心配したファンからは、「無理にラジオ出演しなくていいと思う」「放送100回のタイミングだけど、樹は自分のメンタルを一番大事にして」といった声も出ており、ラジオ出演に影響する可能性も指摘されていた。

 また、通常通りにラジオ出演した場合でも、兄の報道に言及するのかどうか注目が集まっていたが、実際には一言も触れずに放送は終了。最後までメンバー全員でワイワイと生放送をやり遂げたのだった。

「『SixTONESのオールナイトニッポン』のオンエアー中、同番組プロデューサーの長濵純氏はTwitterに『ただただ、笑ってほしいのです。笑ったら、元気出るから』と投稿。誰に向けての投稿かは不明ながら、SixTONESファンからは『今日の放送は少し不安だったけど、温かい言葉をありがとうございます』『この時間だけでもみんなと笑って、楽しそうで安心した』『スタッフさんからの愛を感じて泣けます』などと、感激の声が多数上がっていました」(同)

 ちなみに、『SixTONESのオールナイトニッポン』は午前1時までの放送だが、午前3時から開始の『水溜りボンドのオールナイトニッポン0(ZERO)』では、パーソナリティを務めるYouTuber・水溜りボンドがSixTONESの裏話を披露した。

 リスナーへメールを募集するアナウンスをした流れで、カンタが「1個情報がありまして。先ほどSixTONESさんのラジオがあったんですけれども、全員がね、今回参加したということで。スゴいパワーでした。スゴいパワーだったらしくて。メールを送るそのサーバー? ニッポン放送の、壊れたらしいんですよね」と明かし、トミーは「スゴっ!! マジで!?」と驚がく。

 カンタはSixTONESとリスナーに向けて「何してくれてんだよ。俺らのサーバー壊すなよ。みんなのサーバーだろ? 壊したら直せや」と冗談交じりに毒づきつつも、「今のところ大丈夫そう」などと、サーバーの復旧をお知らせしていたのだった。

 こうしたトラブルもありながら、放送100回目を迎えた『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』。周りのスタッフに支えてもらいながらも、長く続く番組として育っていくことを願いたい。