• Fri. May 20th, 2022

「ライダースーツみたいにパツパツ」夫の一言で1.8万のパンツを断念! 意気消沈の買い物狂いに訪れた、まさかの展開

――2年で1,300万円以上溶かし、現在借金は●00万円の“買い物狂い”のライターが、苦しくも楽しい「散財」の日々を綴ります。

 このコラムを見ている人は「また言ってるよ」と感じると思うのですが、体重72キロの千葉N子はいまだに着る服がない状態です。そのため、日夜着られそうなおしゃれな服を捜索中なのですが、ステディと一緒に映画館に行った帰り、デパートで「あいや!?」というアイテムを見つけました。

 それは、黒のパンツ! お値段1万7,600円。なぜ惹かれたのかというと、ストレッチの効いたレギンスのような生地だったから。こ、これならよく伸びそうだぞ……! サイズも「40号」だし、ギリギリ穿ける……かも! そう思った私はすぐに試着室に入りました。その結果、パッツンパッツンだけど入った!!

 シルエットが絶妙で肉感を拾いつつも、おデブに見えないような形がいい! 足首はきゅっと細くなっていて、マーベルのコミックに出てくるバインバインな女子キャラクターのようなのです!!

 でも、黒のパンツって使うかなあ……。欲しい気持ちはあるものの、サッと1万7,600円も散財してよいものか。そう思った私はステディに意見を請うことに。するとステディは、「う~ん……?」と首をかしげました。

ステディ「ずいぶん、ハードな感じだね」

「ハード?」

ステディ「革ジャンとかブーツとか履きそうな……」

「そう? 私、普通にパーカーとかに合わせようと思ったんだけども」

ステディ「テイストが違うよ」

 そ、そういうもんなの……? 岩手のファッショニスタを自称している私ですが、その実、ファッションには全然詳しくありません。年中、自作のTシャツと6,000円のジーンズを穿いているステディによもやファッションを教えられるとは……ぐぬぬ。

 でも、そう言われてみると、確かにそんな気もする。私って昔から、パンツやスカート、トップスなど、単体で気に入って(昔は柄物が好きで、花柄とかよく買っていたっけ……)買うから、合わせるアイテムがなくて、結果として、「(服自体はあるけど)着るものがない」状態に陥っていたのよねえ。

 うーん……。ケツがブリンブリンになって可愛いと思ったけど、ステディが「ライダースーツみたいにパツパツ」と言うのならそうなんだろう………。

 私は意気消沈しながら、試着したパンツを元に戻し、店を後にしました。いつもなら私が途中で思い直し、「今来た道を戻って! やっぱりあれ買う~~~!!」と叫ぶので、優しいステディは駐車場に着くと、「大丈夫? 本当に大丈夫? 戻らなくていいのね? 駐車券清算しちゃうよ?」と何度も確認してくれました。でも、大丈夫よ。あたしの服を選ぶ基準は「ステディに可愛いって言ってもらうこと」なんだからさ……。

 そんなわけで、パンツを諦めて帰宅すると、ZOZOTOWNで購入した「JAMES PERSE(ジェームスパース)」の「コットンフレンチテリー ロングスカート WQU5954」が届いていました。

 前回のコラムで、「一度購入してキャンセル後、売り切れになって買い直すことができなかった」とお伝えしましたが、その後運よく買えたんです。早速穿いてみると、適度にゆとりがあってぴったり~~~! 2万8,600円もしたけど、これは買って正解! 「最悪、返品すればいいや」と思っていたのですが、まさかの展開でした。いや~、自分の直感を信じてよかったわい!! ステディにも見せたところ、「いいと思うよ」と言ってもらえました。ホッ……。ステディが「よし」と言ってくれるのなら、あたしゃこれからも自信を持って散財するわっ!

■今回の出費
JAMES PERSE「コットンフレンチテリー ロングスカート WQU5954」2万8,600円