• Sun. May 22nd, 2022

東京五輪二冠の水泳・大橋悠依 プロ転向ではじくソロバンと予想される“茨の道”

 昨年の東京五輪の日本選手団で、MVP級の活躍をしたのが競泳の大橋悠依。2つの金メダルを獲得して一躍国民的スターとなった彼女が、さらなる高みを目指して新たな挑戦へと進んだ。3月1日、“プロスイマー”への転向を発表。商業活動が大幅に緩和される。

「基本的にアマチュアの競泳は、日本水泳連盟が選手の肖像権を管理しますが、五輪や世界選手権でメダルを取ると、肖像権を自分で管理する道が選べ…

続きを読む