• Thu. May 26th, 2022

松田聖子、活動再開! 不死鳥のような“最強芸能人”のすごさを伝える「女性自身」と「女性セブン」

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

 草なぎ剛が連続ドラマ『銭の戦争』『嘘の戦争』に続く最新作に主演することが発表された。ジャニーズ事務所を退所後、民放ドラマ(フジテレビ系・カンテレ)に主演するのは初めてだという。2017年9月の退所から実に5年。その間、公取委からの“注意”もあったが、にもかかわらず5年もの月日がかかったのは、やはり芸能界の掟が強固だったということ。やはり芸能界は恐ろしい。

第593回(3/10〜3/15発売号より)
1位「松田聖子 『沙也加と歌い続ける!!』『母娘の聖地』再出発の誓い」(「女性自身」3月29日・4月5日合併号)
同「松田聖子 『娘と私の、ふたりの墓を』もう2度と離れたくない」(「女性セブン」3月24日号)
2位「紀子さま困惑! 実弟が喪中再婚を強行! “将来の天皇”の新叔母は下着ブランド社長」(「女性自身」3月29日・4月5日合併号)
3位「水原希子『ウフフ、彼氏です』」デザイナー恋人と同棲」(「女性自身」3月29日・4月5日合併号)

 松田聖子はやっぱりすごい。松田聖子が活動開始を公表した。昨年12月、娘・沙也加の急逝を受け中止されたディナーショーだが、その振替公演を4月と5月に開催することが決定、さらに6月から全国ツアーもスタートするという。この発表を受け、「女性自身」と「女性セブン」が聖子の特集を組んでいるのだが、そこから浮かび上がってきたのは、聖子の強烈なまでの“すごさ”だった。

 まずは「セブン」。沙也加の納骨、そしてお墓についての現状をレポートしている。1月30日、沙也加の四十九日法要が、聖子が再々婚したA氏一族の菩提寺で執り行われたが、聖子が自宅から持ってきた沙也加のお骨はここに納骨されなかったという。

 そこには菩提寺をめぐり聖子の実家である蒲地家、父親である神田正輝の事情があるというが、しかし最大の理由は聖子の意向らしい。聖子は自宅でしばらくお骨を安置し、いずれは自分と沙也加が一緒に入れるお墓を希望し、そのためのお墓を探しているというのだ。

 また記事では聖子の最近の“変化”についても言及する。ディナーショー再開発表と同時に、ファンのもとに会報誌が届き、そこで聖子は4頁にわたり沙也加への思いが書かれていたという。

 その中には、“これからは彼女の分まで歌っていきたい。彼女と一緒に歌っていきたい”という言葉もあり、愛娘を亡くした聖子が、それでも少しずつ前向きになっていること、また四十九日の法要後は外出も増えたことを伝えている。そして記事はこう結んでいる。

「悲しみを乗り越えて、聖子は沙也加さんと一緒に再出発を切っている」

 感動的だ。

 そして「女性自身」。やはり聖子の活動開始を端緒に、四十九日の法要、ファンへの会報誌についても言及しているが、しかしメインは聖子の“近影”だ。

 活動再開を公表する直前の3月上旬、聖子は東京郊外の老舗デパートを訪れた。そこは、沙也加が幼い頃から一緒に買い物をした聖子にとって、思い入れが強い大切なデパートだという。そんな場所で沙也加の思い出に触れることで自身の気持ちを整理する。記事では聖子の気持ちをそう代弁する。

 さらに巻頭のグラビアトップ頁には、すっぴんの聖子が歩いている全身写真が掲載されている。その様子を記事では、こう表現している。「その表情はどこか決意に満ちた様子」だと。そして今後、沙也加の曲をコンサートで聖子が歌う可能性に言及し、記事はこう結んでいる。

「沙也加さんの思いを乗せた歌声が響き渡る日はもうすぐそこだ――」

 これまた感動だ。

 2誌に共通しているのが聖子の“再生への物語”だ。娘の死を乗り越えて、歌手・松田聖子は今、蘇ると。確かに、振り返ると聖子はこれまで数多くのスキャンダルや苦境をことごとくチャンスに代えて不死鳥のごとく蘇ってきた稀有な芸能人だ。転んでもただでは起きない。そんな言葉がぴったりなアーティストだ。

 そして今回、女性週刊誌によって“愛娘の死を乗り越えた聖子の再生の物語”が紡ぎ出される。そして実際、聖子は今回もまた娘の死を乗り越え、立ち直り再生するはずだ。

 松田聖子、芸能史に残る最強の歌手・アーティスト・芸能人だと思う。

 皇室関係者とは、かくも大変だ。娘の眞子さまの結婚で、一応の区切りがついた小室圭さん問題。しかし母上の紀子さまにまたも悩ましい問題が起きているという。それが実弟の再婚問題だ。

 これを報じているのは“皇室の「女性自身」”。記事によれば紀子さまの弟・川嶋舟さん(48)は10年ほど前に離婚、娘と暮らしていたが、今年2月に再婚したという。

 だが問題なのは紀子さま、舟さんの父親である川嶋辰彦さんが3カ月前の昨年11月に逝去していること、つまり舟さんにとって“喪中”だということ。特に皇室と関係が深いなら一定の配慮をするべきだし、なぜそこまで再婚を急いだのかと「自身」は疑問を投げかける。

 だが問題はこれだけではないらしい。それが再婚相手の素性だ。「自身」によるとお相手のNさんは38歳の下着ブランド会社社長。以前は銀座クラブで働いていたことも。雑誌やテレビ出演、そしてYouTube番組では風俗やアダルトビデオ業界についての対談に登場しているという。さすが「自身」、やけに詳しい(笑)。だが、一方で親戚となった紀子さまは、Nさんに関する判断材料が乏しく困惑しているという。

 確かに小室さんに対しても“身体検査”が行われなかったため、金銭トラブルが後に発覚した。弟は一般人とはいえ、皇族に連なる人物だから難しい問題だ。しかも再婚相手は“将来の天皇である悠仁さま”の叔母になる人でもある。

 これは国民の関心ごとだ。「自身」が詳細を報じるのもうなずける。そして皇室とは、そして皇室の身内になるのは何かと大変だ。

 水原希子の同棲熱愛を「女性自身」がスクープしている。お相手は仕事仲間のデザイナーだとか。そして2人のすしデートを目撃した「自身」は、水原を直撃しているが、水原は「ウフフ、そうです、彼氏です」と認め、記者の質問に最後までフランクに答えてくれたという。

 よって記事内容は、水原にとっても好意的。やはりきちんと取材に応じてくれる人には好意的になるよね。記者も人間だもの。