• Thu. May 26th, 2022

城田優、前所属事務所・ナベプロから見放された!? YouTuberの暴露めぐるコメントが「怖い」と話題

 俳優・城田優がかつて所属していたワタナベエンターテインメント(以下、ナベプロ)が、3月10日発売の「週刊新潮」(新潮社)の取材に応じ、このところネット上で取り沙汰されている“城田の疑惑”について言及している。同16日には同誌ウェブ版「デイリー新潮」でも当該記事が公開されたが、「ナベプロのコメントが『怖い』と業界内で話題になっている」(芸能プロ関係者)ようだ。

 2020年9月に16年間所属したナベプロとの専属契約を終了した城田。独立後もドラマや映画、舞台とさまざまなジャンルで活躍を続け、今年は2月に開幕したミュージカル『カーテンズ』で主演を務め、現在放送中のNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』ではナレーションを担当している。そんな中、3月1日には元アパレル会社社長・東谷義和氏のYouTubeチャンネル「東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】」で“詐欺に加担した疑惑”などを暴露され、業界内外を騒然とさせた。

「東谷氏によれば、城田は以前、投資詐欺の被害に遭い、自分の投資金を取り戻すため、東谷氏や反社会的勢力の人間を頼る形で、詐欺の犯人に新たな詐欺を働かせたことがあるそう。この暴露は瞬く間にSNSなどで拡散され、その影響を受けたためか、ネット上では城田が出演していたはずのSky株式会社、タマホーム株式会社、株式会社QvouのCM動画が削除されました」(スポーツ紙記者)

 その後「新潮」は、騒動についてナベプロに取材を敢行。同事務所は、城田との専属契約終了を報告した当時、「弊社は引き続き今後もサポートして参りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます」と、温かいコメントを発表していたが……。

「城田の独立時、一部業界関係者の間では、“ナベプロ上層部は城田の芸能活動を快く思っていない”という話もありました。今回、『新潮』で城田について取材されたナベプロは、まさにそれを象徴するかのようなコメントを残しています」(同)

 ナベプロは、東谷氏のYouTubeで配信された内容について、「城田優氏が弊社の専属契約期間中の出来事でありましたが、当時記事化された内容を除き一切聞いておりませんでした」と強調し、反社会的勢力との関係が事実であれば許されないとした上で、「城田優氏本人が『事実無根』と主張をするのであれば、これまでお世話になってきたテレビ局はじめメディアの各社、公演主催者、広告主、弊社も含め納得のゆく釈明を行うべきだと考えます」と回答。さらに「上記の事を本人に助言も致しました」と明かしている。

「『新潮』はナベプロ幹部を批判的に報じた過去があり、両者は“犬猿の仲”として業界内で知られています。それにもかかわらず、ナベプロが『新潮』の取材にここまで丁寧に答え、城田を見放したと捉えられてもおかしくないコメントをしているのは、それだけ“城田憎し”の気持ちが強いのでは。ナベプロの回答は業界内でも『怖い』と恐れられていますし、城田としても、東谷氏による暴露と同じくらいか、それ以上に恐怖を感じているかもしれません」(前出・関係者)

 城田の“詐欺事件加担疑惑”の真相と、ナベプロの真意はいかに……。