• Fri. May 20th, 2022

小林麻耶の元夫・國光吟氏、誹謗中傷に法的手段示唆! 「僕は小林麻央ちゃんと会話が出来ます」と反論も

 3月10日にタレントの小林麻耶との離婚を公表したヒーリング整体師の國光吟氏が同16日、「僕が抽選で決めるか僕が1番怒った誹謗中傷コメント」(原文ママ、以下同)に対して、「とことん訴えることにしました」と法的手段を予告した。

 麻耶と國光氏は2018年7月に結婚するも、今月10日にブログで離婚を公表。以降、國光氏はブログで「もっといろんなことを書いていきますよ」「当事者である僕たちは全部知ってるんですよみんな嘘なことはただ話さないであげてたんですよ」と何らかの暴露を行うと予告するなど、連日にわたり攻撃的な投稿を続けてきた。

「しかし14日、麻耶は自身のブログに『一連のブログでの投稿大変申し訳ありませんでした』『嘘のニュースが流れ続け、誤解され、誹謗中傷され、命の危険を感じ、このような乱暴な手段を取るしかありませんでした』と、國光氏との連名で謝罪文を投稿。これ以降は、國光氏の投稿内容も多少の落ち着きを取り戻しているように見えます」(芸能ライター)

 そんな中、國光氏は16日のブログで「先程思いついたのですが」と切り出し、「最近コメントやメールやDMに送られてくる誹謗中長のスクショを残してるのですが僕が抽選で決めるか僕が1番怒った誹謗中傷コメントをとことん訴えることにしました」と報告。続けて、「海老蔵さんについて書かないでくださいと誹謗中傷を交えてきた方が今のところ抽選では無い場合はその方に僕の中ではもう決まっております。記録が更新されない限りその方になる予定です」と、歌舞伎俳優・市川海老蔵に関するコメントを送ってきた特定の人物を訴える可能性があることを示唆した。

 さらに同日、ブログに「僕にはもう一つ許せないことがあります! それは麻央さんは悲しんでいますよなど麻央ちゃんの名前を使って僕や麻耶ちゃんに誹謗中傷をしてくることです!」と、麻耶の姉・小林麻央さんに関するコメントに対し、怒りの念をつづった國光氏。「僕は麻央ちゃんと会話が出来ます。それも能力です」と断言し、「もし会話もしてないのに麻央ちゃんのことを決めつけているのならあなたこそ詐欺師ではないですか?」と反論している。

「國光氏のヒーリングサロンの施術には『除霊』というメニューがあり、いわゆる霊媒師のような能力があるようです。出張またはカフェで施術可能だといい、昨年10月には一体10万円の除霊が、期間限定で7万円引きの一体3万円(どちらも税抜)で受けられるキャンペーンを行っていました」(同)

 また、麻耶も今月16日、自身のブログで誹謗中傷被害に関して「まだ宇宙ヨガって言い続けるんですか? いつまで誹謗中傷してくるのですか?」と問いかけ、「気持ち切り替えてください。その情報嘘ですよ! 鵜呑みは危険ですよ。悪いイメージを洗脳されてますよ」などと矢継ぎ早に訴えているが、一部ネット上では「これ、本当に麻耶ちゃんが書いてるのかな?」「文章が國光さんっぽい」などと、代筆を疑う声が上がっている。

「これまでの麻耶の文章は、ひたすらポジティブな言葉が並ぶことが多いのですが、國光氏は不満を述べる際に“質問攻め”や“事柄の羅列”が続くのが特徴的です。しかし最近、麻耶のブログに國光氏のそれに似た投稿が目立つことから、ネット上では『國光さんが麻耶さんのフリをして書いてる?』と疑う声が出ています。ただ、これはあくまでもネット上の臆測。2人は離婚後もパートナーとして密接な関係を続けているようですから、麻耶が國光氏の文章から影響を受けているだけかもしれません」(同)

 離婚発表時の“句読点ナシ”“改行ナシ”のブログ投稿が話題になるなど、何かと注目されている國光氏。世間からの誤解を解く目的があったと主張しているが、結果的に國光氏の意図した方向に進んだのだろうか。