• Thu. May 19th, 2022

清原和博が中日ドラゴンズコーチの不満に一言、カジサックの大食い企画は「安心して見られる」!?【YouTube急上昇ランク】

 24時間365日更新されるYouTubeの中でも、特に注目を集めるのが「急上昇」動画。ランキングを見てみると、芸能人や有名人が出演しているのに、意外と世間で話題になっていない“名作(迷作!?)”もチラホラあります。「見逃した!」なんてことのないように、急上昇No.1とおすすめポイントを毎週振り返っていきましょう!

3月7日~3月11日 YouTube急上昇ランキング 曜日別No.1

月:朝倉海「朝倉未来が強くなったトレーニングやったら死にかけました。
火:ジャにのちゃんねる「#106【マジ家】山田家で山田を待つというサイコパスな3人。
水:清原和博「清原感謝と涙のキャンプ視察!!
木:前田日明「愛しの未来ちゃんとトキメキ刀剣デート【前編】
金:カジサック「【ガチンコ大食い対決】誰が一番大食いか決めてみた~この中の4人が泣きます~

清原和博、中日ドラゴンズコーチの不満に「素晴らしい」提案

 清原和博の公式チャンネル「清ちゃんスポーツ」では、清原が中日ドラゴンズ2軍キャンプ地である沖縄・オキハム読谷平和の森球場を訪問した際の様子が公開されました。

 球場にて、PL学園時代の後輩でもある片岡篤史2軍監督の出迎えを受けた清原。巨人時代の同僚で、今季から2軍バッテリーコーチに就任した小田幸平氏も合流しました。すると、小田氏は「やっぱり今の子は、道具いっぱいもらえると思って、ぽんぽんぽんぽん、次から次から、まだ全然破れてもないのに、2軍のヤツ(選手)がいっぱい新しいの出したり。びっくりする時ありますね」と不満をポロリ。

 しかし、清原は「折ったバット捨ててるの?」「サインして(ファンに)あげたら良いやん」「折れたバットはテープ貼って、サインしてあげたら良い」と提案します。これに対し、片岡監督は「それやろうか。それええな」と、即座に受け入れたのでした。

 このやりとりは、視聴者に驚きと感動を与えたようで、動画のコメント欄には「清原さんには、これからもこういう提案をどんどんしてほしい」「『それやろう』とすぐに言える片岡監督の柔軟性も素晴らしい」「壊れた道具をファンの人にあげる発想、本当に素晴らしいと思う」「破けてようが折れていようが、選手のサインが入ってたらファンはうれしいですよ!」といった声が寄せられています。

 カジサックの公式チャンネルでは、時間無制限で焼き鳥の“もも”をひたすら食べ続ける大食い企画「チームカジサック ガチンコ大食い王決定戦!!」を実施。カジサックと妻のヨメサック、チャンネルスタッフのトンボ、中野くん、土橋くん、トンボの妻・りおちゃんの6人が登場し、食べた本数を競います。

 普段は人一倍“少食”で知られるカジサックですが、挑戦前には「カメラが回ったら変わるから!」と豪語するなど気合十分。序盤は「おいしい」「うまいなあ」と余裕の表情で頬張っていたカジサックですが、ヨメサックやりおちゃんでさえ20本近く食べる中、13本で「ギブアップ!」と声高らかに宣言……。

 結局、40本をたいらげた中野くんが優勝! 大食い企画ではあるものの、ギブアップも許される優しい雰囲気が漂っていた同企画に、「無理のないよう配慮されてて、安心しながら見られる大食いだった!」「いろんな考慮と優しさが感じられて、最高に好き」といったコメントが寄せられていました。

 嵐・二宮和也、KAT-TUN・中丸雄一、Hey!Say!JUMP・山田涼介、Sexy Zone・菊池風磨による人気チャンネル「ジャにのちゃんねる」では、3月2日に動画「#104【重要案件】審議会をやらなくてはならなくなった…。」、6日に「#106【マジ家】山田家で山田を待つというサイコパスな3人」を公開。二宮、中丸、菊池の3人が山田の留守中に自宅へ潜入し、たこ焼きパーティーをしながら帰りを待つという企画でしたが、ネット上で賛否を巻き起こしてしまったようです。

 なぜか音声や静止画のみで構成されたこの動画。テロップによると、「楽しすぎて家が特定出来るレベルのカメラぶん回ししてしまいました」とのことで、映像は“お蔵入り”になったそう。

 山田が帰宅するシーンでは、当然のように「おかえんなさい」と声をかける3人に、山田は「はっ?」「どういうこと? 何やってんすか?」「超怖いっすよ、マジで。どうやって入ったの?」「どうやって入ったか教えろ!」とパニック状態。その後も、冷蔵庫を勝手に開けるなど、やりたい放題のメンバーに困惑しきりの様子でした。

 視聴者からは、「4人のワチャワチャ感は『ジャにの』でしか味わえない!」「なんだかんだ言って楽しんでる山田くんは優しい!」などと称賛の声が寄せられる一方で、「さすがに山田くんがかわいそう」「やりすぎだし、ファンはこういうの望んでない」などと批判的な声も寄せられ、賛否両論の企画となっています。