• Fri. Dec 9th, 2022

嵐・二宮和也の「演技力」を現役演技講師が解説! 『マイファミリー』は良い意味での“典型的な映像芝居”!?

 二宮和也にとって、嵐の活動休止後初の主演連続ドラマとなるTBS系日曜劇場『マイファミリー』。放送中の同作で二宮は、誘拐された娘を救うため、妻の未知留(多部未華子)とともに奮闘するゲーム会社社長・鳴沢温人を演じている。

 そんな二宮といえば、嵐メンバーの中で唯一、ジャニーズJr.時代に『あぶない放課後』(テレビ朝日系)で連ドラ主演を務めたことで知られており(渋谷すばるとのダブル主演)、その後は映画『硫黄島からの手紙』(2006年)でハリウッドデビューを果たしたほか、映画『母と暮せば』(15年)で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。さらに昨年、主演映画『浅田家!』(20年)で日本アカデミー賞優秀主演男優賞に選出されるなど、ジャニーズきっての演技派として知られている。

 あまり努力をうかがわせないことから“天才肌”とも評されてきた二宮だが、その演技にはどんな特徴があるのだろうか。現在、「エイベックス・アーティストアカデミー」のシアター総合コースディレクターとして演技講師も務める演出家で俳優の秋草瑠衣子氏に、4月17日に放送された『マイファミリー』の第2話を見た上で、気になる点を挙げてもらった。

二宮和也、『マイファミリー』の演技は「基本的に無表情」?

 二宮さんの演技は、基本的には無表情というか、クールな表情を崩さない印象があります。映像演技においてそれは欠点ではなく、視聴者を物語に引き込む要素の一つになり得ます。

 なぜかというと、演技が説明的ではないため、視聴者は自然と想像力をかきたてられるからです。想像力が働くということは、その登場人物の立場にたって感情移入がしやすくなるということ。二宮さんは基本的には無表情なのですが、その分“ここぞ”という時の表情の変化が、よりドラマティックに作用することがあります。たとえそれが些細な変化であっても、視聴者の心を動かす素にもなるため、視聴者は二宮さんの演技が繊細なものに見えてくるのです。

 少し具体的に見ていくと、たとえば、メディアを使って犯人に“警察は排除した”とアプローチした後、自宅で犯人からの連絡をじっと待つ妻の未知留から「ないね、犯人から連絡……」と言われるシーン。夫婦になんとなく気まずい空気が漂う中、二宮さんは目線も定まらず、体もそわそわと動いています。派手な演技ではないですか、基本がポーカーフェイスなので、些細な表現だけで夫婦関係の不安定さを上手に表せるのです。

 また、奈良橋弁護士(恵俊彰)に協力を仰ぐシーンでは、頭を下げた後の二宮さん表情が絶妙。まだ不安気で、何かにすがるような目をしています。

 それに比べ、この回のラストで女性警察官を追い出すシーンから、親友の東堂樹生(濱田岳)らと4人で握手するところまで芝居は、目線も真っ直ぐで瞬きも少なく、挙動も一つひとつが最短で動いています。自分には信頼できる仲間がいること、そして夫婦の絆を確信したことをよく表していると思います。

 二宮さんは今あげたような表現を、その変化に気がつかないほどの自然な流れで芝居の中に入れています。「芝居をしよう!」「演じよう!」といった欲が感じられない、良い意味で常に肩の力が抜けている、典型的な“映像芝居”といえると思います。

 そんな繊細な表情の変化に比べると、首から下のいわゆる“体での表現”はあまり見られなかったので、二宮さんは映像作品の俳優志向が強いのではないでしょうか。考えてみると、二宮さんはジャニーズの歌って踊れるアイドルではあるものの、ミュージカルの舞台などに出演しているイメージはありません。

 嵐としての活動が休止となり、アイドルのイメージが徐々に薄れることで、より“俳優”となった二宮さん。今回の父親役はまったく違和感なく板に着いていました。

 そんな二宮さんは今後、さらに安定感のある実力派俳優さんになられていくのではないでしょうか。これからも善人から悪役まで、さまざまな役を演じてほしいです。

秋草瑠衣子(あきくさ・るいこ)
元宝塚歌劇団男役。フリーの演出家・俳優。2017年文化庁新進芸術家海外研修制度に選出され、パリにて演劇教育についての研修に励む。エイベックス・アーティストアカデミーシアター総合コースディレクター。
公式サイトhttps://www.ruikoakikusa.com/