• Thu. May 26th, 2022

ディーン・フジオカ主演『パンドラの果実』、5.0%で自己最低! 「全然理解できなかった」視聴者から苦情

 ディーン・フジオカ主演の連続ドラマ『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』(日本テレビ系)の第3話が5月7日に放送され、世帯平均視聴率5.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。ネット上では、「回想シーンが長すぎ」などと不満の声が漏れているようだ。

 同ドラマは、推理作家・中村啓氏の小説『SCIS 科学犯罪捜査班 天才科学者・最上友紀子の挑戦』(光文社)を実写化。原作の主人公は帝都大学理工学部教授の最上友紀子というキャラクターだが、ドラマ版ではディーン演じる科学犯罪対策室の室長・小比類巻祐一を中心とした物語が展開される。

「同作は初回から世帯平均視聴率8.3%とイマイチだったものの、第2話で6.6%までダウン。さらに第3話でも数字を落とし、右肩下がりが続いています。“大惨敗”と言われた同枠前クールの成田凌主演『逃亡医F』の単話における最低視聴率は第8話の5.9%でしたが、『パンドラの果実』第3話は、これを1ポイント近く下回ってしまいました」(芸能ライター)

※以下、ネタバレを含みます。

 第3話では、山梨にある科学研究所に不法侵入した動画配信者が撮影を行う中、遺体安置所に保管されている献体遺体がゾンビのように起き上がって歩き出し、行方不明になるという事件が発生。現地へ向かった小比類巻、最上(岸井ゆきの)、科学犯罪対策室のメンバー・長谷部勉(ユースケ・サンタマリア)が調べを進めると、歩く遺体の目撃情報が入る。目撃者の車のドライブレコーダーに映っていた映像から、衝撃の真実が明らかに……という展開だった。

「結局、研究者が作った人工タンパク質が遺体に入ったことで、神経系が異常再生するなどし、その刺激によって心臓が動き出した……という根拠で話は落ち着きました。しかし、ネット上では『どうして死者が歩き回ったか、まったくわかりませんでした』『誰か意味がわかった人いたら教えて』『今回のゾンビはファンタジーすぎて、全然理解できなかった』と、難解さに対する苦情が続出したんです」(同)

 また、「だんだん面白くなってきた」「音楽や映像などの演出が、雰囲気があって良い」と称賛する声がある一方で、前回までのシーンの反復や次回の予告映像の尺が長めにとられていることから、「先週と同じシーンを何分も垂れ流すのやめて」「見たことあるシーンが続くから、過去の録画を見てるのかと思って焦った」「前回の映像や次回予告が長すぎる。その分、本編が薄っぺらいような気がしてならない」と不満の声も目立つ。

「これまでディーンが主演を務めた連続ドラマの全話平均視聴率を振り返ると、2019年10月期のフジテレビ系“月9”ドラマ『シャーロック アントールドストーリーズ』こそ9.9%と1ケタ後半でしたが、17年10月期の『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系、武井咲とダブル主演)が6.1%、18年4月期の『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』(フジテレビ系)が6.2%と共に苦戦。15年度下半期放送のNHK連続テレビ小説『あさが来た』の五代友厚で大ブレークしたディーンですが、一部ファンからは『おディーン様は脇役でこそ輝く気がする』という意見も見られます」(同)

 今年6月から動画配信サービス・Huluにて“Season 2”を展開することがすでに発表されている『パンドラの果実』。これ以上、視聴者離れが続けば、Huluの視聴数にも影響が出そうだ。