• Sat. May 21st, 2022

フットボールアワーが愛犬のおかげで仲良しに!? 「これから楽屋に犬、入れとく?」

ByAdmin

May 9, 2022

犬や猫のペット投稿情報メディア いぬねこ+より】

 千原ジュニア、小藪千豊、フットボールアワーのYouTubeチャンネル「ざっくりYouTube」が動画を更新。フットボールアワーの後藤輝基と岩尾望が「愛犬と一緒に楽屋で2人きりにしたらどんな話をするのか」を検証しました。

 後藤の愛犬は「ポピー」ちゃんで、まだ9カ月の女の子。岩尾の愛犬は「つくし」くんで、10歳の男の子。どちらもトイプードルです。

【関連記事:犬好き芸人大集合】

愛犬のおかげで会話が弾むフットボールアワー

 今回の動画は、収録終わりの楽屋で10分間、愛犬を連れた状態でフットボールアワーの2人が会話をするというもの。

 冒頭、犬の飼い主としては後輩である後藤が<大変やなでもな。もちろん分かってるけど、飼う前から>と犬と暮らすことの苦労を吐露。YouTube動画などで躾方法を勉強したものの、ポピーちゃんはトイレが覚えられないといい、後藤の家のリビングには犬用トイレが4つあるといいます。それでも違うところでしてしまうそうで、犬の幼稚園といったプロに手を貸してもらうことも考えているよう。なお、つくしくんは、トイレはお外でしかしないそうです。

 また、犬の散歩をしていると知らない人から話かけられるという話題に。2人が芸人だと知らずに話しかけ、少ししてから気が付かれるパターンもあるといいます。すると岩尾が、<(自分は)人を笑顔にする仕事をしてるけど、よっぽどこの子らの方が笑顔にしてる>と本音をポロリ。すかさず後藤は<それは勝れよ>とツッコんでいました。

続きをいぬねこ+で読む