• Thu. May 26th, 2022

『King & Princeる。』平野紫耀の英語力に神宮寺勇太「ふざけんな」! 「Bトイレット」の意味とは?

 King&Princeの冠番組『King & Princeる。』(日本テレビ系)。5月7日放送回では、「日本語禁止!English Cooking」企画が行われ、平野紫耀の英語力が視聴者の間で話題になった。

 本コーナーは、メンバーの1人が料理のレシピを英語で指示し、残りの4人が2チームに分かれて、その英語の指示を元に料理を作っていくというもの。正しいレシピでおいしい料理を作ったチームの勝ちとなる。

 過去の放送では指示役を岸優太が務めていたが、この日は平野が初担当。永瀬廉&神宮寺勇太チームと高橋海人&岸チームで対戦を行った。

 まず、永瀬と神宮寺チームが作ることになったのは焼きビーフン。英語を習ってるという平野だが、出だしから「キャベツ」を「Blue ball vegetable(青い丸い野菜)」と表現。「ニラ」は「Garlic born(にんにく生まれ)」などと言ってしまい、最初からほぼ伝わらない状態になってしまった。

 さらにその後、ビーフンをお湯で戻すというもっとも大切な工程を説明するときに、「ABCD ナンバー2、 B、B、B!」「Bトイレット」と言い出し、神宮寺が「ふざけんな」と思わずつぶやいてしまうほど。

 この謎のワード「Bトイレット」が意味していたのは、なんと「B(ビー)トイレット(糞)」でビーフン。さらに、「お湯を切る」ことを「ウォーターバイバイ」「バイバイウォーター」と表現していたが、神宮寺はしっかりと意味を把握。平野は「こんなにうれしいことあるんだ!」と大はしゃぎだった。

 その後、神宮寺と永瀬はビーフンを使うと理解したものの、ナンプラーを入れることができず。最終的には勘頼りでビーフンを炒め、なんとか焼きビーフンらしきものが完成。試食した平野いわく、「油っぽいけど味はおいしい」とのことだった。

 一方、お雑煮を作ることになった高橋&岸チーム。平野が「いちょう切り」を「フラワーカット」と言い、「Do you know flower?(あなたは花を知っていますか?)」と謎の質問を繰り出すなどしていたが、なぜか高橋と岸にはレシピがスムーズに伝わり、順調に進行。この2人を見ていた平野は、「好きになりそう」とうれしそうだった。

 さらに平野は、小松菜を「Small Japanese tree vegetable」、餅を「Japanese スライム so hard フォーエバー」と表現していたが、小松菜も餅も意味が伝わり、対決はもちろん高橋&岸チームの優勝となっていた。

 岸に負けない英語力が明らかになった、この日の放送。視聴者からは「平野くんの英語もやばすぎる」「名言多すぎ」「Bトイレットが思いつくの天才」といった声が集まっていた。