• Sun. May 29th, 2022

70万円の決済で、カード会社から利用確認の通知が……買い物狂い、ついに“リボ払いデビュー”!(中編)(中編)

――2年で1,300万円以上溶かし、現在借金は●00万円の“買い物狂い”のライターが、苦しくも楽しい「散財」の日々を綴ります。

 愛するジュエリーブランド・kataokaで「なんとかなれー!!」と2つで約70万円のリングの決済をした私ですが(支払いはリボ払い)、カード会社から「本当にお前は本人か!? こっちで調べるから待ってろ!!」と、利用確認の通知が来ました。

 その瞬間、スーっと我に返りました。ああ、千葉N子よ。あんた、本当にいいの? 手数料30万円を支払っても、本当にこのリングたちが欲しいの? 買ったら、間違いなく“リボ沼”よ? それでもいいの……? 考えれば考えるほどに、吐き気が込み上げてきます。

 月1万円ずつ支払うちゅーたって、ほかの支払いもあるから、月25万円はコンスタントに稼いでいく必要がある。本当に大丈夫なのか、N子よ。2028年まで払っていけるのか……ううっ、胃が痛いっ……!!!!

 私は震え声でステディに助けを求めました。「kataokaさんのリングを買おうと思うんだけど、どう思う?」

 すると、ステディはやんわりとこう言いました。

ステディ「いらないよ、N子ちゃん。キミは素敵なリングをいくつも持ってるじゃないか。それで十分だよ」

 ああ、そうなんだけど、そうなんだけどお!!!!

「リングをね、2つ買いたいんだけども……やりすぎかしら?」

ステディ「リングを2つ!? それっていくらするの!?」

「70万円くらい……」

ステディ「バカな……」

 そう、そうなのよ。自分でもバカだなって思う。思うんだけど、この衝動を抑えることは私にはできないのよ……っ!!

ステディ「本当によく考えたほうがいいよ」

 ステディにそう言われ、私はだんだん不安になってきました。いえ、不安は最初からあったのよ。それを「リボ払いならなんとかなる」と目を逸らしていただけ。私はごくりと息をのむと、kataokaさんに電話をかけ、2つのリングの注文をキャンセル。スタッフさんはそれはそれは丁寧に、「わかりました」と快く承諾してくれました。

 はぁ、肩の荷は降りたんだけど、この消失感はなんだろう……。なにか大事なものを失った気分。狙っていた約30万円のシーカルセドニーのリングは、私が一時手にしてしまったため、システム上、公式サイト上で見られなくなりました。

 ああ、いつか他の人の手にわたってしまったら、今後もずっと見られなくなってしまうのね。2年前、インスタで見かけて恋焦がれたあのリング……あの子だけでも救い出したい……。私の手元に置いておきたいっ……!!!!

 2日間悩んだ末、私はkataokaに電話をかけました。

「あのう、この間からお世話になりっぱなしの千葉なんですが……」

 そう切り出し、おずおずと、「キャンセルの件はどうなりましたか?」と店員さんに聞く私。すると、当然のごとく私の心情などつゆ知らずの店員さんは、キャンセルが滞りなくできているかの確認だと思ったようで、説明を始めました。

 私が「あのう……そのキャンセルをキャンセルすることってできますか……?」と尋ねたところ、店員さんは戸惑いながら、「キャンセルをキャンセル……購入されるということでしょうか?」と聞き返してきます。

 うわあああああああん、迷惑な客でごめんなさーい!!!! そんなわけで、キャンセルをキャンセルし、無事、2年越しの恋は実ることとなりました。こうしてリボ払いデビューを果たした私。あとは……返済あるのみっ!!!!

■今回の出費
・kataoka「シーカルセドニーのリング」 29万8,000円