• Thu. May 19th, 2022

“消えたタレント”清水圭、事実上の芸能界引退……吉本社長に「恫喝された」告発のその後

 お笑いタレントや俳優として活動してきた清水圭が、4月28日に自身のブログ閉鎖を宣言すると同時に「地味に静かに、人生を過ごして行こうと決めました」(原文ママ、以下同)と表明。一部ネットユーザーや業界関係者の間で「事実上の芸能界引退」とささやかれている。

「清水はすでに当該のブログ記事を削除してしまいましたが、そこには『今回をもってこのブログを終了しようと思います』『理由は特になく 強いて言えば、モチベーションがなくなったという 誠に個人的で勝手な理由です』とつづっていたほか、『ゴルフ誌 EVEN の連載はいましばらく続くし 今やってるビジネスもあと何年かは継続するけど ここからは本名の「しみずけいた」くんとして フツーのおっさんから、やがてフツーのおじいさんになるべく 地味に静かに、人生を過ごして行こうと決めました』と、芸能界引退を示唆していたんです」(芸能ライター)

 同ブログは、ゴールデンウイークが明けた頃に、一部ネット上で話題になっていたものの、ニュース化されることはなかった。そのため、清水の引退説は、世間ではまだほとんど知られていない状況だ。

「長年、吉本興業に所属してきた清水は、もともとお笑いコンビ『清水圭・和泉修(圭・修)』を組んでいましたが、次第にピンでタレント活動をするように。1990年代には『笑っていいとも!』(フジテレビ系)の曜日レギュラーや、『マジカル頭脳パワー!!』(日本テレビ系)の準レギュラーを務めるなど、大忙しだったものの、2000年代に入ってからは徐々に露出が減り、近年は目立った活動がなくなっていました。ネット上では“消えたタレント”扱いされることも珍しくなかったほどです。とはいえ、一定の年齢層の視聴者にとっては、それなりに知名度のあるタレントだっただけに、こんなにひっそりと芸能界からフェードアウトすることになるとは……」(同)

 そんな清水が近頃、芸能ニュースとして扱われた出来事といえば、2019年7月、吉本に対して“宣戦布告”するかのようなブログを公開したことだった。

「当時、吉本に所属していた元雨上がり決死隊の宮迫博之が、ロンドンブーツ1号2号・田村亮とともに開いた“闇営業騒動”の謝罪会見で、岡本昭彦社長による“パワハラ”を告発して、大騒ぎになっていました。その後、岡本社長ら吉本サイドが会見を行うと、清水は同日に『今日の会見を見て』というタイトルのブログを公開し、『核心を突く質問に真摯に答えることはなくのらりくらりと逃げ回ってはぐらかすことに終始していた印象』などと批判。また、自身も過去に岡本社長から『恫喝』されたと明かし、“社長を辞職すべきなのでは”と問題提起していたんです」(スポーツ紙記者)

 当時、同ブログは一部業界関係者と、一部ネットユーザーの間では物議を醸したものの、「世間的にはそこまで大きな話題にならなかった」(同)という。

「清水よりも先に、極楽とんぼ・加藤浩次がMCを務める情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)内で、岡本社長ら吉本経営陣の姿勢を糾弾。『現体制が変わらないのであれば、僕は吉本興業を辞める』とまで発言し、ネット上では“加藤の乱”として大きな注目を浴びていたんです。そのため、清水に対しては『加藤の乱に便乗?』と捉えるネットユーザーが少なくありませんでした」(同)

 また、加藤は19年10月、吉本の所属を離れて同社とエージェント契約を結び、昨春には完全に独立。しかし、吉本の体制に反旗を翻した吉本芸人が、相次いで退社するといった動きは起こらなかったため、「その後の言動や進退を含めて、清水の存在は忘れ去られていた」(同)という。

「清水は岡本社長を糾弾した後も、吉本を通してイベント司会など細々と芸能の仕事を続けていましたが、先月、事務所の公式サイトからプロフィールが削除された。吉本との契約が終了し、ブログも更新停止とあって、やはり事実上の芸能界引退ということになるのでしょう」(同)

 岡本社長から恫喝されたという過去を明かしてから約3年。その間、本人にどのような心境の変化があったのかはわからないが、今はひとまず、第二の人生を謳歌してほしいものだ。