• Sun. May 22nd, 2022

紺野あさ美、加護亜依らが苦戦する中、辻希美が“一人勝ち”!? 元モーニング娘。たちのYouTube最新事情

 元モーニング娘。のメンバーで、テレビ東京のアナウンサーも務めていた紺野あさ美が、5月12日にYouTubeチャンネル「こんこんちゃんねる / 紺野あさ美」を開設。ファンからは歓喜の声が上がっているものの、世間的にはほとんど話題になっておらず、寂しい滑り出しを切っている。

 紺野は2017年の元日に、北海道日本ハムファイターズ・杉浦稔大投手と結婚。同年9月に第1子女児、19年に第2子男児、そして21年に第3子男児を出産している。3児の母として、これまでもブログなどで子育てにまつわる情報を発信してきたが、今回、新たにYouTubeチャンネルを開設した。

「初回の動画では、モー娘。に在籍していた当時のことや、グループ卒業後に慶應義塾大学に進学したこと、テレビ東京のアナウンサーを務めたことなど、自己紹介としてこれまでの経歴を説明。さらに、YouTubeを始めた理由として、夫が遠征などで家を不在にすることが多く、子どもたちと過ごす時間がほとんどであるため、『大人との会話に飢えていまして』などと明かしていました」(芸能ライター)

 動画には子どもたちが“乱入”する場面も多々あったが、紺野はそれに優しく対応。プライベート感たっぷりの動画で、ファンからは「YouTubeでもこんこんが見られて、本当にうれしい!」「まさかYouTube始めてくれるとは! 更新楽しみにしてますね」「私も娘がいるママなので、いろいろ参考にさせてください!」などと、喜びのコメントが寄せられている。

「しかし、チャンネル登録者数は約1,300人、初投稿の動画は4,700回再生(12日午後4時時点、以下同)と、非常に寂しい数字。そもそも、ネット上でほとんど話題になっておらず、紺野がYouTubeチャンネルを開設したこと自体、世間的にはあまり知られていないようです」(同)

 YouTubeチャンネルの苦戦が取り沙汰される元モー娘。メンバーは、紺野のほかにもいる。

「紺野と同期の新垣里沙は、20年8月に動画投稿をスタートさせていますが、登録者数2.45万人、再生回数は1,000〜3,000回をウロウロしている状況。また、同年12月には加護亜衣もYouTubeを開始し、“歌ってみた動画”をメインに投稿しています。登録者数は11.4万人と新垣よりも多く、再生回数も勝っているとはいえ、1万回再生に届かない動画も少なくないです」(同)

 そんな中、YouTubeで大成功している元モー娘。といえば、ママタレとして人気の辻希美だ。

「辻は加護や新垣よりひと足早く、19年に投稿をスタート。現在は、登録者数108万人を誇る人気チャンネルに成長しています。動画の内容はというと、夕食作りの様子や、スーパーなどで買ったものの紹介、4人の子どもとの過ごし方など、子育てや家事ネタが中心なので、モー娘。時代のファンのみならず、幅広い層から人気を集めています。元モー娘。のYouTubeチャンネルの中では、“一人勝ち”といえるでしょう」(同)

 紺野は初投稿の動画にて、今後は「ワンオペ3児ママ」として、「役立つ情報」「普通の日々」を発信すると話していた。辻のYouTubeチャンネルと内容が被りそうな気配もあるが、新しい視聴者層を獲得できるだろうか?