• Sun. May 22nd, 2022

Sexy Zone・菊池風磨、「ジャにのちゃんねる」の『24時間テレビ』MCに不安? 「4人でほんとにいいのって……」

 Sexy Zoneメンバーが交代でパーソナリティを務めるラジオ『Sexy ZoneのQrzone』(文化放送)の5月9~12日の放送回に菊池風磨が登場。10日は、メインパーソナリティに就任した8月27〜28日放送の『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』(日本テレビ系)について、意気込みを語った。

 嵐の二宮和也が発起人となり、昨年4月に開設されたYouTubeチャンネル「ジャにのちゃんねる」。二宮がグループの垣根を越えて「自分と仲が良い」という理由から選出したKAT-TUN・中丸雄一、Hey!Say!JUMP・山田涼介、菊池の4人で動画コンテンツを制作していた中、4月23日放送の『1億3000万人のSHOWチャンネル』(同)で、その4人が今年の『24時間テレビ』でメインパーソナリティを務めることが発表された。

 これを受け、5月10日放送の同ラジオで菊池は「『24時間テレビ』決まりまして。何が驚きかって『ジャにのちゃんねる』で決まったんですよ!? 『アリなんだ?』っていうね」と興奮気味にコメント。もともと「YouTubeだけでテレビは出ません」と宣言していたわけではないものの、「YouTubeで始まったものが、『24時間テレビ』まで行くってねぇ。俺、考えたこともなかった!」と語り、「4人ともまったく考えてなかった。こんなことあるんだって」と、ほかのメンバーも一様に驚いていたと明かした。

 同チャンネルは開設当初、「4月25日19時オープンのチャンネル」というアカウント名で、二宮が開設者であることや「ジャニーズ」の名前は伏せられていたため、一時は登録者数が増えず試行錯誤したことも。しかし、徐々にその全容が徐々に明かされていくと、開設からわずか21日間でチャンネル登録者数200万人を達成。

 菊池は「現在で324万人。とんでもないですよ、そりゃ。僕らも正直ここまでいくとほんとに思ってなかった」と本音を漏らしながら、「それに留まらず『24時間テレビ』ですよ? エグくない? “YouTubeドリーム”。こんなことがあっていいんだ」と、喜びを爆発させていた。

 なお、5月13日現在のチャンネル登録者数は327万人。嵐の325万人を抜き、ジャニーズのYouTubeチャンネルの中では登録者数トップを誇る人気チャンネルに成長している。

 そんな「ジャにのちゃんねる」では、【ジャにの24】として企画決めや取材の裏側など『24時間テレビ』と連動した動画がアップされているが、菊池はそれが「楽しくて仕方がないんですよ。ほんとにずっと楽しいの。ほんとにいいのかな? っていうか」と、心から楽しめている様子。

 現在の仕事は好きでやっているため毎日充実しているというが、「やっぱり大変なことや気を使うことってあって。もちろん『ジャにの』のメンバーといるときも、一番後輩なんで気はもちろん使っている」と前置きしながら、「ジャにのちゃんねる」としての活動は「こんな120%楽しいでいいの?」と楽しいことしかない現場だとか。

 また、メンバーについては、「グループとはまた違うグループって感じ」「(Sexy Zoneと)どっちが良い、悪いじゃなくて、ほんとに新鮮な感じなんだよな。『しんどいな』みたいなのがない」と表現。そのため、「だから怖いんですよ。この感じで『24時間テレビ』やらせてもらっていいのか? っていう。4人でほんと話すんです。『ほんといいのか?』って」と不安ものぞかせながら、「そこの楽しさをみんなに広げていけたらな。『24時間テレビ』というものが、“こういう見方もできるんだ”っていう新たな側面を、僕らがお見せできればと思っています」「ちょっとワクワクするよね」と、番組への思いを語った。

 そして、ジャニーズの歴史からみても「ジャにのちゃんねる」の開設は「意外性があった」と振り返り、「今まで、いわゆるYouTuberさんたちが作ってきたYouTubeの歴史というかね。そのちょうどいいところをいただいているなっていう。ありがたいですね」と、事務所や各メンバーの所属グループなど関係各所に感謝。

 「そういう意味で言うと、『24時間テレビ』にほんとは向いていたのかもしれない(笑)。そんなふうに自分を納得させております」と笑っていた。

 この日の放送に、リスナーからは「1年前は『ジャにのちゃんねる』がこんなにもすごいことになるとは想像もつかなかったよね」「風磨くんの居場所がいろんなところにあることがうれしい」などの声が集まっていた。