• Thu. May 26th, 2022

Snow Man・佐久間大介&ラウールが全裸で大ゲンカ!? 『滝沢歌舞伎』舞台裏を渡辺翔太が暴露!「目黒は普通にシカト」

 Snow Manメンバーがパーソナリティを務めるラジオ『不二家 presents Snow Manの素のまんま』(文化放送)。5月12日の放送回には渡辺翔太と岩本照が登場し、佐久間大介とラウールの“ガチゲンカ”を暴露した。

 オープニングでは渡辺が、8~9月に上演されるミュージカル『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』で主演を務める岩本に、「どうよ?」と話を振る場面が。

 7月公開の主演映画『モエカレはオレンジ色』では消防士役を演じている岩本だが、ミュージカルのビジュアルポスターではパイロットに扮しているため、友人からは「消防士もやってパイロットもやって、小学生がなりたいランキングやってるんか、お前は!」と言われたとか。同作は、1980年に出版されたフランク・W・アバグネイル・Jr著の自伝小説『世界をだました男』を元にした、レオナルド・ディカプリオ主演映画(2002年)のミュージカル版だけに、岩本は「どんな感じになるのか、自分でも楽しみ」と期待に胸を膨らませているようだ。

 その後、メンバーが近況を報告したり、リスナーからのメールを紹介する「素のトーク」のコーナーでは、岩本が「今年に入り、翔太くんはことあるごとに『俺、かわいい』発言をしています」「なぜ30歳を目の前にして急にかわいくなったのでしょうか。どういった心境の変化なのか気になります」「メンバーのみなさんが最近『かわいい』と思った翔太くんのかわいい行動はありますか?」というお便りを読み上げた。

 これに渡辺は「なんかいじられてる気がする」とつぶやいていたが、岩本は「俺、かわいいと思ったところ、結構あるよ」と発言。新橋演舞場で現在上演中の『滝沢歌舞伎ZERO 2022』に出演しているSnow Manだが、岩本はまず、「朝(会場に)入ったときに、俺とふっか(深澤辰哉)の楽屋に翔太が来て『今日もチンジャオロース食べる?』とか(昼食の)メニューを聞きにきてくれるところ」と、かわいい部分を挙げてみせた。

 さらに、「最近トレーニングしてるから体つきも変わってきてる」渡辺が、「廊下ですれ違ったときに、一回肩周りを回してポージングする。そういうところがかわいいなって思ってる」のだという。

 一方、“心境の変化”について聞かれた渡辺は、「“若作り”っていったら大げさだけど、30を目前にして大人な部分が見えてきて、認めたくないわけよ。30歳の自分を」「だから、やっぱり自分で『かわいい、かわいい』って言って気を紛らわせてるんだと思う」と説明。「だから、29のうちはかわいくいようと思ってる。30歳になったら『かわいい』が通用しなくなってしまうかもしれないから、もしかしたら……」と、20代最後の“あがき”だと明かした。

 なお、5月5日にはグループ最年長の深澤辰哉が一足早く30歳を迎えており、7月5日には佐久間大介も30歳に。渡辺も11月5日で30歳になるが、渡辺は「怖いよね」と自分が歳を重ねることに恐怖を感じている模様。ただ、岩本から「あんまり変わらないんじゃないかな?」と言われると、「確かに、30になっていくメンバーは、中身が幼稚な、子どもの心を忘れてない子が多いからね」と笑い、「もう年齢言うのやめよ」とコメント。「年齢って、ただの数字にしかすぎないって言うじゃないですか?」「30代に突入したとしても、かわいらしい翔太でいてほしいなって、俺もリスナーも思ってますよ」という岩本に、「ありがとうございます、ほんとに」と感謝していた。

 その後は、リスナーから届いたメールがきっかけで、『滝沢歌舞伎』やライブの舞台裏でメンバー同士一緒にお風呂に入ることが多いという話に。ここで渡辺は、「この間さ、『滝沢歌舞伎』の楽屋で俺がお風呂に入ろうと思ったら、すっごいおっきい声で口論みたいになってて。佐久間とラウールがボディーソープの件でめっちゃケンカしてて、お風呂の中で……」と暴露。

 どうやらラウールが佐久間のボディーソープを5プッシュして使っていたらしく、それを佐久間が「2プッシュしかするな! 体がデカくても5プッシュはいらない。2プッシュで泡立つから、5プッシュもするな、すぐなくなるんだから!」と怒っていたのだという。「そういうケンカを男2人で全裸でさ(笑)、一番デカいのとちっちゃいのが、ちっちゃいお風呂の中で大ゲンカしてさ」「その横で目黒(蓮)は普通にシカトして髪洗ってるみたいな」と、その時の状況を明かした。

 岩本いわく「佐久間と目黒、“風呂友”だもんね」「『歌舞伎』のとき、よくお風呂のタイミング合うとか言うし」とのこと。なお渡辺は、佐久間とラウールがケンカした次の日、「お前、次の日ボディソープ買ってこい」(佐久間)「わかった」(ラウール)というやりとりを繰り広げていた場面も目撃したそうだが、結局ラウールはボディソープを買ってこず、再びケンカしていたとか。

 岩本も、本番5分前くらいに佐久間とラウールがボディソープのことで言い争っている姿を見ていたらしく、渡辺の話を聞いて「そういうことなのね」と腑に落ちた様子。

 ちなみに岩本は、舞台で出演しているジャニーズJr.内ユニット・IMPACTorsの楽屋のほうにあるお風呂を使っているそう。そのため渡辺は、岩本はもちろん、宮舘涼太や阿部亮平も見かけないことが多いとか。「それぞれ時間と場所がかぶらないと(会わない)」(岩本)とも語り、渡辺は「とりあえず、ケンカせずに仲良くお風呂に入っていただきたい」と、話をまとめていたのだった。

 この日の放送に、ネット上では「30歳になる自分を認めたくない翔太くんがもうかわいいです」「ラウさく、かわいすぎない? 5プッシュって単語もおもろさを引き立ててる。もうすぐ30歳と18歳のケンカ(笑)」「平和でほっこりした」「さくラウがケンカしてる横でめめがマイペースに体洗い続けてる話、めちゃめちゃおもろすぎ」などの反響が集まっていた。