• Tue. Jul 5th, 2022

セリア・ワッツの名品「穴あきバスケット」110円は即買い! 収納のプロが教える10の使用例

整理収納アドバイザーの伊藤まきが、片付けに訪問した現場で「よくやる作業」「よく伝えるおすすめ収納法」を【プロの技】シリーズとして紹介していきます!

セリアとワッツで買える「穴あきバスケット」

 プロの技シリーズ14回目は、セリアとワッツで買える「穴あきバスケット」。実際の商品名は、洗濯用の「ピンチバスケット」「ピンチバスケット ワイド」と、お風呂のボトル収納に適した「ハンキングバスラック」になります。洗濯コーナーや、バス用品コーナーに置かれているアイテムで、ボックスに「穴」があるため、水周りに強い収納ができます。

 しかも「吊るす」収納ができるので、狭さに悩む家でも自由にスッキリと使用可能。今回は、これらのリアルな使用例を10パターン紹介します。

 その前に、これら3種類の「穴あきバスケット」の特徴を紹介。共通するポイントが6つあります。

【1】老舗の「イノマタ化学株式会社」の製造品
【2】バスケットに「穴」があいている
【3】しっかりした「耐荷重」がある
【4】引っ掛けて「浮かす収納」ができる
【5】内側に「埃が溜まらない」ので衛生的
【6】湿気がひどい場所にも「通気性」が良い

 中でも一番の特徴は【2】。バスケットの底面に穴があいているため「水切れが抜群」です。穴の数が多いほど、水切れが良く清潔! 洗濯ピンチやバス小物だけじゃない便利な使い方ができます。

 それでは、筆者宅での使用例など、10パターン紹介します。

セリア・穴あきバスケット【使用例.1】お風呂場のボトル収納に

 「ハンギング バスラック」。こちらは、セリアとワッツのバス小物エリア(ライター調べ)で買えます。

 フックが2つある、シャンプーボトル専用のラック。横ブレせず、安定します。ただし、引っ掛けるためのバー(直径25mmまで)が必要です。

 こちらのピンチバスケット2種は、バス洗濯用品エリア(ライター調べ)にあります。フックを引っ掛ける場所をとらないので、1本のバーに何個も吊るせます。軽めの小物ならピンチバスケットのほうが便利です。

セリア・穴あきバスケット【使用例.2】ランドリー小物の「浮かし収納」に

 洗濯ネットや固形石鹸など「ランドリー小物」を衛生的に「浮かす収納」ができます。突っ張りラックはもちろん、蛇口まで「引っ掛けるところ」があれば大丈夫!

セリア・穴あきバスケット【使用例.3】バスルーム小物の収納に

 ピンチバスケットに重さのあるボトルを入れると不安定になりますが、バスケットごと取り出す場合には便利! ボトルより軽量の子どものおもちゃ、靴洗いセット、入浴剤、洗顔用品など「軽めの小物」を吊るすのにおすすめです。

 お風呂にバーの設置がない場合は、窓枠突っ張り棒や鴨居フックを付ければOK。しっかり、乾燥できるのでヌメヌメ汚れ問題もスッキリします。

 トイレに収納がなくても、便器があればOK! セリアの「何度でも貼ってはがせる フィルムリングフック」に引っ掛けて、お掃除グッズを用意できます。また、ピンフックや突っ張り棒でも簡単に吊るせます。トイレは「埃が溜まりやすい」ので、穴のあいたバスケットなら衛生的。

セリア・穴あきバスケット【使用例.5】玄関まわりの「小物入れ」の定位置に

 玄関まわりで「毎日使う小物」も、「ここにあったら便利」という場所へ置くことができます。例えば、マスクやハンカチの用意などサッと取り出したい小物ってありますよね。

 また、日本には四季があるので「季節の小物」も衣替えのように用意するとゴチャつきません。夏は、虫除けや日焼け止め。冬は、手袋やホッカイロなど用意しておくと◎です。

セリア・穴あきバスケット【使用例.6】掃除グッズを「通り道」にスタンバイ

 写真上は、筆者宅の「階段の踊り場」です。階段を昇りながら、掃除シートで埃取りをする用意をしています。壁側に「吊るす収納」なので、場所を奪わず邪魔になりません。このような「ついで掃除グッズ」を用意しておくと、掃除道具を出す手間・取りに行く面倒が省けます。

セリア・穴あきバスケット【使用例.7】毎日使う「グループ道具入れ」に

 写真上のバスケットには「ペット用歯磨きセット」が入っています。使用後は水切りバスケットとして窓辺に吊るすだけ。水に濡れる道具の、乾かす手間が省けます。毎日使う道具は、取っ手付きの「洗えるバスケット」に収納するといった感覚です。

セリア・穴あきバスケット【使用例.8】カトラリー専用水切りに

 毎日の家事で、面倒な作業は何ですか? 筆者は、「カトラリーの拭き作業」が苦手です。食器乾燥機を使えば簡単ですが、少量ではやりにくいですよね。シンク上に吊るした「ピンチバスケット」なら、カトラリーを入れるだけで簡単です。一晩吊るせば乾きも良く、引き出しへ戻す作業も楽ちんです。

 扉を開けて、引き出しを開けて靴下を収納する。こんな些細な動作も、毎日の作業となると面倒になるものです。特に時間がない日に扉を開け閉めすると、嘘みたいに散らかります。でも、クローゼットに「ピンチバスケット」を吊るせば、ワンアクションで出し入れできます。

2段に連結すれば「収納力2倍」

 2つ連結して使用も可能。湿気がひどいクローゼットなら「除湿剤」を入れる使い方もOK。通気性が良いので、湿気がこもらず清潔に使えます。

セリア・穴あきバスケット【使用例.10】汚れない、万能の「吊るせる収納」に

 その家に必要な場所で、自由に使えるのが「ピンチバスケット」の魅力です。一般的な収納ボックスより、取っ手付き・穴付きという点が圧倒的に便利!

 小さなゴミ箱や、郵便物の整理前ボックス、子どもの学校グッズなど「使い方」もたくさん。 中身がよく見えるので「忘れやすい人」こそ使って欲しい名品です。

【まとめ】何でもどこでも「小物収納」が便利!

 穴あきバスケットはS字フックのように「どこでも吊るす」ことが可能です。家の建具、ドアフックや取っ手にもOK。窓の枠があれば、鴨居フックをかけて。賃貸の壁なら、石膏ボード用ピンフックに。家中の凹凸がある場所なら、どこでも掛けて吊るせます。浮かす収納ができるので、埃が溜まる面倒もありません。バスケットの内側も、いつも衛生的です。