• Tue. Jul 5th, 2022

嵐・相葉雅紀、『相葉マナブ』の収録は「荷が重い」!? “釜‐1グランプリ”への葛藤明かす

 嵐・相葉雅紀がパーソナリティを務めるラジオ番組『嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス』(文化放送)。5月13日深夜の放送回では、レギュラー番組『相葉マナブ』(テレビ朝日系)をめぐる葛藤や、後輩である関西ジャニーズJr.のAぇ! group・正門良規から来たLINEの内容について語る場面があった。

 番組冒頭、相葉は「あのさ、言うよ? この間の『相葉マナブ』の“釜‐1(グランプリ)の”収録のときに2人いたよね?」と、ラジオスタッフの“ちかさん”と“ねっち”に問いかけた。「あれなんなの? どういう経緯? びっくりしたよ、『あれ? 今日ラジオだっけな?』と思って」と、どうやら2人が平然と『相葉マナブ』の収録現場にいたことにかなり驚いたようだ。

 これに、ちかさんは、同ラジオの4月15、22日放送回にゲスト出演していた『相葉マナブ』のプロデューサー・高橋伸之氏から、「今度、収録見に来てください」と誘われたため、早速都内のスタジオに見学しに行ったと説明。

 なお相葉いわく、視聴者から寄せられたおいしい釜飯のレシピを実際に作り、どれが一番おいしかったかをジャッジする恒例企画“釜-1グランプリ”の収録を都内で行うのは「ほんとに珍しい」のだとか。収録のウラでは、番組内で調理をしている相葉と同様にスタッフが釜飯を作り、番組レギュラーであるバイきんぐ・小峠英二とハライチ・澤部佑に持って行く流れになっているそう。

 残った釜飯は、「スタッフがおにぎりにしてみんなで食べている」といい、ちかさんとねっちも見学時はおいしくいただいたそう。さらに、「これが暫定チャンピオン」と自分たちなりにランキングをつけたと振り返った。

 これに相葉は、「釜-1(の勝敗)って、その日のコンディションにもよるじゃん。どっちがおいしく感じるかって。味が濃いものばっか食ってたら、(収録)当日はさっぱりめがおいしく感じるとかさ」「やっぱ自分の心の中で『これ公平じゃないな』と思ってるわけ」と、実は釜飯に勝敗をつけることに葛藤があると告白。

 そのため、相葉は「そいういうのをできるだけ排除して。前日は俺、結構抜いてるよ、味濃いもの」と収録のために前日の食事に気を使っているとも明かし、視聴者が何回も試作して送ってくれたレシピを“その日の気分”で勝敗をつけないよう、「公平なジャッジ」を心がけていると熱弁。実は「僕ら3人には荷が重いわけよ」と明かしていた。

 その後、リスナーから正門が大阪松竹座で行ったソロコンサートで、相葉のソロ曲「Disco Star」をカバーしていたことについて、「後輩グループのAmBitiousのメンバーもアフロにカラフルなサングラスをかけて派手な衣装での登場で、本家のディスコスター様に負けていない感じでした」と報告メールが届くと、相葉は「見たよ、それ」とコメント。

 なお相葉は、4月29日放送回で正門に「『Disco Star』どうだった?」とLINEも送るも、収録中には返信がなかったが、その後、連絡があったそう。正門からは、「連絡ありがとうございます。知ってくださってたんですね、めっちゃうれしいです。思い切りイキってやらせていただきました」とのメッセージが返ってきたといい、同時に「こういう感じです!」「見てください」とライブ映像も送られてきたとか。

 相葉は「俺がやってた時より衣装が豪華だったよ。『衣装が俺よりかっこいいなぁ!』って送った」と語り、「ありがとうございます。本家のディスコスター様にはまだ程遠いです」(正門)「楽しそうだよ」(相葉)などとやりとりしたと明かした。

 そして、「本家のディスコスター様に会えるのを楽しみにしています」というリスナーに対し、「そうね。ディスコスター様ね、今何してるんだろうな? 登場させたいなぁ」と、しみじみ楽曲の再披露について意欲を語った。

 この日の放送に、リスナーからは「釜-1で公平なジャッジするために前日は味濃いものを控えてる相葉くん、なんて優しいの? 視聴者を大切に想ってくれてるの伝わる」「正門くんと相葉くんのやりとりにほっこり」「わたしもディスコスター様に会いたい」などの声が集まっていた。