• Mon. Jul 4th, 2022

Aぇ! group・草間リチャード敬太は「イヤらしくてちょっとエグい」!? 女優の“本音”にメンバー爆笑のワケ

 関西ジャニーズJr.のメンバーが出演し、毎回さまざまなテーマでトークを展開するバラエティー番組『まいど!ジャーニィ~』(BSフジ)。5月15日放送回は、先週に引き続き元宝塚歌劇団宙組トップスターで女優の大和悠河をゲストに迎え、同番組では恒例となっている「男らしさ」企画が行われた。

 3週にわたって放送してきたこのコーナー。『まいジャニ』メンバーが自ら考えた“男らしさ”を寸劇で表現し、1ランク上の男前になるためにゲストが本気でアドバイスを行うという内容で、番組恒例企画となっている。

 この日はまず、Aぇ! group・草間リチャード敬太がLil かんさい・嶋崎斗亜扮する“トア子”を相手に「終業後の帰宅間際」というシチュエーションで寸劇を披露。リチャードは帰国子女設定のトア子にさり気なくボディータッチをしながら、去り際に「ちょっと英語出ちゃう感じ、かわいいな」とキメ台詞で終了。

 横から見守っていた大和はリチャ―ドについて、「めちゃくちゃ目力が効くんだよね~これは女の子コロっといくなって感じがある!」「目が強いんだけど、肩に手かけたり、最後頭ポンポンって、するとこがすごい優しいの。優しさがにじみ出てる感じ。包容力があって良かった」と評価した。

 しかし続けて、「気をつけたほうがいいのが、ものすごい目が効くので、何かやろうとしすぎるとイヤらしくなる」とも注意しつつ、「ちょっとエグい」と思わず本音を漏らす大和に、『まいジャニ』メンバーは爆笑。「イヤらしくてエグいんや……」とあらためて復唱するAぇ! group・福本大晴に、リチャードは、「変なとこだけ取んなや!」と返していた。

 続いて、Aぇ! group・小島健は、日ごろから“溺愛”している嶋崎を相手役に選抜。すると、Boys be・角紳太郎扮する“シン子”が「ちょっと待って!」と割り込み、小島を逆指名。まさかの展開に大和も『まいジャニ』メンバーも驚く中、シン子は「コジは私が好きなんでしょ?」とグイグイ小島に詰め寄り、結局、シン子の圧に負けた小島。

 エチュードは「甲子園ラストの1球投げた、野球部ピッチャーとマネジャー」という設定で、小島はカメラのカット割りにも指示を出すこだわりぶり。独特の世界観の中でシン子に「こんな僕だけど君だけは絶対に幸せにする」と告白すると、大和は「面白い映画を見てるみたいだった」とコメントし、“男らしさ”という観点ではイマイチの演技だったよう。小島は、「トア子やったらいけたんですけど」と悔しがっていた。

 最後は、4年ぶりに寸劇に挑戦するAぇ! group・末澤誠也が登場。末澤は「付き合って間もない照れ屋な彼女と海辺デート」という設定で、またしても逆指名となった、AmBitious ・真弓孟之扮する“タケ子”相手に男らしさを披露。

 砂浜に座りながら、寒がるタケ子をバックハグするという展開に持ち込んだ末澤に、大和は「そうくるんだ」と思わず感嘆の声が漏れる場面も。その後、末澤は「(おでこに)砂ついてるわ」と、さりげなくタケ子のおでこに触りながらキスをして終了となった。

 なお、タケ子を演じた真弓は末澤からのキスに動揺を隠せない様子で、「ホンマにチューするんっすね!」と大照れ。嶋崎から「(末澤を)好きになっちゃったんちゃう?」と聞かれると、「大好きっす、もう」と返答し、すっかりメロメロに。一方の大和は、「海の風感じたね~!」「最後のキスもすごいよかった」と大絶賛していた。

 こうして全14人の挑戦が終了し、“一番男らしいメンバー”を大和から発表されることに。末澤が最後に好評価を残し、強く印象づけた中で選ばれたのは、意外にも、Lil かんさい・岡崎彪太郎。

 5月1日放送回で角扮する“シン子”をお姫様抱っこした岡崎について、大和は「ひょっと、いとも簡単にやったところがすごく男らしいなと思いました」とコメント。ご褒美として、大和が購入したものの着る機会がなかったというメンズもののチェックシャツを贈呈された岡崎は「リハーサルとかでどんどん着て……」と発言し、『まいジャニ』メンバーたちから「リハ着にすんなよ!」「私服で着て!」と猛ツッコミを受けていた。

 この日の放送を受け、ネット上では久々に男らしさの寸劇を披露した末澤に対して多くの反響が寄せられ、「4年ぶりの男らしさで本気出してきた末澤誠也様」「もう、マジで、今日の男らしさ、誠也くんおでこにチューでリアルに悲鳴出た」「今日の末澤誠也には『場数踏んでんな!』の言葉しか出てこない」と、大盛り上がりだった。