• Tue. Jul 5th, 2022

Hey!Say!JUMP・山田涼介、「膝枕してくれませんか?」と3時のヒロイン・福田麻貴を攻める! 「殺された」「エグかった」ファン騒然

 Hey!Say!JUMPの冠番組『いただきハイジャンプ』(フジテレビ系)。5月14日の放送では、ゲストにお笑いトリオ・3時のヒロインから、福田麻貴とかなでが登場した。

 今回は、ゲストをテーマにしたオリジナルバトルで対決する番組恒例企画「gスポーツ」を実施。第1試合は「年下男子ギャップ対決」で、年下好きという福田は“最近刺さった人物”として、ジャニーズWEST・小瀧望を挙げた。「かわいい、かっこいい、おもしろいが全部揃ってて、年下のかわいさの中に、大人っぽさが混ざってる」と称賛する福田に、有岡大貴は「確かにね」と納得していた。

 また、福田はJUMPの中で気になるメンバーとして、知念侑李を指名。後輩に勧められて見たJUMPのライブDVDの中で、動物のカチューシャを着けた知念を見て「ええやーん!」と、ツボに入ったのだとか。

 そんな中で行われた「年下男子ギャップ対決」は、知念、中島裕翔、山田涼介、伊野尾慧の4人が“福田と同棲している”という設定で、演技をすることに。4人それぞれ、前半は「できる男」、後半は「甘えん坊男」を演じ、「誰が一番刺さったか」を競い合うルールだ。

 トップバッターを務めた中島は、仕事の電話を終えて、ソファーに座って一息ついた「できる男」の後に、「麻貴たん、僕、仕事頑張ったなー、今日。ん? なでなでして?」と、上目遣いで福田を見つめる「甘えん坊男」の演技を披露。また、知念は仕事の上司である福田と、同棲している家でリモート会議を終えた後に、「麻貴チーフが隣にいるから緊張しちゃったナリ」と甘えた。

 続く山田は、引っ越し作業の直後に「麻貴、疲れたから、膝枕してくれませんか?」と敬語で攻めるパターンを披露。伊野尾まで演技を終えた結果、中島が勝利し、福田は「上目遣いの光景が忘れられないです」と絶賛し、メロメロになっていた。

 第2試合は「キスシーンプレゼン対決」。有岡と中島が“好きなキスシーン”を選出してプレゼンし、かなでの心を盛り上げられたほうの勝利となる。

 有岡が選んだ好きなキスシーンは、2002年公開の映画『スパイダーマン』より、トビー・マグワイア演じる主人公・スパイダーマンと、キルスティン・ダンスト演じるメリー・ジェーン・ワトソンが登場する場面。スパイダーマンが逆さ吊りになって、唇の部分だけマスクを外し、2人がキスをするという“逆さキス”について熱弁した。

 一方、中島が選んだ映画は、07年公開の『マイ・ブルーベリー・ナイツ』。ニューヨークのとあるカフェを舞台に、ジュード・ロウ演じるカフェ店主と、ノラ・ジョーンズ演じるエリザベスが、カウンター越しに“逆さキス”をするというものだ。

 なぜかシチュエーションが被り、メンバーが大盛り上がりしていると、進行役の高木雄也は「みんな、めっちゃキスシーン好きじゃん!」とツッコミ。最終的に、かなでは有岡を選んだのだった。

 この放送にネット上では、「知念ちゃんの甘え方、独特すぎない!?」「山田涼介に殺されました」「膝枕エグかった」「JUMP全員でなかなか強めなキスシーン見てるの、シュールすぎる(笑)」「キスシーンをプレゼンする企画って、アイドルとしてはなかなか珍しいね」などのコメントが寄せられていた。