• Wed. Jul 6th, 2022

嵐・二宮和也、女性芸能人を「日本で唯一の人」と称賛! “かつしか観光大使”を務める人物とは?

 嵐・二宮和也の冠バラエティー『ニノさん』(日本テレビ系)。5月15日放送には、Sexy Zoneの菊池風磨、お笑い芸人の陣内智則、お笑いトリオ・ぼる塾が出演し、ゲストに俳優の戸次重幸が登場した。

 2022年1月期の連続ドラマ『ファイトソング』(TBS系)で菊池と共演していた戸次。「芝居うますぎて鼻につくんですよ」「本当にナチュラルなリアルなお芝居をされる」と称賛された菊池は、満面の笑みを浮かべながら「いや本当にみなさん、聞こえてますか? 戸次さんがおっしゃってくださっています」とカメラ目線でアピール。

 しかし、スタジオはさほど盛り上がらず、「このスタジオで僕はいつもアウェーみたいになる。ホームのはずなのに……」と漏らす菊池に対し、二宮は「アフェーです」と小声でツッコんでいた。

 その後、陣内の進行で有名芸能人の私物から持ち主を推理する番組恒例企画「芸能人私物捜査官」が行われ、二宮たちはMCやラジオDJなどマルチタレントとして活躍する女性芸能人を当てることに。

 この女性芸能人は、19歳のときに歌手として芸能界デビューを果たすと、映画やドラマに出演し、2013年にはベストジーニスト賞を受賞したそう。スタジオに用意された愛用バッグは、「デシグアル」というスペインのブランドのアイテムで、価格は1万円くらいのものなのだとか。財布にはおもちゃの1万円札とビートたけしからもらったポチ袋が入っており、どちらも“ラッキーアイテム”と話していた。

 また、世界中のショットグラスを約300個もコレクションするなど、“コレクション癖”もあるとのこと。さらに、既婚者であり、コリン・ファレルらハリウッドスターの直筆ハンカチを持っていること、東京・葛飾区の“かつしか観光大使”や、デビュー時の活動拠点だった静岡県浜松市の“浜松市やらまいか大使”を務めているなどのヒントが出される。

 陣内が「なぜ葛飾の観光大使をしているのか?」を問うと、その女性芸能人は「祖母が葛飾にいました。『ライブ喫茶ぴいこ』っていうライブハウスをやっていました」と回答。

 次々とその人物に関する情報が明らかになっていく中、友人のお笑いコンビ・スピードワゴンの井戸田潤がVTR出演し、「映画に精通していて仕事につながっている」「体をよく鍛えている」「プロレスをやっていた」などと発言。これを受けて、二宮を含む全員が映画コメンテーターのLiLiCoと解答し、見事正解した。

 その後、スタジオにLiLiCoが登場すると、ぼる塾・あんりが「ちょっと騒がしい人だと(思って)」と解答理由を告白。二宮は「でも、騒がしい人でハリウッド俳優に会える人ってこの人しかいないから。日本で唯一の人だから」とフォローしつつ、称賛していたのだった。

 なお、嵐は観光庁の依頼を受け、10年4月に日本の観光を国内外に発信する「観光立国ナビゲーター」に就任したため、今回の放送を受け、ネット上では「日本の観光大使やってなかったっけ?」という声が上がっていたほか、LiLiCoと同じく葛飾出身の二宮について、「ニノが葛飾の観光大使とかやったらえぐいことになりそう」「いつか観光大使になってほしいな」などのコメントが寄せられていた。