• Tue. Jul 5th, 2022

眞鍋かをり、『鬼滅の刃』イラストが異様にうまい! かつての「ブログ女王」は「お絵描き」に目覚め……上達感じるビフォーアフター

――日々更新される、芸能人のブログやSNS。毎日無数に更新される投稿の中から、かつて注目を集めたタレントの意外な活動や、ただただ元気そうな姿、ちょっと心配になる近況など、ライター・浦島茂世が「あの人」の「いま」を追いかけます。

今月の思い出しタレント:眞鍋かをり

 先日、ネット上で“吉野家ネタ”がすごい盛り上がりを見せていました。

 炎上したのは、4月16日に吉野家の伊東正明・常任取締役企画本部長(当時)が、早稲田大学の社会人講座で、若い女性に向けたマーケティング施策について「田舎から出てきたばかりの生娘をシャブ漬けにする」と語ったこと。今どき、破天荒なお笑い芸人でも言わないようなフレーズですし、当然、世間からは批判の声が噴出。3日後に伊東氏は解任されています。

 今回の件で、「牛丼が食べたくなったら、これからは松屋かすき家に行こう」と思った方もいるのではないでしょうか。そんな中、吉野家に愛着があるだろうタレントのことを、ふと思い出しました。生まれて初めて入った東京・渋谷道玄坂の吉野家でスカウトされ、その後、芸能界を駆け抜け続けている、眞鍋かをりさんです。

 眞鍋さんは愛媛県西条市から上京して14日目、当時、地元にはなかったという憧れの吉野家に入り、店を出た直後にスカウトされたといいます。この“激強エピソード”をもとに、デビューから約13年後の2012年、眞鍋さんは吉野家の新商品「牛焼肉丼」の記者発表会に出席。並盛つゆだくの丼に、おしんこと生卵を入れてぐちゃぐちゃにまぜて食べるという特殊な食べ方を披露されました。

 このような特殊な食べ方を常食にしているなら、有名タレントになって高級なレストランの味を覚えた今でも、眞鍋さんは吉野家に必ず帰ってきてくれるでしょう。

 そんな眞鍋さん、かつて「眞鍋かをりのココだけの話」というブログが人気を博し、“ブログの女王”という異名を持っていました。同ブログは10年に閉鎖され、11年には新しく「眞鍋かをり Official Blog」を開設していますが、こちらも18年で更新がストップ。

 公式Twitterも昨年12月以降更新されておらず、「最近はどうしているのかな?」と気になっていましたが、現在はもっぱら、インスタグラムをSNS活動の場に移しているようです。ちなみに、今年5月8日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、Twitterの裏アカウントで「テレビとかではあんまり言えないこと」をつぶやいていると発言されていました。

 手作りのチーズケーキを焦がしたり、ワインを飲んだり、柴犬と戯れたり、のんびりしていて楽しそうな毎日の様子が投稿される中、どうにも気になるポイントが。眞鍋さんは大人気漫画『鬼滅の刃』(集英社)にガチハマりし、お子さんと一緒に、ほかのアニメ作品も含めて絵を描いて投稿しているのですが、これが異様に上手なのです。もともとマンガ好きなのは知っていましたが、ここまでうまいとは!

 たとえば、21年6月13日の投稿。眞鍋さんは「(子どもに)塗り絵が欲しいと言われ、たぶんまだ売ってないと思うので自作」という文章とともに、同2月から今年1月まで放送されていたアニメ『トロピカル〜ジュ!プリキュア』(テレビ朝日系)のキャラクター・キュアラメールの白黒イラストをアップしましたが、鉛筆でアタリ(下書き)を取ってから、太さの違うペンで線を描き分けていたんです。このアタリが本当に“さささ”っと描いた感じで驚きました。

この投稿をInstagramで見る

眞鍋かをり(@wo_0531)がシェアした投稿

 さらに、同年10月13日の投稿では「初めてアルコールマーカーというものを使ってみました」として、『鬼滅』のイラストを投稿。アルコールマーカーはプロの漫画家も使うような画材ですが、最近はダイソーやセリアなどの100円均一でも買えるように。とはいえ、平成中期くらいまでは専門店でしか購入できず、ハードルの高い画材でした。

 それを眞鍋さんはさっそく使いこなしていて、キャラクターの髪の毛の生え際や、鼻や目のまわりに影をつけているし、初めてとは思えないほどグラデーションもきれい。アルコールマーカーの使い方や描き方をかなり予習してから、「初めて」に臨まれたのではないでしょうか。

この投稿をInstagramで見る

眞鍋かをり(@wo_0531)がシェアした投稿

 そもそも同年6月22日の段階で、「塗り絵描いたけど子供に塗らせるのもったいなくなって自分で塗りました」と、子どもためではなく、自分のために描いた『鬼滅』のイラストをアップしていた眞鍋さん。自分の好きなものを描いているのが、上達の秘訣なのかもしれません。

この投稿をInstagramで見る

眞鍋かをり(@wo_0531)がシェアした投稿

 このように、もっぱらアナログ派だった眞鍋さんですが、今月16日の投稿で、ついに「デジタルでのお絵描きをはじめてみました」と、新しいフィールドに突入。アナログでしっかり描ける人はデジタル移行もスムーズだと聞きますが、眞鍋さんはまさしくそのタイプでしょう。しかも、どんどん上手になっている!

この投稿をInstagramで見る

眞鍋かをり(@wo_0531)がシェアした投稿

 最初は、「ママが子どものために描いてあげた絵を見る」だけのつもりだったのに、あっという間に眞鍋さん本人がイラストにハマり、「すごいスピードで上達していく姿を見守る」といった様相に。そして「おすすめの塗り方を教えてください」と、オーディエンスであるネットユーザーとのコミュニケーションを求めるところに、“ブログの女王”時代の眞鍋さんの面影を見てグッときました。

 眞鍋さんの絵を初期からずっと見ていくと、当初から目尻や眉毛の描き方など顔まわりがものすごく上手。だから「以前からずっと描いたからでしょ?」って思いますよね。

 ですが、眞鍋さんは『鬼滅』にハマりすぎた20年12月に、「元々ヲタクではなかったので、人生で初めて2次元に推しカプができてしまって心の置き所がわからない…まいにちpixivでお腹いっぱいになるまで二次創作あさってしまう日々…」(原文ママ、現在は削除)と、二次創作作品について無邪気にツイートしてしまい、ファンから「二次創作は隠れて楽しむのがマナー」とツッコまれ、ボヤ騒ぎを起こしています。それくらい“界隈”のことを知らなかった眞鍋さんが、イラストという新しい楽しさに目覚めたことに胸が熱くなります。

 そんな眞鍋さんだからこそ、昨年9月放送の『復活!令和もお笑いマンガ道場』に出演してほしかったです。この番組は、名バラエティ番組『お笑いマンガ道場』(1976〜94年放送、中京テレビ)が一夜限りに復活したもので、きっともう一回くらいは放送されるはず。眞鍋さんは、かつて『お笑いマンガ道場』のレギュラーを務めた川島なお美さんと同じくワインエキスパートの資格も持っていますし、復活版の出演者には絶対適任。この願いが中京テレビの人に届くよう、西のほうを向いて祈っています。

浦島茂世(うらしま・もよ)
美術ライター。1日の大半を芸能人・有名人のSNS閲覧に費やす。著書に『東京のちいさな美術館めぐり』(ジービー)、『猫と藤田嗣治』(エクスナレッジ)など。趣味はドトールコーヒーショップのBGMを曲名検索アプリにかけること。