• Tue. Jul 5th, 2022

EXIT・兼近大樹、YouTuberのテレビ進出が「イタい」理由に持論! 「核心ついてた」とネット反響

 お笑い第7世代のEXITとぺこぱが、5月18日深夜放送のトーク番組『あちこちオードリー』(テレビ東京系)に出演。YouTuberのテレビ進出について、EXIT・兼近大樹が持論を展開し、視聴者の反響を呼んでいる。

 テレビで活躍しながら、チャンネル登録者数約70万人のYouTubeチャンネル「EXIT Charannel」や、TikTokなどのソーシャルメディアでも人気を集めるEXIT。これまで「テレビやYouTubeなどの垣根を超えたい」と語っていた兼近だが、最近「無理だと悟った」と、あきらめているという話題に。

 兼近は、“YouTuberのテレビ進出”について「YouTuberがテレビ出ると、変な空気になることって結構あるじゃないですか。うわ、わわわ! イタい!って」「テレビのファンからすると『おもんないヤツ、出てきたな』にしかならない」とコメント。

 逆に「テレビのノリをYouTubeに持ってくるのも、おもんなかったりする」のだといい、その理由として、テレビやYouTubeだけでなく、TikTokやTwitterにもそれぞれの「ノリ」や「ルール」があると語り、「それぞれででき上ったものを壊すことは、果たしてそれ正解かなって、最近考え始めたんです」と現在の考えを明かした。

 さらに、YouTubeを「面白くない」と語る大人について、「おもんないんじゃなくて、わからないだけなんですよ」「そこの配慮をしていかないから、より分断が生まれてるんですよ」と語ったほか、「テレビ作ってる人も、そこの足りてない世代じゃないですか。結局、自分が一番すごいと思ってる世代……」と話したところで、相方のりんたろー。に「矛先! 危ないよ」と発言を止められていた。

 ネット上では、「兼近の言ってることが核心をついてた」「濃いこと語ってるなあ。ずっと頷きながら聞いてた」と好意的に受け止める視聴者が目立ったほか、「あの兼近が垣根を壊すことは無理って言いきっちゃうほど、テレビとネットの融合は難しいんだなあ」「テレビの古い常識は変えられないってことか」といった書き込みも見られる。

「2月放送の『モニタリング』(TBS系)に出演したヒカルや、4月に『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)で地上波バラエティ初出演を果たしたコムドットをはじめ、人気YouTuberのテレビ進出がたびたび話題になりますが、きまって『YouTuberはつまらない』などの批判がネット上に噴出します。今回、芸能界もYouTubeも理解している兼近がその背景を解説したことで、納得させられた視聴者は多かったようです」(芸能ライター)

 そんな兼近といえば、最近、元SMAP・草なぎ剛の発言に衝撃を受けたことを明かしていた。

 EXITは、今月1日に放送されたABEMAの生配信番組『7.2 新しい別の窓』に出演。この回の放送では、NHKの河瀬大作氏や元テレビ東京の佐久間宣行氏など、有名テレビマンが集結し、「メディアの未来」を語り合う企画が行ったが、その中で意見を求められた草なぎが「そんなにもう、テレビがなくなっちゃったので、僕ら。いい時にテレビやってたなー」とあっけらかんと語っていたのだ。

「5月6日深夜放送の『EXITのオールナイトニッポンX』(ニッポン放送)では、兼近が草なぎの発言を振り返り、『草なぎさんがさあ、ずっとしゃべってなかったのに、いきなり「全部、なくなっちゃったからねえ」って言い始めてさ』『よく考えたらそうじゃん。テレビに捨てられたって言ったら変だけどさ、出ることができなくなった方なわけじゃん』『その一言で、俺、しゃべれなくなっちゃって』と当時の心境を回顧。続けて、芸能界を『いろんな忖度がある世界』と話し、『(草なぎの)その一言が刺さって』『家帰ってからもずっと頭でリフレイン』『忘れられなくて』と衝撃の大きさを明かしていました。元SMAPでさえ、事務所を辞めると干されてしまうテレビ業界に対し、何か思うところがあったようです」(同)

 若者から絶大な支持を集める兼近だが、彼をもってしてもテレビ業界を変えるのは難しいようだ。