• Thu. Jul 7th, 2022

Sexy Zone・佐藤勝利、KinKi Kids・光一のインスタグラムに驚いたワケ

 4月から5月にかけて東京・帝国劇場で上演されている、KinKi Kids・堂本光一主演ミュージカル『Endless SHOCK -Eternal-』。公演関係者に新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたことを受け、5月18~23日の7公演が中止となったが、25日から上演再開が決定した。そんな同作に関する裏話を、キャストのSexy Zone・佐藤勝利がラジオ番組で明かしている。

 『Endless SHOCK -Eternal-』は、本編『Endless SHOCK』の3年後の世界を描いたスピンオフ作品。主演の光一は演者としてだけでなく、作・構成・演出も手がけている。今回、帝国劇場公演は佐藤が主人公・コウイチのライバル役に抜てきされ、9月の福岡・博多座では、佐藤に代わりKis-My-Ft2・北山宏光がライバル役で出演する予定だ。

 なお、東京公演をめぐり、光一は5月6日に自身のインスタグラムのストーリーにて「明日5/7 あるシーンの演出を変えます」と告知。実際、7日の公演では「Higher」という楽曲で、これまで同シーンに登場していなかったライバル役の佐藤も、キャストと一緒にダンスをする流れに変わっていたとか。佐藤は同日、舞台上でのあいさつにて、演出変更は“前日”に聞かされたとこぼしていたそう。

 その後、佐藤がパーソナリティを務めるラジオ番組『VICTORY ROADS』(22日放送、bayfm)では、7日の公演を見に行ったというリスナーからのお便りを紹介。送り主は、「前日に知らされたにもかかわらず、あれだけ完璧なパフォーマンスができてしまう勝利くんに感動しました」と称賛した上で、「初めて演出変更について聞かされた時、勝利くんはどう思いましたか?」と問いかけた。

 佐藤は「光一くんがSNSとかいろんなところで話してるので、“ネタバレ”みたいなものはもうね、気にせずに」と前置きし、「Higher」については当初、「ライバル役は踊らないというか、踊れないっていうシーンなんですね」と説明。佐藤いわく、事故に遭ったコウイチが「Higher」を踊り、ライバルが「なぜ、あんな状態のコウイチがこんな歌って踊れるんだ?」と驚く場面なのだとか。

 ライバルは圧倒されてしまい、踊りには参加できない流れだったというが、佐藤によると「3年後はライバルがコウイチという存在を守るために、その曲を受け継いでるという設定がわかるように(した)。だから、後半から踊りだすっていうね」と、スピンオフ作品だからこその変更だと説明していた。

 続けて、「(変更は)前日に知らされたというか、思いついた時に光一くんが『こういうふうにやりたい』って言い始めて。そしたら、早めに振りを覚えたいなと思って、僕としては。そりゃそうじゃん? 本番がいつになるかわからないけど、早めに始めとけば、スタートが早いってことは振りをできる時間が増えるっていうことを思ったから、早めにスタートしたいなと思って」と、練習を積む時間がほしいと考えていたとか。

 佐藤としては、光一から話があったその日の夜に振り付けを覚えようとしたものの、まさか翌日に披露することになるとは思っていなかったという。

 実際、振り付けを覚えるまでに「30分」かかったと明かし、まだ完全に踊れる状態ではなかったというが、それを見ていた光一は「もういけるだろ」「いけんじゃん!」と、本番での披露に前向きだったとか。

 佐藤は「僕が“早めにただ振りを入れたい”っていう姿勢が、たぶん“明日からやる”っていう意気込みに映ったんだろうね」と、自身の行動が光一に誤解されたのではないかと話していた。

 さらに佐藤は、この時点で、光一がインスタグラムに「(演出を)変更します」と投稿していたことに驚いたようで、

「俺、(明日からダンスに参加したいとは)言ってないんだよ。言ってないんだけど。(インスタグラムに)書いてたから、『ああ、やるんだ』って思って。場当たりの時にまずやって。また(光一が)聞いてきて。インスタで書いてるのに、『いけるの?』って聞いてきて。『いやいや、やりますよ』って言うじゃん? そしたら、最後のあいさつで『勝利が明日からやりたいって言って』って言うから……」

と、本心をポロリ。とはいえ、光一の言葉で火をつけられたのか、佐藤は「僕もこう言いながら、内心は“やってやろう”じゃないですけど。そんなね、気持ちにもなってたのかなと思います」と、振り返ったのだった。

 ちなみに、同作については、3月7日放送のラジオ『KinKi Kids どんなもんヤ!』(文化放送)でも、光一がキャスティングのウラ話を展開。佐藤の出演をめぐっては「二転三転あった」「俺的には、役には合ってないけど、何かそこで面白い反応が生まれるといいなと思って」と、当初はライバル役のキャスティングに、佐藤の名前は挙がってなかったとぶっちゃけていた。

 上演決定時だけでなく、公演開始後もドタバタ続きに見える『Endless SHOCK -Eternal-』。ひとまず、5月31日に東京公演の千秋楽が無事に終えられることを願いたい。