• Wed. Jul 6th, 2022

SixTONES・松村北斗の「ファンに刺さりそう」なショット、なにわ男子・道枝駿佑は「呪文を唱えてる」!? ジャニーズ“必見”写真

――ジャニーズチェックに連日精を出すジャニオタ2人が、アイドル誌を眺めながらよもやま話をダベり中!

B美……永遠の29歳。人生の半分以上をジャニーズに捧げている、ジャニオタ歴20年超の芸能ライター。今一番気になるアイドルはKis-My-Ft2・北山宏光。
C子……永遠の35歳。デビュー組からジャニーズJr.に降りた月刊誌編集者。好きなアイドルはフレッシュな子。

C子 SixTONES・松村北斗が出演している連続ドラマ『恋なんて、本気でやってどうするの?』(フジテレビ系)が結構話題になってるけど、見てる? 世帯平均視聴率が5%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録することもあって、イマイチ数字には恵まれてないね。

B美 1話だけサラッと見たけど、ぶっちゃけ微妙だったから、録画もやめちゃったな……。5月9日放送の4話では、北斗と主演の女優・広瀬アリスの40秒を超えるキスシーンがあったことは知ってる。2021年度後期の連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK)で北斗ファンになった人たちからすると、役柄の振り幅に驚くだろうね。『カムカム』で北斗が演じた雉真稔は、名家の跡取りで、英語が堪能な好青年だったから。

C子 そういう意味では、北斗も『恋マジ』でかなりチャレンジしてるよね。ドラマ自体は高評価を受けているわけではないけど、頑張ってるからには報われてほしいなあ。SixTONESといえば、「J-GENERATION」2022年6月号(鹿砦社)の巻頭特集が「SixTONES 『Feel da CITY』フォトレポート」だったよ。このツアーは今年1月に開幕したけど、メンバーの新型コロナウイルス感染や地震の影響による延期があって、6月1、2日に宮城で行われる振替公演が最後になるんだって。

B美 約半年に渡るツアーになっちゃったんだね。「Jジェネ」にも「このツアーをもって、2020年2月以来、約2年ぶりにフルキャパシティでの有観客ライブがついに復活。6人もこれまで以上に熱のこもったパフォーマンスを見せています!」と書いてあるけど、SixTONESは20年1月にデビューしてから、なかなかファンに会えるイベントもなかったんじゃないかな。

C子 メンバーもファンも有観客公演はうれしいだろうね。2ページ目によると、コンサートの基盤となっている2ndアルバム『CITY』(1月5日発売)は、「歌(主人公)の数だけ物語があり、それが交錯する場所を“街(CITY)”と呼ぶ」をコンセプトに掲げた作品なんだって。「今回のツアーでは、そのスタイリッシュな楽曲たちが主軸に据えられました」とのこと。

B美 スタイリッシュな楽曲があるからか、衣装も全体的にカッコいいね。メンバーそれぞれ、異なるタイプのサングラスをかけて登場してるんだけどさ、一般人だとこんなキマらないじゃん? やっぱり芸能人ってオーラがあるし、みんなサングラスが似合うな~。

C子 たしかに似合ってるんだけどさ、ちょっと、サングラスかけすぎじゃない(笑)? こういうファッションアイテムもコンサート演出の一つなのかもしれないけど、目元がよく見えないっていうのは、なんだかなあ……。せっかく生でメンバーを見られる機会なんだし、私は顔全体をじっくり見たいよ!

B美 ステージ映えはするだろうしカッコいいけど、言われてみれば「今、どこ見てんの?」って気になっちゃうかもしれない(笑)。複数の衣装でサングラスやメガネをかけてるみたいだし、コンサート中、結構な時間で目が隠れてたと推測できるね。「コンサートでやらなくてもよくない?」って思う気持ちもわかるかも。

C子 そんなサングラス姿だけでなく、3ページ目には北斗のかわいい写真もある! 静岡公演で京本大我が「なんか今日の北斗、めっちゃわんこみたいな顔してるね」と発言したことで、北斗自ら犬になりきったんだって。ほら、写真でも四つん這いになって、笑顔を浮かべてる。3ページ上の写真も、田中樹と森本慎太郎が北斗の顔を見つめて何か言ってる場面みたい。

B美 北斗のわんこ、キュートだな~! と思ったら、4ページにもわんこがいたよ(笑)。きょもがモコモコのフライトキャップのようなものを被っているから、サイドの耳のところが垂れ耳のわんちゃんっぽい。

C子 ホントだ、かわいい!! これはサングラスと違って、いいファッションアイテムだ! ところで、ジェシーのソロページを見て思ったんだけど、ジェシーって“バンダナキャラ”なの? なんだか、A.B.C-Z・戸塚祥太を思い出しちゃったよ。

B美 わかる、私もジェシーのバンダナを見て、とっつーを思い浮かべた(笑)。6、7ページでは同じバンダナを巻いてるし、8、9ページは衣装ごとに違うやつを着けてる。こっちはちょっとターバンっぽいから、一昔前のKinKi Kids・堂本剛みたい。

C子 9ページの左上の写真は、黄色い照明も相まって、インチキ占い師とかマジシャンに見えるよ。なんだか、SixTONESのコンサートはファッションアイテムがやたらと気になっちゃうね(笑)。10ページのきょもは、父親の京本政樹によく似ているな~って見入っちゃった。照明がガッツリ当たってるから、目鼻立ちが強調されててカッコいい!

B美 きょもだけじゃないけど、どれも公式写真みたいに写りが良いね。そんな中、13ページ右下の写真のきょも、おもちゃが壊れてあぜんとしてる子どもみたいな表情してる(笑)。コンサートフォトでよくある、「目の前で何が起きてるの!?」って気になる1枚だわ。あと、16~17ページでメガネをかけている北斗はインテリっぽさが増していて、ファンに刺さりそうなショット。

C子 21ページ右下の高地優吾も、コンサートならではの表情じゃないかな。満面の笑みでピースしてて、たぶんファンサービス中の写真だよね。ようやく有観客公演が戻ってきたから、こういう写真が増えるといいな~。

B美 打って変わって、22ページの森本慎太郎はどうした!? なんか引きつっているというか、もはやコンサートで見せる顔じゃないよ(笑)。何か嫌なものでも見たのもしれないけど、ジャニーズはいつでも「Show Must Go On」だからね!

C子 26ページの樹も、なんか渋い顔してる(笑)。総評として「SixTONES、もっと笑って!」って感じだね。ひさびさの有観客コンサートで、緊張してたのかもしれないから、これからもっとアイドルっぽい写真が見られるとうれしいな。

B美 樹のソロページの後は「菊池風磨・田中樹・7 MEN 侍・少年忍者 『DREAM BOYS』会見未公開フォトギャラリー」もあるから、SixTONESファンはこちらも要チェックだね。樹はコンサートだと茶髪にメッシュが入った感じだけど、ドリボの写真だと金髪だ。これは去年の6月に行われた会見の写真かな。

C子 Sexy Zoneの菊池風磨は、ちゃんと服を着て記者会見に臨んでいてよかったわ~。ほら、バラエティ番組『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』(フジテレビ系)で水着姿になったりとか、最近は脱ぐ仕事が多いイメージだったからさ。こういうスーツを着て真剣な表情でキメているのが、逆に新鮮。

B美 言われてみれば、かしこまった感じを久しく見てないから、意外と貴重かも。個人的に気になったのは、39ページの7 MEN 侍・佐々木大光かな。右上の怖い表情からのお手振り笑顔だったり、立ち姿は“発表会で緊張している幼稚園児”っぽい。拳をギュッと握っているあたりに、緊張感が伝わるというか。

C子 45ページの少年忍者・北川拓実は、“青年実業家”みたいに風格があるね。短髪で眉毛がかなり手入れされていて、やたらキリッとしてるのよ。ジャニーズというよりは、若手俳優みたいな雰囲気。

B美 北川くんといえば、昨年7月期のKis-My-Ft2・北山宏光主演ドラマ『ただ離婚してないだけ』(テレビ東京系)の役作りで、金髪&細眉にイメージチェンジしたんだよね。普段は黒髪が定番だったけど、ヤンチャな役を演じたからさ。眉毛がキリッとしているのは、ドラマの影響かも。

C子 なるほどね〜。北川くん、ちょっと注目しておくわ! そんな感じで、眉毛や表情まではっきり見えるから、ドリボに出たJr.のファンも「Jジェネ」を買って損はないね。ちなみに、風磨と樹のオリジナル両面ポスターもついてるよ。さて、今年の『ドリボ』はどうなるんだろうか? 今のところ何も発表されてないけど、風磨&樹コンビが続投するのかな? 発表が楽しみ!

B美 あと今号には「道枝駿佑 5代目『金田一少年の事件簿』スタート!」(70~75ページ)っていう企画もある。放送中の『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)で、なにわ男子・道枝駿佑が主人公の金田一一(はじめ)を演じていて、佐木竜太役としてJr.内ユニット・美 少年の岩崎大昇も出てる。この2人はもともと親交があったそうだけど、ドラマでも息がピッタリで良いコンビだよね。

C子 「Jジェネ」には、「手ピカジェル」の会見に出席したみっちーの写真が載ってる。色白なうえにスタイル抜群で、笑った顔が天使みたい……って、ビジュアルの良さにあらためて衝撃! 72ページは片手でもう片方の親指を掴んでる写真があるんだけど、何してんだろう? 瞳孔が開いちゃってて、何か呪文を唱えてるみたい。

B美 手ピカジェルの会見だから、実際にその場でジェルを手になじませてる場面でしょ(笑)。『金田一』は絶賛撮影中みたいだからスケジュール的にも大変そうだけど、天使のような笑顔で乗り切ってほしいね!

C子 あとは、「藤原丈一郎 なにわ感担当の頼れる最年長」「ジャニーズ基礎のキソ Vol.96 ジャニーズタレントの裏方仕事」「ジャニーズ同じお名前コレクション」といった企画や、うちらのお楽しみコーナー「ジャニーズ王子様図鑑」もある。今回は、Jr.内ユニット・Travis Japanの松田元太と、美 少年・浮所飛貴だって。毎度のことながら、やっぱり人選が謎(笑)。

B美 両者とも元気な印象はあるけど、王子様キャラって感じじゃないかも。とはいえ、アイドル誌「Myojo」(集英社)の読者投票企画「恋人にしたい」部門で、元太は今年初めて1位になったんだよね。浮所くんは8位だったけど、いつも上位にいるから、「Jr.大賞」で10位以内にランクインしてる2人に絞ってきたのは面白い着眼点かも。

C子 そっか、元太が「Jr.大賞」で1位だったから「恋人にしたい=王子様」とくくっているわけね。なかなかの力技にも感じちゃうけど、まあいいか(笑)。

B美 浮所くんも、特技が乗馬やテニスだったりするから、言われてみれば王子様感あるね。あとは、Sexy Zone・中島健人にあこがれているところも、王子様ポイント高い!

C子 たしかに、尊敬する先輩がケンティーっていうのは、王子様を目指してるってことだもんね。最初は「なんで?」と思っちゃったけど、テキストを読み進めていくと、「王子様図鑑」で2人を選んだのに納得したよ。

B美 それと、巻末の「懐かしMC プレイバック!」はHiHi Jetsなんだね! この連載でJr.のグループを取り上げるのは珍しい気がする。高橋優斗、猪狩蒼弥なんかはしゃべりがうまい子たちだから、MCを文字起こししても面白そう。

C子 表紙と巻頭特集はデビュー組のSixTONESだけど、『ドリボ』特集で7 MEN 侍と少年忍者の写真があったり、「王子様図鑑」に「MCプレイバック」と、Jr.ファンも注目の1冊だね!