• Tue. Jul 5th, 2022

岡田将生&フジ・鈴木唯アナ、熱愛を“撮らせた”!? 「あまりにも不自然」ネット疑念

 交際中とされる俳優・岡田将生とフジテレビの鈴木唯アナウンサーが小田急線の車内で落ち合う様子を、5月31日配信のニュースサイト「Smart FLASH」が報道。同誌の掲載写真について、ネット上では「撮り直した?」と疑う声が相次いでいる。

「熱愛をスクープした昨年6月4日発売の『フライデー』(講談社)によると、2人は知人の紹介で2020年夏頃に知り合い、同12月頃から交際がスタート。同誌発売日に放送された情報番組『めざまし8』(フジテレビ系)でこのニュースが取り上げられると、鈴木の同僚である永島優美アナは『(鈴木アナは)仕事もできて、誰からも愛されるキャラ。すごくカワイイ後輩』と人柄を絶賛し、倉田大誠アナも『天才肌』『感覚が鋭い』とベタ褒めしていました」(芸能ライター)

 今回の「Smart FLASH」によると、金曜の夜、鈴木アナが小田急線の先頭車両に乗り込むと、途中駅で岡田が乗車し合流。「帰宅客で混雑する車内」で、鈴木アナは「まさきくん、まさきくん」とボディタッチで甘えていたという。

 さらに、同サイトは隠し撮りと思しきツーショット写真を計11枚掲載。車両内で鈴木アナが岡田を見つめながら腕に触れる様子や、堂々と腕を組みながら路上を歩く姿などが見て取れる。

 車両内では、ほんの数メートルと思われる至近距離での撮影に成功しているほか、路上でも2人のカメラ目線をゲットしている同メディアだが、ネット上では「いかにも撮り直しさせた写真って感じ」「隠れて撮った写真じゃないよね」「電車内は混雑してるはずなのに、周りに人がいないのはあまりにも不自然」といった違和感を訴える声が続出している。

 中には、“あえて撮らせた”ことを前提に、「なんでわざわざ電車で撮らせたのかな」「撮らせるのは構わないけど、電車内はほかの乗客に迷惑だから、車デートとかにしてほしかった」と場所に対する疑問の声や、「眞子さんと小室圭さんの電車写真を思い出した」というコメントも見られる。

 熱愛写真の“撮り直し”といえば、17年5月放送のバラエティ番組『良かれと思って!』(同)に出演したタレントの早見優と松本伊代は、「(週刊誌の)撮り直しはよくあった」と暴露。早見によると、25歳当時、恋人と買い物をしている姿を撮られたものの、ピントが甘かったため“悪いように書かない”との条件つきで、後日、撮り直しをしたという。

 また、18年12月放送の『おかべろ』(同)では、司会のナインティナイン・岡村隆史が、ゲストのよゐこ・濱口優の“撮り直し”の過去を暴露。1990年代に濱口と吉本新喜劇女優・本田みずほの熱愛が週刊誌に報じられたことがあるが、当時を振り返った岡村は「あれ、撮り直しなんですよ」「もっとエグいの撮られとるから」と明かし、「あんなな、外向いてな、ガラス張りのファストフード店で食うかいな」と掲載写真の不自然さを指摘していた。

「撮り直しだけでなく、芸能事務所側が週刊誌に持ち掛け、最初から撮らせるパターンもあります。今回の『FLASH』がそうであるかは不明ですが、あまりにもキレイに写っている熱愛写真が世に出ると、今やタレント側と週刊誌の“手打ち”を疑う読者は少なくないようです」(同)

 交際歴は1年半ほどとみられる岡田と鈴木アナ。堂々と2人で電車に乗り込む様子を見る限り、ゴールインも近いかもしれない。