• Mon. Jul 4th, 2022

レプロからまた新たな退所者か? 「専属契約終了」の新垣結衣はいま

 2017年開催の『ミス青山コンテスト』で大炎上した過去を持つグラビアアイドル・井口綾子が、18年から所属している芸能プロダクション「レプロエンタテインメント」を「退所したのでは」と、一部ネット上で話題になっている。今の時代、芸能人の事務所退所は珍しくないが、レプロに関しては、昨今退所者が続出しているほか、「看板タレント・新垣結衣の進退に関する報道に“調整”が入った」(スポーツ紙記者)という話もあることから、井口の退所疑惑はメディア関係者の間でも注目されているようだ。

 井口は、17年の『ミス青山コンテスト』で準グランプリを獲得。しかし、その選考過程において、ミスコン運営やグランプリ女性を誹謗中傷する匿名Twitterアカウントを運営している疑惑が浮上し、ネット上で激しい炎上を巻き起こしていた。

「騒動後、レプロに所属した井口は、グラビア活動だけでなく『しくじり先生 俺みたいになるな!!』や『ロンドンハーツ』(ともにテレビ朝日系)といった人気バラエティ番組に出演し、女性タレントとして活躍の場を広げていました。しかし現在、井口の公式Twitterアカウントには『お仕事の依頼はこちら』としてレプロのサイトへのリンクが貼られているものの、該当ページは削除された状態。レプロのアーティスト一覧からも彼女の名前が消えており、告知や発表もなく、所属を離れたものとみられています」(芸能ライター)

 昨年ポルノグラフィティ・新藤晴一との離婚を発表した長谷川京子や、“枕営業告発”で話題になったマリエをはじめ、昨今レプロからは有名タレントの独立や契約終了が続いている。

「最近、レプロのタレントが事務所を離れたという話が出るたびに、業界内ではよく“新垣の進退”が話題に上ります。彼女は21年5月、ファンクラブサイト内で、星野源との結婚とともに『レプロエンタテインメントとの専属マネジメント契約を終了し、今後は個人として活動していくことになりました』と報告。しかし、これを『独立』『フリー転身』などと報じたメディアは、ほとんどがレプロから要請を受け、これらの言葉を使わない形で“記事修正”を行うことになったそうです。事務所サイドとメディアサイドで調整が行われた後、『業務提携』もNGワードになったといい、新垣の進退を伝える際は、『契約変更』や『契約を一部継続』といった言い回しを用いるルールが決められたようです」(前出・スポーツ紙記者)

 そんな新垣は、昨年末で公式ファンクラブが終了。レプロのサイトを見ると、所属アーティスト一覧に新垣の写真はなく、「NON EXCLUSIVE」というあまり馴染みのない独特なカテゴリーに、1人だけ名前が載っている。プロフィールページを開いても、仕事の問い合わせ先が記載されているのみだ。

「『NON EXCLUSIVE』は『非独占的』という意味合いで、専属マネジメント契約ではなくなったことがうかがえますが、具体的にはどういった契約内容なのか詳細は明かされていません。例えば女優・真木よう子は、自身の事務所に所属しながらレプロとも提携している状態ではあるものの、彼女は所属アーティスト一覧で写真が確認できるのですが……。ひとまず言えるのは、現状『NON EXCLUSIVE』は、新垣のためだけに作られた新しい契約形態ということです」(テレビ局関係者)

 電撃的な結婚発表から約1年。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で八重役を好演し、話題を集めたばかりの新垣は、「NON EXCLUSIVE」タレントとして、レプロ内で独特なポジションに置かれたままとなるのだろうか。井口の進退とともに、見守っていきたい。