• Mon. Jul 4th, 2022

手越祐也に続き新田真剣佑の脱毛サロンも全店閉店! 「ヒカルやローランドが心配」の声も

 俳優・新田真剣佑によるプロデュースで昨年4月にオープンした脱毛サロン「AmSALON」が、先月末でサービスを停止していたことが発覚。これを受け、同じく脱毛サロンをプロデュースするタレント・ローランドやYouTuber・ヒカルに心配の声が寄せられている。

 「AmSALON」は、「日本式 光脱毛×欧米式 ワックス脱毛」「まったく新しい価値を提供する脱毛サロン」を謳い、昨年4月に東京・池袋店、同5月に福岡・天神店をオープン。開業にあたり、真剣佑は「『日米のいいとこ取り』をした美容で、美意識の高い女性の皆様にも満足いただける価値を提供できると考えました」「通うのが楽しくなるような、実感できる『綺麗な素肌』を皆様に提供できたら、こんなに嬉しいことはありません」などとコメントしていた。

 ただ、現在、公式サイトには「重要なお知らせ」として「AmSALON(株式会社AMサロン)は事業統合に伴い、2022年5月末日を持って池袋店・天神店におけるサービスの提供を停止させていただく運びとなりました」「契約を頂いているお客様におかれましては、弊社よりメールや文書等でご案内を差し上げております」などの案内が掲載されている。閉店の理由には触れていないが、何かしらの事情により、開業から1年ほどで“全店閉店”に至ってしまったようだ。

「芸能人がプロデュースする脱毛サロンといえば、元NEWS・手越祐也が手がける『TEGOSHI BEAUTY SALON』が20年10月にオープンしましたが、今年2月に『週刊文春』(文藝春秋)が同サロンの経営悪化に加え、『従業員の約半数が退社している』と報道。一時は7店舗まで拡大していましたが、『AmSALON』と同じタイミングの5月末で全店閉店してしまいました」(芸能ライター)

 そんな「AmSALON」の閉店を受け、4月に真剣佑の“銭ゲバ”ぶりを暴露していた暴露系YouTuber・東谷義和氏は6月1日、Twitterで「これマッケンに釣られて高額払った客は納得いかんやろなー お金につられて、こんなずさんな計画にのっかるから、ファンにそのしわ寄せがいく」と揶揄。これに対し、「ガーシー砲の影響すごいな」と、東谷氏の暴露とサロンの閉店を関連づけるネットユーザーも見られるが、実際のところは不明だ。

 また、「ヒカルくんのサロンは大丈夫かなあ?」「ヒカルくんやローランドさんも危ないのでは?」などと心配する声も散見される。というのも、手越、真剣佑、ローランド、ヒカルがそれぞれプロデュースする脱毛サロンに関して、“仕掛け人”が同じ実業家男性であるというウワサがネット上で広まっているからだ。

 なお、ローランドのプロデュースで18年12月に開業した「ローランドビューティーラウンジ」は、東京・新宿に1号店をオープンし、以降、全国に急拡大。現在、北は北海道から南は沖縄まで、実に27店舗を展開している。

 一方、ヒカルがプロデュースする脱毛サロン「リジャンヌ バイ ヒカル」は、20年5月に開業。公式サイトの店舗一覧には、7店舗の男性専用サロンと、2店舗の女性専用サロンが掲載されている。

「ローランドは、実直な人柄や美意識の高さに男女問わずファンが多く、このイメージがサロンの拡大につながったとも言えそう。また、ヒカルは若者を中心に熱心な支持者がおり、『ヒカルのプロデュースだから行ってみたい』という顧客も多い。その半面、真剣佑や手越は、知名度は抜群ながら、ライトファンが多い上に、ここ最近はファン離れも指摘されています。そんなファンの質やパブリックイメージの低下が、経営面にモロに直撃した可能性もありそうです」(同)

 開業時は派手に宣伝するが、閉店する際はプロデュースした本人がダンマリのことが多い“芸能人の店”。パブリックイメージの維持が重要なだけに、明暗が分かれやすいようだ。