• Thu. Jul 7th, 2022

Sexy Zone、アルバム『ザ・ハイライト』が過去最高スタート! 菊池風磨のブレークも勢いに

 Sexy Zoneのニューアルバム『ザ・ハイライト』が、5月31日付のオリコンデイリーアルバムランキングで初登場1位を獲得。売り上げは2ケタに届き、オリジナルアルバムとしては過去最高のスタートとなった。

 今作は、Sexy Zoneにとって約2年4カ月ぶりのオリジナルアルバムで、シンガーソングライター・秦基博描き下ろしのシングル曲「夏のハイドレンジア」(2021年8月発売)をはじめ、岡崎体育、iriらも楽曲を提供している。所属レーベル・Top J Recordsの公式サイトによると、「80’s 洋楽風のダンスナンバーやシティポップ、夏にぴったりの爽やかなクラブサウンド、切ないバラード系ラブソングなど、Sexy Zoneの新たな一面が楽しめる1枚」になっているという。

 アルバムは初回限定盤A・B(CD+DVD)と通常盤(CD+DVD)の3種類。なお、通常盤は初回プレス分のみDVD付きで、初回プレス終了後はCDのみの通常盤が出荷されるとのこと。初日の売り上げは10万6,382枚で、オリジナルアルバムだと20年2月リリースの『POP × STEP!?』の初日記録(8万7,170枚)を上回った。

「アルバムの初日の売り上げだけで見ていくと、昨年3月発売の10周年記念ベストアルバム『SZ10TH』の12万9,970枚が過去最高のスタートでした。オリジナルアルバムでは、初日8万台の『POP × STEP!?』がベストなのですが、『ザ・ハイライト』は1日目にして10万台ですから、数年前と比べて上り調子であることがわかります」(ジャニーズに詳しい記者)

 Top J RecordsのYouTubeチャンネルにて公開中の『ザ・ハイライト』のリード曲の動画も、着々と再生回数が増加。5月12日配信の「Sexy Zone 『Forever Gold』 (YouTube Ver.)」は190万台で、同19日アップの「Sexy Zone 『THE FINEST』 (YouTube Ver.)」も90万台に達していた(6月1日時点)。

 そんなSexy Zoneは、グループの冠番組こそないが、個々の仕事は順調そのものだ。中島健人は、動画配信サービス・Netflixにて、3月24日より映画『桜のような僕の恋人』が配信開始となったほか、松島聡は4月~5月にかけて、『こどもの一生』で舞台単独初主演を務めた(休養中のHey!Say!JUMP・八乙女光の代役)。

 佐藤勝利はゴールデンタイムのバラエティ『VS魂 グラデーション』(フジテレビ系)にレギュラー出演し、4~5月はKinKi Kids・堂本光一主演舞台『Endless SHOCK -Eternal-』でライバル役を好演していた。

「中でも、ここ1~2年でブレークを果たした菊池風磨はバラエティ、ドラマ、CMとさまざまな分野で活躍しています。昨年4月に始動し、嵐・二宮和也、KAT-TUN・中丸雄一、Hey!Say!JUMP・山田涼介と参加しているYouTubeの『ジャにのちゃんねる』も、チャンネル登録者が329万人(6月1日時点)に上るなど、大人気。また、この4人は8月27日~28日放送のチャリティー特番『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)でメインパーソナリティーを務めます。さらに、菊池は前田敦子主演映画『もっと超越した所へ。』(22年公開予定)で“ヒモ男”を演じているとか。今やすっかり売れっ子になりました」(同)

 グループが勢いに乗る一方で、懸念材料もある。メンバーのマリウス葉が体調不良を理由に20年12月から休養しており、復帰の時期は未定だ。今年6月18日~8月21日まで行われるコンサートツアー『セクシーゾーン ライブツアー2022 ザ・アリーナ』に関しても、ジャニーズ事務所は「マリウス葉は一定期間芸能活動休止のため、本公演には出演いたしません。何卒ご了承ください」とアナウンスしている。

 そんな中で、「フライデー」(講談社、5月6日・13日号)はマリウスの近況について、ヨーロッパに留学し、大学に通いながらビジネスの勉強をしている……などと報道。事務所を退所するという話も浮上していると伝えていたが、以降もジャニーズサイドは明確な否定コメントを出しておらず、宙ぶらりん状態となっている。マリウスの脱退・退所が現実になった場合は、グループの人気にも多少の影響が出てしまうのかもしれない。

 とはいえ、4人体制でリリースした『ザ・ハイライト』の初日売り上げは、オリジナルアルバムのうち自己最高をマーク。週間ランキングでの数字にも期待が高まる。