• Mon. Jul 4th, 2022

Sexy Zone・松島聡、“ソロ活動”目立つ現状に「心配しないで」と呼びかけ

 Sexy Zoneメンバーが交代でパーソナリティを務めるラジオ『Sexy ZoneのQrzone』(文化放送)の5月30~6月2日の放送回には松島聡が登場。6月1日の放送回では、最近のグループ活動について言及した。

 5月25日の放送回では、リスナーから「今、会いたい人は?」と聞かれた際に、「ニカちゃん!」と、プライベートで交流があるKis-My-Ft2・二階堂高嗣の名前を挙げていた松島。「もう本当、ここ最近っていうか、ずっとプライベートでもお会いできてなくて。本当に寂しいです」「もし、ご都合がよろしければお食事でもお願いします」と、ラジオを通して二階堂にメッセージを送っていたが、今会いたい人は「メンバー」だとか。

 最近はそれぞれソロ活動が増えてきていることから、松島は「Sexy Zoneのメンバーといるよりも、『ジャにのちゃんねる』のメンバーといるほうが長い」という菊池風磨の言葉を紹介しつつ、「ほんとにそうなんだよね」とメンバーが集まる機会が減っているとコメント。

 現在は、6月18日から北海道の真駒内セキスイハイムアイスアリーナを皮切りにスタートする『セクシーゾーン ライブツアー2022 ザ・アリーナ』のリハーサルがあるため、「たま~に会えるくらい」だそう。「ほんとにびっくりするぐらい会える頻度が減ったんですよ」と、寂しそうにつぶやいていた。

 一方、「それだけ、個々の仕事が充実してるってことはすごくありがたいし、うれしいこと」だと感謝しながら、「きっとね、ファンの皆さんもグループ仕事を望んでいるでしょう」とファンの心情を推し量る発言も。「僕らもそれは望んでます。すごく楽しみにしているので、これからグループの仕事も少しずつ増えていったらいいな、なんて思ってます」と本音を明かした。

 というのも、現在活動しているジャニーズの中で、グループ名がつく冠番組やメンバー全員が出演するレギュラー番組をテレビで持っていないのは、Sexy Zoneだけ。そんな背景もあり、松島は「そのときが来るまでの間は、こうやって個々で力をつけて……っていう時間なのかな……なんて思ってます」とコメント。

 そして、グループ活動が減っていることについて「心配されているファンの方も、もちろんいると思うんですけど、僕らも僕らでグループの仕事を望んでいるので。決してソロの仕事だけを意識してるんじゃなくて、グループ仕事があってのソロ仕事だと思ってるんで、みんな」と説明。「そのへんは、心配しないでほしいなと思ってます」とファンに呼びかけた。

 また、松島は「ツアーでは地方での過ごし方もちゃんと考えたい」そうで、「一緒にお酒も飲みたいなぁなんて思いますよね。コロナ禍なのでちょっとまだわかんないですけど、ご飯でも一緒に食べたりとか、ツアー期間中はより時間を大事にしたいなあなんて思っています」と、メンバーと各地を周ることを楽しみにしている様子。

 菊池と中島健人が「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」のCMに出演していることから、「ジョッキ缶でメンバー同士で乾杯したいけどね。せっかく2人がCMやってるし」と、期待に胸を膨らませていた。

 この日の放送に、リスナーからは「グループ活動を望むファンへのお気持ち表明。そりゃそうだよね。なんかジーンときた」「優しい言葉で安心させてくれる聡ちゃん……ありがとう」「聡ちゃんのグループ愛に溢れているコメントほっこりする」「アサヒジョッキ缶で乾杯。ツアー中にできたらいいね」「ツアー楽しみです、聡ちゃんも楽しめますように!」などの声が集まっていた。