• Mon. Jul 4th, 2022

NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』、新垣結衣が“退場”! 「脚本鬼すぎ」視聴者ショック

 小栗旬主演のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の第21話が、5月29日に放送。今回は、新垣結衣演じる登場人物・八重が非業の死を遂げ、視聴者に大きなショックを与えていた。

 同作は、小栗が演じる北条義時の半生を、源平合戦や鎌倉幕府の創設、源頼朝(大泉洋)の死後なども含めて描く内容。第21話では、頼朝の元妻であり、現在は義時の妻である八重が、頼朝の配下である八田知家(市原隼人)から、義時を通じて孤児の鶴丸(佐藤遙灯)を預かった。

「八重は孤児の面倒を見ることに精力を注いでいて、鶴丸の世話を引き受けることに。そんな中、三浦義村(山本耕史)と共に、八重は世話をしている子どもたちを連れて河原に遊びに行ったのですが、目を離した隙に鶴丸が川に入り、取り残されてしまったんです。八重は鶴丸を助けるために川へと入り救出したものの、八重自身が川に流され、そのまま亡くなってしまいました」(芸能ライター)

 この展開に、ネット上では「ウソでしょ八重さん……悲しすぎてずっと泣きっぱなし」「こんな最期あるかよ。脚本が鬼すぎる」「“ガッキーロス”で心が折れた。来週から見られないかも」などと、悲しみの声が続出。Twitterで「八重さん」がトレンド入りするほど、大きな反響があった。

 そんな“ガッキーロス”の裏で、難役を演じる若手女優が、視聴者から注目を集めているという。

「頼朝と妻・政子(小池栄子)の娘であり、第17話で頼朝に討たれた源義高(市川染五郎)と婚約していた大姫役の南沙良です。大姫は、義高の死後に精神のバランスを崩してしまい、感情の起伏が激しかったり、不穏な言動を発することがあり、例えば、待望の男児を授かった北条時政(坂東彌十郎)に対し、『おじじ様、元気を出してください。だって、赤ちゃんに命を吸い取られている』とにこやかに語りかけるなど、不気味なキャラクターとして描かれています」(同)

 南の演技について、ネット上では「笑顔で狂っていく感じがすごい。そして、そんな大姫を見てるのがしんどい……」「難しそうなキャラクターだけど、南さんはうまく演じてる。でも、絶対幸せにならない役だから、このあとどうなるか心配」「空気の読めない、突拍子もない大姫の感じをうまく表現しててすごい!」といった絶賛の声が上がっていた。

「ちなみに南は、新垣が以前、専属マネジメント契約していた芸能事務所・レプロエンタテインメントに所属しており、新垣の“後輩”にあたります。昨年4月期に放送されたTBS系の日曜劇場『ドラゴン桜』第2シーズンにもレギュラー出演し、まさに今、“猛プッシュ”されている印象です。なお、南のデビュー当時はメディアで“第2のガッキー”と呼ばれることもありました」(同)

 新垣が“退場”した裏で、ますます注目を集めている南。果たして、大河出演をきっかけに、“第2のガッキー”としての評価を盤石にできるのだろうか?