• Tue. Jul 5th, 2022

綾野剛、ライザップ中の腕試しで友人に暴行!? 新たな“ガーシー砲”に「ダサすぎ」の声

 7月期のTBS系日曜劇場『オールドルーキー』の放送を前に、主演の綾野剛への“口撃”を激化させている暴露系YouTubeチャンネル「東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】」。6月5日の生配信では、“ガーシー”こと東谷義和氏に加え、綾野から実際に「暴力を受けた」という5人組バンド「Fear, and Loathing in Las Vegas」の元メンバー・Sxunが登場した。

 かつて、綾野や東谷氏とよく飲みに行っていたというSxunによると、役作りのためにプライベートジム「ライザップ」に通っていた時期があるという綾野は、当時、「力を試したがってた」といい、酔うと暴力的になっていたとか。

 その頃、Sxunは綾野らと都内のバーで飲む機会があり、Sxunと綾野の共通の知人女性もその場に呼ぶ流れに。綾野もその女性が来ることを「OK、OK」と承諾していたそうだが、女性がバーに入ってきた瞬間、「誰? この女呼んだの」となぜか激昂。場の空気を呼んだSxunはすぐに謝罪したものの、綾野は「ちょっとお前、後ろに手回せ」と指示し、「すいません、すいません」と謝るSxunの腹部を殴り続けたとか。

 周囲はこの暴行を見て見ぬフリしていたそうだが、その場にいたゴールデンボンバー・樽美酒研二が「お前、何やってるんだよ!」と止めに入り、「なんとか場が収まった」と明かしている。

「東谷氏いわく、Sxunのほかにも、ろっ骨を折られたり、根性焼きをされたり、入浴剤『バブ』をむりやり食べさせられた知人もいたそう。これらの真偽は不明ですが、動画のコメント欄には『綾野剛のいじめ、エグすぎ』『根性焼きとか、バブ食べさせるとか、陰湿だなあ』『ライザップで筋肉つけたから、腕試しで人殴るとかダサすぎる』『綾野剛には釈明会見してほしい』などと綾野への批判的な書き込みも目立ちます」(芸能ライター)

 なお、佐藤健主演映画『亜人』、綾野主演映画『武曲 MUKOKU』(共に2017年公開)を撮影していた当時の綾野は、筋骨隆々の肉体が話題に。両作品のエンドロールには「ライザップ」の店名が表記されていたため、同作の撮影時のエピソードである可能性もありそうだ。

「先月13日にも、17歳当時に綾野から酒を飲まされ、ホテルで不適切な関係を持ったという元アイドルが東谷氏のYouTubeで告発。数々の暴露ネタが投下されている綾野だけに、『オールドルーキー』は『予定通り放送されるのか』とネット上で注目されています。また、TBSは今月5日に同ドラマのメインキャストが集合した“第一弾ティザー”映像を解禁しましたが、いまだ『7月スタート』ではなく『今夏スタート』とざっくりとした表記に留まっているのも気になります」(同)

 現在、数々の疑惑がつきまとったまま『オールドルーキー』の撮影に勤しむ綾野。この先も“ガーシー砲”をスルーし続けられるだろうか。