• Mon. Jul 4th, 2022

Hey!Say!JUMP・有岡大貴、ファン女性に「悪ふざけ」!? 中島裕翔から「これはダメ」と“注意”も

 Hey!Say!JUMPの冠番組『いただきハイジャンプ』(フジテレビ系)。6月4日放送回では、番組恒例企画「突然ジャニーズ!ガチャ駅弁」が行われた。

 この企画は、駅名の書かれた紙がセットされたガチャガチャをJUMPメンバーが回し、引き当てた駅へ実際に行って、その街で主食やおかずを集めて“オリジナル駅弁”を作るというもの。自らの足で街の情報を収集し、その街の魅力が伝わる一番いい弁当を作ることができたメンバーを決める内容だ。前回に引き続き、審査員としてお笑いコンビ・アンガールズの田中卓志が登場した。

 前回の放送では、中島裕翔が静岡県三島市にある伊豆箱根鉄道・大場駅の駅弁を作り、今回は有岡大貴が対決相手として登場。以前、中島が有岡のロケは「なんの面白みもない」と批判していたため、「これは負けらえないね。面白いV(TR)にするしかない!」と意気込んでいた。

 今回、有岡が向かった駅は、千葉県・いすみ鉄道の大原駅。駅周辺で情報収集すると、街ゆく人たちから「伊勢海老の漁獲高が全国トップクラス」「漁業の街でタコとヒラメが有名」「近くに大きな漁港がある」などの話が出たため、有岡は漁港へ向かうことに。

 大原駅から徒歩20分のところにある大原漁港に到着すると、さっそく漁師たちを発見。話を聞いていくうちに、有岡は「自分で釣った魚をおかずにしたい!」と思い、出港する船を探し始めた。

 そんな中、有岡が遠くにいた女性3人組に「どうもー!」と声をかけると、「キャー!」という黄色い歓声が上がる。有岡が走って近づいて行くと、女性たちは「やばい無理だよ、ほんと無理! ギャー!!!」と大興奮。有岡はそんな女性たちに向かって両手を挙げ、襲いかかるようなポーズをしていたが、VTRを見ていた中島は「これはダメだよ、大ちゃん。これは悪ふざけがすぎるよ」と注意していた。

 有岡を見て大騒ぎしていた女性たちに、番組スタッフが「(有岡を)ご存じですか?」と聞くと、「はい、もちろんです」と即答。「ファンなんです」と言うも「山田(涼介)くんの……」と続けたため、有岡は「もう慣れっこよ、こっちは」と苦笑した。

 その後、午後から出港するという「釣り船 山正丸(やましょうまる)」の船長と出会い、いざ大海原へ。釣り初心者という有岡は「釣るしかないですよ。釣るしか」と意気込むも、2時間たっても魚は釣れず。有岡の両サイドにいた常連客は順調に魚を釣っていたが、有岡の釣り竿にはわかめが絡みつくだけ。

 出港から4時間がたち、黙々と竿を投げ続ける有岡だったが、105投目で船長が「残念でした。これで帰りますね」と宣言。結局、乗船時間6時間4分で、有岡が釣れた数は0匹だった。

 その後、苦肉の策として常連客が釣った魚「わらさ」をもらい、「山正丸」船長の妻・ちえさんに料理をしてもらうことに。しかし、この日は夜遅くなってしまったため、翌朝に“お料理ロケ”を敢行した。

 刺身や焼き料理、煮物、郷土料理まで全9品の「わらさのフルコース」が完成し、スタジオのJUMPメンバーは「これはいい奥さん」(山田)「すげー。家帰りたくなるわ」(高木雄也)と驚き。有岡は9品から5品をピックアップし、「ちえ女将の大原わらさ駅弁」を完成させた。

 スタジオでは、田中とJUMPメンバーもこの弁当を実食。「本当にうまいやつだ。ちょっとビールがほしいね」(山田)「お酒持参して船長の家に行きたい!」(高木)と大絶賛していたが、田中の判定は中島の勝利。その理由を「やっぱり釣らなきゃダメ!」「最後、急に人の力っぽいのよ」とコメントしたのだった。

 この放送にネット上では、「有岡くんの人柄と魅力が詰まった素敵なVTRありがとうございました!」「有岡くん、弱音も吐かずに頑張っていてカッコよかった!」「ちえ女将のお料理すごかったー。JUMPみんながメロメロになっててかわいかった」などのコメントが寄せられていた。