• Mon. Jul 4th, 2022

TBS・安住紳一郎アナ、“週6勤務”に「疲れた」とボヤキ……『THE TIME,』は視聴率上がらず

 TBS・安住紳一郎アナウンサーがパーソナリティを務めるラジオ『安住紳一郎の日曜天国』(TBSラジオ)。6月5日の放送では、安住アナが「そろそろ疲れた」と本音を漏らし、ネット上に心配の声が上がった。

 同番組の冒頭、安住アナは最近の仕事について「8カ月前から朝の番組をするようになって、赤坂に週6回来るんですが……そろそろ疲れました」とボヤキ。すると、番組アシスタントの中澤有美子アナウンサーも「さすがの安住さんでも、そうですよね」と同情し、「安住さん、あまりそういうことおっしゃらないから。誰だってそうですよ」と労っていた。

「安住アナは現在、月曜から木曜まで早朝のニュース番組『THE TIME,』、土曜夜のニュース番組『情報7daysニュースキャスター』、さらに日曜午前のレギュラーラジオ『安住伸一郎の日曜天国』に生出演中で、“週6勤務”になっている状態。5日放送のラジオ内では、現在、10月の番組改編に向けて人事異動に関する話し合いが行われていると明かし、『何かいっちょやってやろうかと考える』と、自身の働き方について上層部に申し出たい気持ちはあるものの、『もう遅い』と、半ば諦めているようでした」(芸能ライター)

 人気も知名度もある安住アナだからこそ、週6のレギュラーに加え、昨夏に開催された東京オリンピック・パラリンピック期間中の大会中継番組や、年末の音楽番組『輝く!日本レコード大賞』などの特番で司会を務めることも。この状況について、ネット上では以前から「さすがに働かせすぎ」「安住さんの体調が心配」といった声が飛び交っていたが、本人も「疲れ」を感じていたようだ。

 一方、21年10月からスタートした『THE TIME,』は、視聴者から「安住アナのムダ遣い」と言われているようで……。

「視聴率不振が続いていた『あさチャン!』が同年9月末で終了し、後継番組として、安住アナ司会の『THE TIME,』がスタート。実力や好感度も申し分のない安住アナを登板させることで、視聴率アップを狙っていたのかもしれませんが、『あさチャン!』が世帯平均視聴率3~4%台だったのに対し、『THE TIME,』も4%台が続いており、ほぼ変わらない数字を推移しているんです。また、視聴者からは『番組自体がバタバタしていて疲れる』『メリハリのない番組だなと思って、見るのをやめた』といった番組自体への不満や、『安住アナの良さが生かせてない』『視聴率が悪いのは、扱うニュースや演出が悪いからだと思う。安住アナのムダ遣い』などの指摘も散見されます」(同)

 同じくネット上で「働かせすぎ」と言われるアナウンサーといえば、日本テレビの水卜麻美アナだ。昨年4月から朝の情報番組『ZIP!』の総合司会に就任したほか、『有吉ゼミ』『午前0時の森』など同局のバラエティ番組にも出演している。

「『ZIP!』もジワジワと世帯平均視聴率が下がっており、昨年4月のリニューアル当初は8%台だったものの、現在は6~7%台まで低迷。そんな同番組で総合司会を務める水卜アナですが、ネット上には『日テレは水卜ちゃんに頼りすぎ』『水卜ちゃんの“激務”は見ててつらい』といった心配の声のほか、『日テレはなんでもかんでも水卜ちゃんだから、さすがに飽きた』『もう水卜アナはおなかいっぱい』などの意見も上がり、食傷気味の視聴者も少なくないようです」(同)

 安住アナと水卜アナは、それぞれ“局の顔”ともいえる人気アナウンサーだが、一方で「フリー転身説」が絶えない2人でもある。視聴者が心配になるほど“頼りきり”な状況が続くと、フリー転身が現実となってしまうかもしれない。