• Tue. Jul 5th, 2022

『ロンドンハーツ』モグライダー・ともしげに見る「笑える性格の悪さ」の条件

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな有名人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今週の有名人>
「ゴシップが好き」モグライダー・ともしげ
『ロンドンハーツ』(6月7日、テレビ朝日系)

 6月7日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)の企画は、「性格悪いけどおもしろい芸人GP」だった。モグライダー・ともしげ、インディアンス・きむ、ZAZYという3人の芸人が、「性格悪いけどおもしろい」エピソードを競い合い、グランプリを決めるというものだ。

 「性格が悪い」という言葉は日常的に使用され、一般的に言えば、行いや発言がよろしくないことを指す。しかし、エンタメの世界で「性格が悪い」というのは一種の武器と言えるのではないだろうか。ドラマ『半沢直樹』(TBS系)の主人公のように、清廉潔白なヒーローというのはいつの時代も求められるが、そういう主人公をぐっと引き立てるのは、悪役をはじめとした「性格が悪い人」だからである。バラエテイの世界でもそれは同じだろう。

 今回の『ロンドンハーツ』では、ともしげが「性格悪いけどおもしろい芸人GP」に輝いたが、彼の話から、エンタメとして成立する「笑える性格の悪さ」の条件について考えてみたい。

 エンタメとして成立する「笑える性格の悪さ」に必要なのは、誰に対しても一様に性格が悪いという、ある種の“公平性”があることではないだろうか。ともしげについて、三四郎・小宮浩信は「誰かが解散すると嬉しそうにわざわざ連絡をしてくる。あいつは他人の不幸が大好き」と証言している。

 ともしげの相方・芝大輔も「(ともしげは)誰かがひどい目を見ると、テンションが上がる」と同意し、司会のロンドンブーツ1号2号・田村淳がともしげに「じゃ、亮さんの闇営業の時も……」と尋ねると、本人も「まぁ、そうですね」と認めていた。

 この際、後輩など自分より立場が弱い人の不幸だけ願うと、弱い者いじめの感が強くなって陰湿さが際立ってしまう。ともしげのように、誰に対してもオープンに不幸を願うからこそ、「笑える性格の悪さ」として成立していると言えるのだろう。

 また、人から共感を得られるレベルの「性格の悪さ」であることも、「笑える」には必須だ。そもそも、人の不幸を願うのは褒められたことではないが、人生で一度もそういう願望を抱いたことがないという人のほうがマレなはず。そういう意味で言うと、「他人の不幸を願ってしまう」と公称する人はほとんどいないものの、多くの人が理解できるのではないだろうか。

 ともしげは、自分自身について「ゴシップが好き」と自己分析している。ゴシップニュースを下世話と言い、軽蔑する人もいるが、週刊誌やネットニュースがビジネスとして成立しているのは、ゴシップを好む人がたくさんいるからだろう。ともしげの「他人の不幸を願う」気持ち、ゴシップを好む気持ちは、「誰にでもある気持ち」の範囲で収まっているので、これまた「笑える性格の悪さ」に落ち着いているのではないか。

 さらに、「笑える性格の悪さ」には「実際に報いを受けていること」も必要なことだろう。ともしげは、芝から「あばれる君とライブが一緒になったときに、あばれる君が自分のネタの中で使う音源を会場に忘れて帰っちゃった。そうしたら、えらい喜んで『ええ、これないとネタできないよ。あばれる君、ネタ中、音流れなかったらウケないんだから』ってえらい喜んで」と「他人の不幸」を喜んでいたことを暴露されている。しかし、「結局、最後(ともしげは)、自分が衣装全部忘れて帰った。すごい早さでバチが当たった」とオチがついたため、見ている側は安心して笑うことができるだろう。

 一方で、笑える/笑えない以前に、「単に性格が悪い人」と見られないことも大事で、そのためには、性格の悪さに「理由がつく」ことも重要だ。ともしげの「性格の悪さ」に“理由”があったとしたら、彼のエピソードもまた、印象がよくなると思う。

 その“理由”の手掛かりになるのが、吉本興業との契約を解消された元雨上がり決死隊・宮迫博之についての話題をめぐる、『上沼高田のクギヅケ!』(読売テレビ、2019年7月21日放送)出演者たちのやりとりだ。この時、月亭方正は「応援したい」、FUJIWARAの藤本敏史は「雨上がり決死隊がなくなるのはつらい。ずっと一緒にやってきた」と語り、宮迫との交際を絶たないかのようなスタンスを取っていた。

 お世話になった先輩だろうし、個人的な付き合いもあってのコメントだろうが、MCの上沼恵美子は、そんな彼らに「そうなん? 芸人ってそんな熱いの。あの人がいなくなったら、僕ら上がれるのにと。今回(吉本には)6,000人も芸人さんがいるとわかった。そら、1人でもおらんようになったらええかと」と疑問を投げかけたのだ。

 これは、たとえお世話になった先輩であろうと、ポジションが空いたらそれをチャンスと考えるべきという“プロ根性”がないのかと問うているのだろう。売れたい、前に行きたいというモチベーションは、人気商売においては重要だと言える。この観点から見れば、ともしげがほかのコンビの解散を喜ぶ“理由”は、「ライバルが減ったから」「その分、自分にチャンスが回ってくるから」……つまりプロに徹していると見ることもできるため、「性格が悪い」という印象自体が薄れるだろう。

 反対に、「笑える性格の悪さ」を体現するために、やってはいけないこととして、他人を陥れないこと、他人に迷惑をかけないことが挙げられると思う。インディアンス・田淵章裕は、相方のきむについて「ライブ・収録などで、頑張って前に出るけど、スベッてる人が大好き」「特に、新人アナウンサーなどまだ現場に慣れていなくてあたふたしているところが大好物」と証言している。

 同じ芸人がスベることを喜ぶのは「それだけ売れたいと思っている」「それだけの気迫で仕事をしている」と、好意的に解釈することができなくもないが、違う職種の、しかも新人を笑うのは「いじめ」、もしくは田淵自身が「単なる性格の悪い人」とみなされるだろう。

 また、男性ブランコ・平井まさあきは、ZAZYについて「ZAZYの単独ライブはすごいんですよ、大がかりなんですけど」「締め切りを守らないといけないんですけど……一切守らない」とスタッフに迷惑をかけていることを明かし、「だから、スタッフさんから嫌われている」と証言している。他人に迷惑をかけるのは典型的な「笑えない性格の悪さ」であり、共感されにくいのではないか。

 話をともしげに戻そう。彼が披露した「性格の悪さ」は、ことわざにすると「他人の不幸は蜜の味」だろう。実はこれ、個人の性格の問題ではなく、誰にでもある“反応”であるそうだ。ただし、他人の不幸に、強く反応する人もいれば、そうでもない人がいるという。

 精神科医・福井裕輝氏は『ストーカー病―歪んだ妄想の暴走は止まらない―』(光文社)において、「他人の不幸は蜜の味」的な案件が起きると、脳の線条体と呼ばれる報酬に関連する部位が活発に活動すること、心の痛みの強い人ほど、他人の不幸が起きると痛みが緩和され、蜜の味と感じやすいことを指摘している。「他人の不幸は蜜の味」という時は、自分のコンディションが悪い証しということだろう。

 モグライダーといえば、去年『M-1グランプリ2021』(テレビ朝日系)の決勝にも進出し、伸び盛り。仕事も増え、それだけにストレスが溜まっているのかもしれないが、どうか相方に愛想を尽かされない範囲の「おもしろい性格の悪さ」で、お茶の間を楽しませてほしいものだ。