• Mon. Jul 4th, 2022

日ハム新庄監督、薬物報道でタレント価値急落か

 プロ野球北海道日本ハムファイターズの新庄剛志監督が、同球団でプレーした2006年にドーピング検査で陽性反応が検出されていたことが分かった。

 6月10日発売の「文藝春秋」(文藝春秋)に掲載される記事を先行して8日、系列の「文春オンライン」が報じた。記事によると現役引退を発表した同年、新庄氏は開幕直後に日本のプロ野球で初めて行われたドーピングの尿検査を受け、半月後に覚せい剤成分…

続きを読む