• Tue. Jul 5th, 2022

「女版ガーシー」大島麻衣、暴露YouTube開設も“登録者数4,200人”の寂しさ

 AKB48の元メンバーでタレントの大島麻衣が、6月8日放送のネット配信番組『デマ投稿を許さない』(ABEMA)に出演。芸能人あっせん業者の存在や、SNSを介して男性から“お誘い”があったこと、タレントの“パパ活事情”などを赤裸々に明かしていた。

「同番組で大島は、『アイドルや女子大生などをランク付けして男性にあっせんし、アテンド料をとっているおばさんがいる』『サッカー選手から“お誘いDM”が来た』『女性芸能人の中にも、パパ活でお家を買ってもらってる人が多い』など、続々と芸能界の裏事情を暴露。司会の坂上忍が『今日、大きなモノを抱えてしまった』とうろたえるほど、衝撃的な話が多数飛び出しました」(芸能ライター)

 また、このところ話題になっている暴露系YouTuberの“ガーシー”こと東谷義和氏と大島は「友達」なのだそう。東谷氏は「すごくいい人」とも発言しており、現在も「(連絡は)取ろうと思えば取れます」と、親しい仲であることを強調していた。

 そんな大島に対し、ネット上では「さすがにベラベラしゃべりすぎじゃない? 大丈夫なの?」「大島麻衣が“捨て身”すぎて痛々しい」といった声や、「本当にガーシーのこと“いい人”だと思ってるんだろうか……」「自分が暴露されないために『いい人』って言ったんだろうな」などと疑うような声も見受けられた。

 大島はこのところ“ぶっちゃけキャラ”として、さまざまなバラエティ番組に出演。昨年10月配信の『チャンスの時間』(ABEMA)では、幅広い人脈を生かして、芸能人同士の“出会いの場”を提供していると明かしつつ、「安全な女性芸能人との出会い方」を告白。大島いわく、品川庄司・品川祐、平成ノブシコブシ・吉村崇、さらば青春の光・森田哲矢の3人は“安全な人脈”を持っているため、彼らのルートを活用して出会うように勧めていた。

 さらに、今年2月放送の『霜降りミキXIT』(TBS系)では、「一般人でも芸能人と付き合える方法」を紹介。芸能人と出会える穴場として「三軒茶屋のカラオケ店」を挙げていた。

 そんな中、大島は6月3日にYouTubeチャンネル「大島麻衣の裏チャンネル(仮)」を開設。ここでも“暴露ネタ”を展開しているが、「ネット上ではほとんど話題になっていない」(同)のだとか。

「大島は同7日にアップした動画の中で、芸人にまつわる暴露話を展開。『芸人さんはけっこう裏方さん(の女性に)いきますよね』などと暴露し、今後は生配信も行う予定だと予告しています。しかし、10日午後4時点でチャンネル登録者数は4,200人程度で、動画の再生回数も初回を除いて1万回に届いていない状況。ちなみに、メインチャンネルではダンス動画や買い物動画などを投稿していますが、登録者数は1万人程度で、2,000回再生に届かない動画もチラホラ。どちらのチャンネルも盛り上がりに欠け、寂しい状態です」(同)

 ネット上では「女版ガーシー」と言われることもある大島だが、今後、“本家”のように話題を集める暴露ネタは投下されるだろうか?