• Thu. Jul 7th, 2022

死者50万人、アメリカにまん延する鎮痛剤中毒――オピオイド依存に苦しんだセレブ5人

ByAdmin

Jun 10, 2022

 アメリカで危機的な社会問題となっている麻薬性鎮痛剤オピオイド中毒のまん延。オピオイド系鎮痛剤の中でも「オキシコンチン」は依存性が極めて高く、過去20年間で全米で50万人以上の死者を出し、大きな社会問題にもなっている。



 20年10月、オピオイド中毒を拡大したとして集団訴訟を起こされていた米製薬大手パーデュー・ファーマが有罪を認め、米司法省と83億ドル(約1兆1,151億円)の和解案に合意したと発表した。しかし、依存者の数は増え続けており、昨年は8万人を超える人がオピオイド中毒で亡くなっている。


 先日、エアロスミスのスティーヴン・タイラーが、足の手術をした際に処方された鎮痛剤によって、克服していた薬物依存症を再発。リハビリ治療を受けるため、ラスベガスの定期公演をキャンセルすると発表した。鎮痛剤依存は、セレブの間でも深刻な問題となっているのだ。



 今回は、鎮痛剤に依存してしまいそれを克服したセレブを5人、紹介する。

ウィノナ・ライダー(50)
、鎮痛薬オキシコドン依存に

 子役として活躍した後、女優として大ブレーク。20代前半でアカデミー賞にも2度ノミネートされ、私生活でもジョニー・デップやマット・デイモンと交際するなど90年代のハリウッドには欠かせない存在だったウィノナ。彼女がトップスターの座から転落したのは01年12月。高級デパートで万引きする一部始終をとらえた防犯カメラ映像が公開されたのがきっかけだった。



 万引きで現行犯逮捕されたウィノナは、処方された8つの異なる薬を所持していた。処方薬で違法薬物ではないことから薬物所持の罪には問われなかったが、「鎮痛剤を必要としていた過去があるようだが、彼女の名前以外で処方された薬もあり、鎮痛剤依存症である」と見なされた。



 万引き事件の2カ月前、ウィノナは腕を骨折し、鎮痛薬のオキシコドンを処方された。後に雑誌「Vogue」のインタビューで、「最初は、痛みを和らげるために薬を飲んでいた。でもそのうち、痛みがあるかどうかわからないけど、とりあえず服用するという具合になって」と回想しているように、あっという間にオキシコドン依存に陥った。

 逮捕された時には、鎮痛剤を手に入れるため、20人の医師から37通もの処方箋をもらうという「ドクター・ショッピング」のジャンキーになっていた。



 この万引き事件の1カ月ほど前、カリフォルニア州医事局は、患者の求めるままに鎮痛剤を処方する医師の調査を開始。顧客リストにウィノナの名もあったことが判明している。アメリカでは、こうした医師の存在も大きな問題となっている。



 ウィノナは、「Vogue」のインタビューに対して「鎮痛剤を服用したことある? (ハイになって)むちゃくちゃになるわけじゃないの。頭がぼーっとして、ただただ混乱状態になるの」と説明しており、薬の副作用で訳がわからないまま万引きをしてしまったとしている。



 この事件がきっかけで鎮痛剤に依存していることを自覚した彼女は、すぐにハビリ治療を受け、薬の服用をやめた。その後も家族の支えを得てクリーンな状態を保ち続け、16年にNetflixドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』で女優としてカムバックを果たした。


 国民的シットコム『フレンズ』(94~04)にレギュラー出演中だった97年、ジェットスキー事故に遭い、痛み止めとして処方された麻薬性鎮痛剤バイコディンに依存してしまったというマシュー。

 「意図的に依存したわけではなかった。でもあの薬を飲み始めた瞬間から、『とてつもなくいい気持ちにさせてくれる』って気に入ってね。もっと欲しいと思うようになった」そうで、鎮痛剤の量が増えるのと比例して、酒量も増えていったという。



 「制御不能になり、とても不健康になってしまった」という彼は体重が9キロ減り、同年ミネソタ州のベティ・フォードリハビリセンターに28日間入院。断薬してクリーンな体を取り戻したが、断酒は続かず、00年、アルコールが原因の膵炎にかかってしまった。



 膵炎の治療で再び鎮痛剤を服用するようになり、ウォッカの飲酒量も増加。「さすがに撮影している時は飲まなかったけど、仕事が終わったらずっと飲んでいた。だから撮影中は眠くて、体が震えているという状態」だったと明かし、01年2月、「このままだと死ぬ」と自覚。両親に電話して助けを求めた。駆けつけた両親によって連れ込まれたリハビリ施設に2カ月半入院し、見事依存症を克服した。

 マシューは継続して禁酒・断薬をするため、11年にもリハビリ施設に入所。マリブの自宅を禁酒・断薬を支援する場として開放したり、全米ドラッグ・コート専門家協会(ドラッグ・コート:薬物使用により犯した犯罪について、通常の裁判を行わず、薬物依存からの回復を促すための治療的な手続きを取る制度)の広報担当を務めるなど、依存症に苦しむ人たちのために活動をしている。





 伝説的シンガーソングライター、ライオネル・リッチーの養女として裕福な家庭で育ったニコール。進学先の上流私立校ザ・バックリー・スクールでパリス・ヒルトンと友達になり、意気投合。たがが外れたように遊び回るようになり、パリスと一緒に主演したリアリティ番組『シンプル・ライフ』(03~07)は若い女子の間で人気を博し、お騒がせセレブブームを巻き起こした。



 ビバリーヒルズの豪邸で育ったニコールは、10代になるとドラッグやアルコールに染まり、20代そこそこでアルコール、コカイン、ヘロイン依存に陥ってしまった。テレビ番組のインタビューでは、「恵まれた環境にいて、退屈で仕方なくて。若い頃からいろいろなことを見てきて、もっと刺激的なことをやりたい! と思うようになって」と説明していたが、ぽっちゃり体形に悩んで摂食障害を患い、そのことでドラッグ摂取に拍車がかかったともウワサされている。



 02年、ニコールはニューヨーク市内のナイトクラブにおいてヘロイン所持で逮捕・不起訴となったが、翌年マリブで、ヘロイン所持、無免許運転で逮捕され、3年間の保護観察に処された。この時に薬物依存症の治療は受けたものの、06年に今後は高速道路を逆走していたところを逮捕され、薬物反応が出てしまった。ニコールは、「生理痛のために処方された鎮痛剤バイコディンとマリファナを服用していた」ことを認め、禁錮4日の判決が出た。



 養子縁組までして彼女を溺愛するライオネルは、「自分が良い父親じゃなかったから」と反省。ニコールは「父のせいだと思ったことなんてない。全部自分の責任」だとし、リハビリ施設で治療を受けた。



 更生したニコールはその後、支えてくれたジョエル・マッデンと結婚。出産して幸せな家庭を築き、デザイナー・実業家としてのキャリアも築き上げた。そんな彼女だが、「過去は過去だから、子どもたちには自分が依存症だったことを正直に話す」と語っている。




 アクションもこなせる“かっこいい女優”として活躍していたジェイミーは、80年代に定期的に受けていた美容整形手術後の鎮痛剤として処方された、麻薬性鎮痛薬バイコディンに依存してしまったと告白している。

 「目の下の脂肪を取り除く手術」「脂肪吸引やボトックス」など手術自体はシンプルなものだったが、激痛を伴ったため、痛み止めとしてバイコディンを処方されたのだ。彼女は処方薬でも依存性があるという知識がなかったため、警戒することなく、出されるがまま服用し続けた。



 「仕事中は服用しなかったし、普段も、朝の10時から夕方の5時までは(痛みがあっても)薬を飲まなかった」と服薬には慎重だったそうだが、体は薬を求めるようになり、彼女は10年間薬を飲み続けた。

 量が足りなくなり、姉に処方された鎮痛剤にまで手を出すようになってしまった。罪悪感から姉に打ち明けたところ、「あなたは依存症。このままあなたが死んでいくのを見たくはない」と諭され、リハビリ治療を受けることを決意したという。



 ジェイミーの父親で俳優のトニー・カーティスも長年薬物依存症に苦しみ、ジェイミーは若い頃、父親から薬物を入手。一緒にコカインをやったこともあるという異常な環境の中育った。異母弟ニコラスもヘロインの過剰摂取で亡くしており、遺伝的に依存しやすい体質だったのかもしれないといわれている。



 バイコディンの断薬に成功したジェイミーは、飲酒もやめた。今でもホテルに滞在する際には事前に部屋のミニバーからアルコール類を片付けてもらうようリクエストするという。「世代に渡り一族の命を破壊した悪式(依存症という)サークルをぶち壊したの」「断薬・断酒は、私が達成した事柄の中で、最も素晴らしいことだと思っている。夫や子どもたち、どの作品や成功・失敗よりも大きなことだと思っているわ」と、ジェイミーは胸を張っている。




 先日、ジョニー・デップに命を救われたことを告白したコートニー。ハードドラッグにどっぷり浸かっていたジャンキー時代の95年、ロサンゼルスのナイトクラブの外で過剰摂取により意識を失ったところを、たまたまそばにいたジョニーがすぐに応急処置を施し助けてくれたのだと明かし、大きな話題になった。



 そんなコートニーだが、一緒にヘロインを摂取していた夫カート・コバーンを自殺で亡くしてからは、一人娘のためにもとリハビリに励んで麻薬依存から抜け出し、クリーンになった。



 しかし、03年11月、元交際相手の家の窓を割ったとして逮捕された際、鎮痛剤のオキシコドンを服用していたことが判明。「処方された抗不安薬のザナックス(アルプラゾラム)しか服用していない、麻薬はやっていない」と主張したものの、オキシコドンのほかにも、麻薬性鎮痛剤のヒドロコドン所持で起訴されてしまった。



 娘のためにもドラッグには手を出さないと言っていたコートニーだが、12年、娘が彼女に対する接近禁止令を求める書類を提出したことにより、薬物依存であることが判明。裁判所に出された娘の書類には、「物心ついた時から、薬を飲んでいる母を見てきた」「ザナックス、アデロール(ADHDの治療薬として知られる)、ソナタ(睡眠導入剤)、アリピプラゾール(抗精神病薬)。」と、処方薬から抜けられないことが暴露されてしまった。



 薬に頼り続けてきたコートニーだが、18年にきっぱりと禁酒・断薬を決意。19年には、多くの人をオピオイド中毒にした責任がある大手製薬会社パーデュー・ファーマの創立家、サックラー一族からのオファーを拒絶した。依頼内容は、同一族の3代目の妻、ジョス・サックラーがデザイナーを務めるブランドのショーに来ないかと、10万ドル(約1,343万円)のギャラを提示されたものだが、「オピオイド中毒に苦しんだ自分を、よくも誘えるわね」と激怒。「絶対に行かない」と断って、大きなニュースになった。