• Mon. Jul 4th, 2022

覚醒剤をやめた人が見たくない「映像」とは? コロナ禍で増えたアレを元ポン中が「アカン」というワケ

 覚醒剤の使用や密売などで逮捕起訴され、通算12年を塀の中で過ごした後、その経験を基にさまざまな活動を続ける中野瑠美さんが、女子刑務所の実態を語る「知られざる女子刑務所ライフ」シリーズ。

3年ぶりの「全国矯正展」開催

 大阪はまだですが、関東は6月6日に梅雨入りしたそうで、しばらくうっとうしい季節が続きますね。

 そんな中で、3年ぶりの「全国矯正展」開催のニュースはちょっとさわやかちゅうか、うらやましかったです。瑠美も行きたかった……。科学技術館(東京・千代田区)での全国の刑務所作業品の展示即売会です。

 来年はぜひ行きたいですね。すっかり仲よし(のつもり)のPaix²(ぺぺ)のお2人の笑顔がまぶしかったです。

懲役太郎さんとの対談で話題になった「回し打ち」

 さて3回で惜しくも終了した懲役太郎さんと瑠美の対談の最終回では、クスリ(違法薬物)についてもお話ししたので、そのことなど。

 昔はムショでみんなが同じ爪切りを使(つこ)たりしていて、懲役太郎さんも「エイズ感染が問題になる時まで、みんなが同じひげそりを使っていた」とおっしゃっていて、そこから「クスリの回し打ちからの肝炎感染」も話題になったんです。

 瑠美はたまたま知り合いが「回し打ちすると肝炎とか伝染(うつ)るから気をつけて」と教えてくれてたんで、同じ注射器を勧められても打ったフリをしてました。

 なんと懲役太郎さんが現役さんの頃は、事務所や博打場で「お茶を出すように」覚醒剤を出していたそうで、「打ってくれる人」もいてたんですね。注射器を「どうぞ!」と出され、「いや自分クルマなんで」とか、やんわり断ったりしてたそうです。

 もちろん出先でキメる親分もいて、「今日の雲はなんで紫色をしてるんだ?」と聞かれたりして、「そうですね」と答えたこともあったそうです。

 そんな場面をくぐり抜けてきた私たちの結論は、「やめてよかった」ちゅうことです。

 瑠美もですが懲役太郎さんも、クスリは「やめよう」と思ったらやめられたんですね。何回も書いていますが、やっぱり自分で「やめよう」と思うしかないんですよ。

 政府のキャンペーンが「いったん始めたらやめられない(から手を出さないで)」と言うしかないのはわかりますが、実際にはやめた人は多いし、むしろやってる人は「もうやめられないなら、しょうがないな」って思うかもしれませんよ。

 瑠美も「どやってやめたんですか?」と相談されることもありますが、やめようと思っただけです。まあ、それまでに12年のムショ暮らしがありましたけどね。瑠美の場合は、「家族のため」でしたが、子どもがいてもお金がなくてもやる人はやるんで、こればっかりは「自覚」なんです。

 ユーチューバーとして活躍されている懲役太郎さんは、「YouTubeの快感はクスリよりもいい」そうです。「クスリに代わるもの」があればいいんですよね。

 でも、懲役太郎さんはかなり前にやめてるのに、テレビで見ちゃうと、「せっかく忘れてるのに!」てなる映像があるそうです。

 コロナワクチン接種の場面の動画や画像ですね。ほんまに瑠美の友達の間でも「アレはやめろ」「アカン」と話題です。

「あんなふうにやっちゃうんだ……」
「ズブッといくんだ……」
「あんだけ刺さるんだ……」
とか、そんな感じです。

 細かいことゆうと覚醒剤の打ち方とは違うんですが、関係者一同の意見としては「あの映像は見たくない」ちゅうことです。

 編集者さんによると、法律ではないですが、依存症問題の正しい報道を求めるネットワークが作成した「薬物報道ガイドライン」というものもあって、マスコミに対して気をつけてほしいことが書いてあります。 

 「注射器」や「白い粉」をイメージ映像として使わないことや、クスリへの興味を煽るような報道をしないこと、薬物依存症患者の人格を否定しないこと、カメラで追い回さないこと、更生を美談にしないこと、などなどです。

 ほんまにその通りです。みんなこれで傷ついてます。まあクスリに手を出すほうが悪いんですけど、更生のために温かく見守ってほしいです。