• Wed. Jul 6th, 2022

坂上忍、女優に「顔デカい」と発言!? 『しゃべくり007』出演で「最悪」の声

 6月6日に放送されたバラエティ番組『しゃべくり007』(日本テレビ系)。今回は、ゲストにタレント・坂上忍が登場したものの、過去の発言が紹介されたことで、ネット上に批判の声が飛び交った。

 番組序盤、「お昼の顔を卒業後、初のゲスト出演にしゃべくりを選んでくれた方」と紹介され、坂上がスタジオに登場。MCを務めた『バイキングMORE』(フジテレビ系)が今年4月に終了してから、『しゃべくり007』が初めてのゲスト出演だといい、その理由を「別に選んだというか……。ちょっとゆっくりしたくて、『ちょっとだけゆっくりさせてください』ってやってたんですけど。やっぱりそうやっていくと、罪悪感みたいなものが若干生まれまして。その時、たまたまこのお話が……」と、あくまでタイミングの問題だと明かし、レギュラー陣を笑わせていた。

「その後、過去に坂上と関わりがあった女性5名が登場し、どのような関係なのかを坂上自身が当てる『クイズ!忍さん、私のこと覚えてますか?』というコーナーが行われることに。坂上が芸能界で成功するためにアドバイスをしたというシンガーソングライターの武藤愛莉や、かつて『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)内のロケで、飼い犬のしつけを手伝った女性などが登場しました」(芸能ライター)

 このうち、4番目に登場したのは、女優・森恵。かつてドラマ『暴れん坊将軍』(テレビ朝日系)で坂上と共演したことがあるという森は、36年前に初めて出会った際、坂上から「顔がデカいな」「顔が小さくなったら付き合ってやる」と声をかけられたとか。この言葉に奮起して、森は「キレイになろう」と思ったという。

「ネット上では、『過去の発言とはいえ最悪すぎる』『他人の容姿をイジるなんて失礼』といった批判だけでなく、『こんなの放送するなんて、テレビって昭和で時が止まってるの?』『そもそも、坂上がいまだにテレビに出てる理由がわからない』など、このエピソードを放送した番組側にも疑問の声が上がっています」(同)

 坂上といえば、過去には「ブスが嫌い」と発言して物議を醸したことも。しかし、この“キャラクター”はテレビによって作られたものだと告白していた。

「昨年3月に放送された『バイキングMORE』では、東京五輪の開会式にて、お笑い芸人・渡辺直美をブタに見立てる演出が提案されていたことを報道。これに対し、坂上は自身がバラエティ番組に出始めた頃、『仕事とブスが大嫌い』という触れ込みだったことを振り返り、『その時だって、スタッフさんと話し合いながら、「こっちの方向で行ってもらえませんか」っていうのが当たり前にあるわけじゃない? それで「背負いますよ」って(答えた)』などと発言。“バラエティ番組ならOKでも、五輪の舞台では話が違う”といった趣旨の発言でしたが、ネット上では『ヒドい言い訳』『テレビ側の提案にOKしたなら、坂上が悪いでしょ』などと批判されていました」(同)

 とはいえ、今回『しゃべくり007』で明かされた36年前の発言を考えれば、坂上のキャラクターが、完全に“作りもの”なのかは疑問が残るところ。いずれにせよ、坂上の言動を「失礼」だと受け取る視聴者は多いようだ。