• Tue. Jul 5th, 2022

ワークマン、人気の靴に“欠点”!? 【防水サファリシューズ、フィールドサンダル】レビュー

 毎シーズン、売り切れ続出のヒット商品を生み出しているワークマン。4月28日には、女性向けアイテムを展開する「ワークマン女子」の店舗が東京・銀座にオープンしており、その勢いはとどまるところを知らない。

 一方で、いま熱いワークマンの商品といえば、“靴”だ。「ワークマン女子」の銀座出店前である4月1日、大阪の商業施設・なんばCITYに靴専門店「WORKMAN Shoes」の1号店がオープン。さらに、6月1日には東京・池袋に2号店が誕生し、10月には東京・吉祥寺に3号店ができる予定だという。

 6月15日放送の『WBS(ワールドビジネスサテライト)』(テレビ東京系)でも特集されるほど、注目を浴びるワークマンの靴。サイゾーウーマンでも、これまでのヒット商品をレビューしてきたが、実は“欠点”もあるのだとか。

 そこで今回は、梅雨時期に活躍しそうな「レディース防水サファリシューズ」と、夏に向けてゲットしておきたい「フィールドサンダル」のレビュー記事を再掲。売り切れてしまう前に、ぜひチェックしてほしい。
(編集部)

ワークマン「防水サファリシューズ」は浸水しないが「面倒」な点アリ?

 ワークマンの売れ筋ランキング(靴部門)でトップ3入りを果たしたこともある人気商品「レディース防水サファリシューズ」(1,500円、税込み/以下同)。雨の日だけでなく、アウトドアでも活躍するということで、ネット上でも幅広く支持を集めていた。

 雨の日に履いて出かけると、その防水効果に驚く一方で、長時間の着用は「足が疲れてしまうかも……」とのこと。また、サイズ選びの面でも「かなり面倒」な点があったようなので、購入を検討している人は注意したほうがよさそうだ。

ワークマン「防水サファリシューズ」総評

・履き心地度 ★★☆☆☆(長時間歩くならインソールが必要)
・防水度 ★★★★☆(水たまりにも負けない防水性)
・また履きたい度 ★★★★☆(プチプラでこのクオリティなら文句なし)

※金額や評価は2020年11月1日時点のもの

 2020年、SNSを中心に話題となり、品切れが相次いでいた「フィールドサンダル」(1,900円)。翌21年と今年にそれぞれニューモデルを発売しており、現在もヒット中の商品だ。スニーカー感覚で履けるフィット感と、サンダルのような速乾性&通気性を兼ね備えた商品を謳っており、夏のレジャーには最適だろう。

 レビュー記事では「履き心地と軽さはピカイチ」と評価した一方で、スニーカーのように履けるからこそ、「脱ぎ履きのしにくさ」が気になったとか。なお、同記事を公開した昨年5月の時点では、M~3Lの4サイズ展開だったが、22年モデルはここにSサイズが加わり、女性や足が小さい人も選びやすくなっている。

ワークマン「フィールドサンダル」総評

・履き心地度 ★★★★★(とにかく軽くてフィット感抜群)
・速乾性 ★★★★☆(足が濡れた時の不快感が少ない)
・また履きたい度 ★★★★★(アウトドアで活用したい)

※金額や評価は2021年5月15日時点のもの