• Tue. Jul 5th, 2022

『日プ』出演のORβIT・安藤誠明に“DV報道”、運営が女性に法的措置! 「被害者なの?」「意味わからない」ファン困惑

 7人組男性アイドルグループ・ORβIT(オルビット)を運営するDREAM PASSPORT(以下、ドリパス)が6月15日、メンバーのTOMO(安藤誠明)に関する一部報道を受けて声明文を発表。その内容に対し、ファンの間で物議を醸している。

「オルビットは、2019年にTBS系で放送されたオーディション番組『プロデュース 101 JAPAN』で落選した日本人メンバー4人と、途中で辞退・降板した3人の韓国人メンバーが集まり、20年11月にアルバム『00』でデビュー。現在は韓国人メンバー2人が兵役のため活動休止しているため、5人で活動中です」(芸能ライター)

 6月16日発売の「週刊文春」(文藝春秋)は、安藤が以前同棲状態だった交際相手・A子さんに度重なるDVを行い、警察沙汰にもなっていたと報道。それによると、安藤は性行為中に“首を絞める”“顔をグーで殴る”などの暴力を日常的に振るっていたとか。加えて、昨年2月には、口論の末にA子さんを路上で倒してしまい、それを見た近隣住民が警察に通報。安藤は警察署の聴取で暴行を認めたという。

「オルビットの所属事務所の社長は、『文春』の取材に対して『TOMOがDVを働いていたという事実は断じてございません。(行為中の暴力は)彼女のご要望にお応えしたとのことです』などと安藤の過失を全面否定。ファンの間でも『TOMOくんを信じる』『彼はそんなことするような人じゃないよ』と擁護の声が上がる一方で、『信じるとか言ってるファンは、盲目すぎる』と、これを否定する意見もあり、解釈が分かれているようです」(同)

 今回の報道を受け、オルビットの公式サイトでは声明文を公開。そこには「ここまで長い期間を共にしながら、存在に気づけなかったこと、TOMOの心に気づけなかったこと、監督不行き届きであったことを深く反省しております」「TOMOは優しい心の持ち主で、そして人一倍責任感が強い人間です。たった1人で問題に向き合わせてしまったことを、当事務所としては、ファンの皆さまに対してもTOMOに対しても大変情けなく、申し訳ない気持ちでいっぱいです」などと反省の弁がつづられている。

 さらに、「TOMOからは女性に対し、再三に渡って別れを告げていたそうですが、その度に命を引き合いに出されるため、メンバーや事務所に迷惑をかけまいと、完全には関係を断ち切ることができなかったと聞いております」「とにかく命を繋ぎ止めようと、必死で踏みとどまってくれるようにと相手に求められた言葉を送り続けるしかなかったそうです」などと説明した上で、「現在本人は憔悴しきっており、非常に深く反省しております。TOMOを支え、守るため当社といたしましては相手女性に対して法的手段を取り、現在手続き中です」と、すでにA子さんに対して法的措置を取っていることを明かした。

 この声明に対し、ネット上では「男女関係のもつれだし、双方に言い分があるんだろうね」と理解を示す声がある一方で、事務所側に疑問の声も多い。

「一部ファンからは、『警察沙汰になってるのに、安藤は被害者ってこと? 読めば読むほど意味がわからない』『メンバーを信じたいのはわかるけど、社長は安藤の肩を持ちすぎでは?』『声明でDVや警察沙汰に一切触れないのはなぜ? 不自然すぎる』『女性への謝罪の言葉はないのね。なんかがっかり』『良くも悪くもドリパスらしい声明』といった意見も。もともとオルビットは運営への不満を漏らすファンが目立っていましたが、今回の件でファンと運営の溝があらためて浮き彫りになったといえそう」(同)

 また、事務所側は、安藤とA子さんが20年1月から交際をスタートさせ、「ほぼ同棲状態」だったことを認めているが……。

「オルビットは、同1月9日に公式YouTubeチャンネルを開設し、同2月1日にメンバーを発表。デビュー時期と安藤が交際を始めた時期がほぼ被っているため、『売れてからならわかるけど、これからデビューしようって時期に女と同棲状態って、やばすぎでしょ』『安藤くんはプロ意識低すぎ。「日プ」で落とされて正解だったね』とあきれた声が続出。ファンの信頼を取り戻すのは時間がかかりそうです」(同)

 泥沼の様相となっている安藤のDV疑惑。真相やいかに……。