• Tue. Jul 5th, 2022

HiHi Jetsの“猪狩モデル”がジェラートピケに存在!? 少年忍者が元メンバーSnow Man・ラウールとの思い出語る【ジャニーズJr.チャンネル週報】

ジャニーズ事務所のYouTubeチャンネル「ジャニーズJr.チャンネル」。現在、関西ジャニーズJr.(火曜)、少年忍者(水曜)Travis Japan(木曜)7 MEN 侍(金曜)美 少年(土曜)HiHi Jets(日曜)がオリジナル動画を投稿中だが、それら内容をジャニーズウォッチャー・中村チズ子が紹介! 今回は、6月9日~15日公開の動画を注目度順にチェックします!

人気のジェラートピケ、“猪狩モデル”が存在していた

 HiHi Jetsの動画は、通常回の「【初の仙台5人旅】動物園で大ハシャギ編~第1夜~」(12日)と、プロモーション「【寝起きルーティン】起こされて胸キュンセリフ!!」(13日)の2本が配信されている。

 1本目では、宮城県・仙台ロケがスタート。コンサートに合わせ、前乗りで仙台にやって来た彼らは、まず「八木山動物公園 フジサキの杜」へ。「動物園で10秒選手権」として、「カバのお尻」「ご飯もぐもぐ」「何かの鳴き声」など1時間で9つのお題の激写にチャレンジしている。

 いきなり猿やトビのパワーに圧倒され、「こんな近くで見ることなかなかない」(高橋優斗)と感激。ホンドテンのテンちゃんを発見した際、井上瑞稀は「可愛すぎない? めちゃくちゃ可愛くない?」と大興奮し、「皆さん、僕とどっちが可愛いですか?」と視聴者に問いかけるシーンもあった。続けて、愛らしいプレーリードッグも観察しており、HiHi Jetsとともに視聴者も動物に癒やされること間違いなしだろう。

 2本目は「gelato pique(ジェラートピケ)」の提供動画。井上と猪狩蒼弥は、同ショップのヘビーユーザーだといい、「まさか一緒にお仕事することになるとは思ってなかった」(井上)「新作出るたびに絶対買ってるから」(猪狩)とのこと。

 今回は、店舗にあるルームウェアを使用し、「お気に入りコーデで寝起きルーティン! 胸キュン選手権」を開催。こちらのイチオシ商品は“シャークモチーフ”で、接触冷感素材を用いたルームウェアだそうだが、猪狩は「スーパーウルトラビッグニュース言っていいですか? ホントに俺もここで初めて聞いたんだけど。このシャークシリーズのこの柄は、俺をイメージして作っていただいたらしいんですよ」と衝撃の事実を発表。高橋は「どゆこと?」と耳を疑っていたが、猪狩は「ファンとして激アツの展開」と大喜びしていた。

 ネット上のジャニーズファンの間でも「ジェラピケ、ガリさんイメージでルームウェアを作ったってどういうこと!? スゴすぎる」「ジェラピケが猪狩蒼弥をイメージしたシリーズって……そんなことある?」「ジェラピケに猪狩くんのファンがいるの?」「ジェラピケの猪狩モデルを企画した人たちは、一体どこからHiHi Jetsを見つけてきたんだろう」「ジェラピケがJr.をイメージして作るって普通にスゴいことだよね。確かにシャークシリーズはしっくりくる」と驚きの声が漏れている。

 再生回数は1本目が15万台、2本目は20万台(17日時点)。

 15日の動画は「少年忍者【昔はイキっていました】ヴァサイェガ渉の初出しエピソード!?」(再生回数は17日時点で8万台)。2月9日配信の「【かなり尖ってました】禁断の過去を語る!?」では元木湧をフィーチャーしていたが、今回はその第2弾で、主役は少年忍者のセンター・ヴァサイェガ渉。解答者として、織山尚大、川崎皇輝、安嶋秀生、長瀬結星も出演している。

 これは、ヴァサイェガにある質問を投げかけ、4人が答えを予想。本人と解答が一致していればポイントを獲得できるクイズ企画だ。まず、それぞれの関係性をおさらいしていくと、ヴァサイェガは織山に対して「一番仲良い」と主張。安嶋は「(現在はSnow Manの)ラウールとかがさ、忍者の時さ、ラウールとおりとわたと……とかでさ、一緒に行動してたよね」と思い返していた。

 最初の問題は「渉と初めてしゃべった場所は?」。長瀬はKing&Princeの1stコンサートの場に関して、「めっちゃ睨んできたんですよ」「結構いかつい感じで睨んできて、めっちゃ怖かったっていう印象がありますよ」と暴露するも、本人は「違う、違う、違う!」と大焦り。

 ちなみに、長瀬は当時少年忍者メンバーだったラウールを含めた数人で帝国劇場の楽屋にいた時、先輩から「めっちゃ渉をディスれ」と無茶な要求を受けたこともあるんだとか。

 後輩である長瀬のみがヴァサイェガに怖いイメージを抱いていたのかと思いきや、織山も「一番最初に出くわした時は“帝王”みたいな。やたら態度だけデカい。めっちゃ小さい子いるなみたいな。でも先輩だから、めちゃくちゃ頭下げて……」「少年忍者のくくりじゃなかったじゃん。ジャニーズJr.のセンターだったんですよ」とヴァサイェガの大物ぶりを証言。

 答え合わせの場面でも「リハ場ではしゃべらなかった」(ヴァサイェガ)「睨み合っただけだよね」(織山)「確かに研修生のくせに舐めてんなと思ってたわ」(ヴァサイェガ)とぶっちゃけていた。

 さらに、川崎はヴァサイェガがJr.内でいかに特別扱いされていたのかを暴露。ある時、帝国劇場の舞台にて、“推されていた”というヴァサイェガがソロでタップのパフォーマンスを披露する流れになったそう。しかし、当人は「タップマジでやりたくねぇんだけど!」と3時間ほど駄々をこねていたため、川崎は「スゴい腹立って。やりたいんだけど、こっち」と不快な気分になっていたようだ。数年越しに「あのね、あれはよくないよ!」と忠告するも、ヴァサイェガは「ごめん。全く覚えてない」と言ってのけていた。

 思い出の場所を語るターンでは、中学3年生の頃にヴァサイェガ、安嶋、川崎、元木、青木滉平、黒田光輝で「夢の国」(東京ディズニーランド)に行ったという話に。ヴァサイェガが「なんでそんなメンツだったんだろうね?」とつぶやいたところ、一緒に出かけていなかった織山が「俺、ラウールと行ったわ」「その時、(ヴァサイェガは)いなかったよ」と発言。ここで、ヴァサイェガは「俺、ラウールとケンカしてた」と正直にカミングアウトしていたのだった。

 10日に更新されたのは「7 MEN 侍【ガチのパジャマで…語る】ジャニーズランキング大発表!!」。今回は、普段パンツ一枚で寝ているという菅田琳寧を除いて、7 MEN 侍が“ガチの寝巻き”で登場している。とはいえ、企画は寝巻きとは直接的に関係なく、この格好で行うのは「ランキングでシンキング これ誰のランキング!?」。メンバーが事前に答えた個別アンケートをもとにさまざまなジャニーズランキングを発表していき、その結果を見て誰が書いたのかを当てるクイズだ。

 第1問は「マジでカッコよかった! ジャニーズコンサート ベスト5」。Aの人は先輩の『This is 嵐 LIVE 2020.12.31』を1位に挙げた一方で、Bは自分たちの公演をチョイス。ランクインしたグループのヒントから、誰が書いたアンケートなのかを予想していった。

 また、「春の好きなジャニーズソング ベスト5」では、本高克樹がNEWSの楽曲「さくらガール」に関する思い出をトーク。「琳寧が覚えてるかわからないけど」と話し出し、Jr.としてバックについたSexy Zoneのコンサートで、「さくらガール」をやったときのことを振り返った。「みんなが出るタイミングがわからなくて出トチってさ。マジで申し訳ないんですけど、Sexy Zoneさんのコンサートで舞台上に誰もいない時間ができた」と話すと、菅田も「誰もいないで、曲だけ流れて」と回顧。よほど印象に残っているのか、「ヤバいじゃん。めちゃくちゃ怒られたよね」(本高)と反省していた。

 さらに、「マジでお洒落だと思ったジャニーズタレント ベスト5」で、美 少年・佐藤龍我とKing&Prince・永瀬廉がそれぞれ1位に。永瀬を挙げたのは菅田だったが、「れんれん(永瀬)は、大学一緒で。やっぱ結構見てたの、私服。マジお洒落だなと思って。ヤバいじゃん」とコメント。ちなみに、佐藤を書いたメンバーは木村拓哉を2位に選んでいたものの、木村の大ファンである今野大輝は「なんで1位じゃないの?」「龍我に木村さんが負けたのは許せない! だってはやりを作ったのは木村さんだから!」とブチギレていた。

 最後は「この人のダンス好き ベスト5」というテーマのため、視聴者も自身の好みと照らし合わせて楽しめるだろう。タイトルに惹かれた人も多かったのか、再生回数は17日時点で20万台と、いつもより早いペースで伸びていた。

 9日の動画は「Travis Japan【ジャニーズの聖地】アカペラでパフォーマンス!」(再生回数は17日時点で22万台)。今回は、アメリカ・ロサンゼルスに留学中のTravis Japanが同地にある日本の仏教寺院「高野山米国別院」を訪れている。ジャニーズ事務所前社長・ジャニー喜多川氏の父が主監(住職)を務めていたこともある寺院で、2019年には美 少年も足を踏み入れた場所だ。

 中に入り、主監・松元優樹さんの案内のもと、本堂にステージが造られた理由などの説明を聞くTravis Japan。「日本の文化を継承していく場所がなかったから、じゃあここにステージを造ろうじゃないかってことでできたのがここなんです。戦後、ここでいろんな芸能が行われた。そこで、あっち行ったりこっち行ったり走り回ってアルバイトしてた高校生がいたんです。ジャニー喜多川。皆さん、そこに立ってるんですよ」との言葉で、「え~!」「ヤバッ!」「スゲー!」と衝撃を受けていた。

 松元さんに「なんか少しここでやってみますか? やった方がいいよ」と勧められ、彼らのオリジナル曲「夢のHollywood アカペラダンス 高野山米国別院ver.」を披露。メンバーは「俺たちがこうして踊らせてもらってるのも、昔ここでジャニーさんがアルバイトしてたからだもんね」(川島如恵留)「ジャニーさん喜んでくれてるかな?」(七五三掛龍也)「感慨深いなって思うよね。だって、ジャニーさんがここで走り回ってさ。俺らの原点を作ってくれてたわけじゃない。日本にいたらホントに経験できないっていうか。この旅をしていく中で、やっぱ来とかないといけないところだったんじゃないかなってスゴく今、心の中で思ってるし。あらためて自分たちの初めてできた曲をここでできたのがスゴくうれしいな」(中村海人)としみじみ語った。

 さらに、ゆかりの地でジャニー氏に思いを馳せる一同は「心よくね、『踊っちゃいなよ』って言われたのもなんか。あっ、ジャニーさんぽいなというか」(中村)「ジャニーさんってさ、どこ行ってるかわかんないじゃん。どこでも軽く、フットワーク軽く行っちゃうから。ここ来てくれてるかもしれない」(宮近海斗)「『ジャニーさん』って言ったら出てくるんじゃない?」(松田元太)と心からのナチュラルな笑顔で話していた。

 宮近は「ジャニーさんが来てくれてるかもしれないので、あとでワールド・オブ・ダンス(Travis Japanが出場したダンス大会)のことだったりとか、LAでの生活も報告していきましょう」「良い思い出になりましたね」と故人の存在を身近に感じていたようだ。

 また、床に寝そべる松田は「ジャニーさんが立ってたこのステージからパワーを全身でいただいてる」とのこと。宮近がカメラを向けてなにか“面白いこと”をやるようにけしかけたが、実は真面目な松田は「ふざけられない」と返答。ジャニー氏にとって特別な場所を大事にしたかったのだろう。個人的にはそんな律儀な一面が好印象だった。

 これまで、月替りで登場していた関西Jr.のLil かんさいとAぇ! group。前回、両グループは毎週更新になることをお知らせしており、実際に14日にはLil かんさい(6時台)、Aぇ! group(8時台)の動画がそれぞれアップされた。

 1本目は「Lil かんさい【俺たちの初ゲーム実況】Among Usで騙し合い~!!!!!」で、過去に「Jr.チャンネル」でもHiHi JetsやTravis Japanが体験した大人気ゲーム「Among Us」をプレイ。

 概要欄に「意外とゲームが苦手のメンバーたちですが…騙し合いならお任せあれ~笑 結構、メンバーの個性が出ててめちゃめちゃおもろかったです!!」と記載がある通り、「インポスター」と呼ばれる人狼をあぶり出す心理戦にもなっている。

 その中で、なぜか岡﨑彪太郎は何度も疑われてしまい、なかなか活躍できずにいたため、「別のゲームやってるみたい」(11分20秒頃)とボソリ。不憫な岡﨑は「もうなんでや。もう嫌や~! ちゃうのに……」と頭を抱え、最終的に「めっちゃ腹立つ」と本音を吐露していた。再生回数はLil かんさいが16万台(17日時点)。

 Aぇ! groupの動画は、初のクイズ企画「【俺たち流行最先端!】のはずが…ジェネレーションギャップ」。流行ワードをどれだけ知っているのかを確かめる選手権だったが、罰ゲームは「この後ジャにのに訪問なので…最下位は菊池風磨くん(Sexy Zone)に一発ギャグをお伝えする」とのこと。

 実は、彼らは嵐・二宮和也、KAT-TUN・中丸雄一、Hey!Say!JUMP・山田涼介、Sexy Zone・菊池風磨が参加するYouTubeチャンネルの5月18日更新回(「ジャにのちゃんねる」内の動画「#127【マイファミリー】である卍が襲われた…!!」)に出演。今回のクイズはその収録前に行われたそうだ。

 6人は「きゃぱい」「Y2Kファッション」「IYH」といった略語の意味を考えて解答。クイズ点+エンタメ点で採点し、菊池に一発芸を伝授するメンバーが決まったのだった。結果は伏せておくが、ぜひ「ジャにのちゃんねる」と併せて視聴することをオススメしたい。再生回数はAぇ! groupは32万台。

 なお、9日にはHiHi JetsとAぇ! group、そして「Jr.チャンネル」には不参加のIMPACTorsが「緊急生配信!!! HiHi Jets・Aぇ! group・IMPACTorsから重要なお知らせ~実はIMPACTors初登場~」を行い、『Summer Paradise 2022』(7月23日~8月30日、TOKYO DOME CITY HALL)の開催を報告。Aぇ! groupのショート動画「【このあと21時45分から!】緊急生配信始まるで~!」の再生回数は17万台、生配信本編は79万台を記録していた(17日時点)。

 11日に更新されたのは「美 少年【絶品台湾ラーメン】最後くらい…みんなで食べよーよ!」で、5月14日よりスタートした愛知県・名古屋での「弾丸ミステリーツアー」が最終回を迎えた。最初に熱田神宮を訪れたほか、ひつまぶしを味わい、「レゴランド・ジャパン」やお化け屋敷を体験した一行。

 今回の撮影場所は台湾料理店「味仙 今池本店」で、「1位の人が食べたいメニューを当てろ!!」という企画を実施している。ここまでの企画を通じて総成績が1位だったメンバー・佐藤龍我が食べたい料理をメンバーが予想していく(主役の佐藤は確実に食べられる)。

 まずは「お惣菜」部門で、「辛いのいけるっけ?」(藤井直樹)「食ったことある?」(岩崎大昇)「色とりどり?」(浮所飛貴)と質問しつつ、11品の中から候補を絞っていくメンバー。最初の問題は奇跡的に6人全員で味わったが、肉類、麺類&ご飯類と進むうちに涙をのむ人も。

 岩崎は「龍我が食べたいものをさ、食べる企画だから。いいんだよ、俺らのことは。龍我が幸せならそれでいいよ」と温かい言葉をかけたほか、那須雄登は佐藤に向かって「大チュキー」(4分18秒頃&12分28秒頃)とラブコール。岩崎&那須から投げキッス攻撃に遭った佐藤が「気持ち悪い」と苦笑いを浮かべる場面もあった。

 なお、再生回数は17日時点で11万台と、普段に比べ明らかに低い数字で留まっている。ちなみに、動画のサムネイルはメンバーの顔よりも台湾ラーメンの方が大きく扱われているのだが、「美 少年」の名の通り、6人はビジュアルの美しさが売りのひとつでもある。個人的には、サムネはタレントを優先すべきでは……と思ってしまった。

 約1カ月続いた名古屋編にファンが飽きてしまった可能性も考えられるが、正直に言って、特別彼らのファン(もしくは、よほどのラーメン好き)でない限り、興味をそそられるようなサムネではなかった点も、失速の一因だと感じてしまった。