• Tue. Jul 5th, 2022

宮迫博之、“サムネ詐欺”動画が不発!? 超大物YouTuberを「牛宮城」の宣伝に利用か

 宮迫博之が6月19日、自身のYouTubeに「【世界一のYouTuber】ピューディパイを牛宮城に招待した結果、大問題が発覚しました」と題した動画を公開。ネット上では、その内容を疑問視する声が相次いでいる。

「タイトルにある『ピューディパイ』は、チャンネル登録者世界一として知られるスウェーデン出身のゲーム実況系YouTuber・PewDiePieのこと。先月、プライベートジェットで日本に移住したことが話題になりました」(芸能ライター)

 前出動画のサムネイルには、「PewDiePie牛宮城へ」という文字が大きく記されているほか、PewDiePie本人の写真も掲載されており、宮迫が経営する焼肉店「牛宮城」にPewDiePieが訪れたと思わせる画像だ。

 しかし、実際の動画は、「牛宮城」のスタッフと共に登場した宮迫が「やい、PewDiePie。お前にモノ申ーす!」「PewDiePieさんに、この『牛宮城』を世界に宣伝していただいて、世界各国のお客様にぜひ来ていただきたい」などと語るばかりで、PewDiePieは一切登場しない。

「要は、今後増えるであろう海外からの観光客に対して『牛宮城』をアピールしたい宮迫が、PewDiePieに宣伝役を依頼する内容。動画の終盤では、PewDiePieが肉を摂取しない“魚菜食主義者(ペスカタリアン)”であることが判明するというオチもついていますが、宮迫はそれでも『ぜひ、おいしいお寿司を紹介させてください』と食い下がっています」(同)

 視聴者からは、「肉を食べないというオチが面白かった」「宮迫さんには、世界一のYouTuberとコラボしてほしい」「宮迫さんの思いがPewDiePieに届くように、私も拡散します」などと好意的なコメントが寄せられる一方で、「タイトル詐欺」「盛大な釣り動画」「宮迫さんが炎上系YouTuberみたいなことしててがっかり」「再生数落ちてるから、必死なのかな」といったネガティブな声も見受けられる。

「かつては、再生回数100万回超えの動画を頻繁に輩出していた同チャンネルですが、最近は明らかに失速しており、10万回に満たない動画も目立ちます。加えて、一時は142万人以上いたチャンネル登録者も、現在は137万人にまで減少。そういった状況への焦りが、今回の“釣りサムネ”に表れているのかもしれません。ただ、同動画は21日午後3時現在で10万回再生にも届いていない状況です」(同)

 また、PewDiePieを知るネットユーザーからは、「PewDiePieは自身の知名度が高くない日本に暮らしやすさを感じて来たんだから、売名目的で絡んで迷惑かけるのはやめてあげて」「PewDiePieは名前があまり知られていないっていう理由で日本に移住してきたんだろうに……。こういう動画を作られること自体、本人にとって迷惑だってことくらいわかるでしょ?」「日本で騒がれたくないらしいし、そっとしてやれよ」「PewDiePieのことちゃんと知ってる人なら、こんな動画作らないと思う」と、内容自体に否定的な書き込みも相次いでいる。

「海外では知名度が高すぎて外出しづらかったことを明かしているPewDiePieですが、今月15日には妻と共に六本木や東京タワーなどをめぐり、東京観光を楽しむ姿をYouTubeで公開。海外では叶わなかった自由な暮らしを楽しんでいる様子です。そのため、宣伝目的でPewDiePieをネタにした宮迫の動画は、多くの反感を買ってしまったのでしょう」(同)

 YouTube界の超大物・PewDiePieの画像を使用した“釣りサムネ”に手を出しながらも、不発に終わってしまった宮迫。PewDiePieが宮迫のメッセージを受け取る日は来るのだろうか……。