• Mon. Jul 4th, 2022

松田聖子とユーミンが確執31年!?  不仲・共演NGネタが繰り返される残念な理由

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

 6月20日に行われた杉並区長選。当選したのは無所属新人(立民、共産、れいわ、社民推薦)の岸本聡子氏だ。東京23区では3人目の女性区長となる。国会議員(衆議院)の女性比率が9.7%と世界の中でも超低水準な男尊女卑の日本にあって、女性の区長の誕生は喜ばしい限り。その活躍を期待したい。

第606回(6/16〜6/21発売号より)
1位「松田聖子 “確執31年” ユーミンと和解 再出発に届いた『友情の白ユリ』」(「女性自身」7月5日号)
2位「細田衆議院議長『セクハラ』吉川赳『パパ活』岸田自民党『女性蔑視』本質が露呈!」(「女性自身」7月5日号)
3位「所ジョージ 自身のYouTubeチャンネル閉鎖を発表 “広告拒否”で消える『草なぎ剛の唄』」(「週刊女性」7月5日号)

 やはり芸能マスコミは懲りてもいないし、反省もしていないらしい。先週「女性セブン」が報じた石田ゆり子と米倉涼子の共演NGネタ。その理由のひとつにかつて2人は共に俳優の岡本健一と付き合っていたという“恋人かぶり”があったとの記事だったが、当事者の一人である石田ゆり子がこの報道に対し大激怒。報道を否定した上で、「セブン」批判も繰り広げたことが話題になった。

 だが、そんな騒動があったにもかかわらず、今週の「女性自身」がまたも大物同士の不仲ネタをトップ特集で報じている。今度は松田聖子とユーミンこと松任谷由美だって。

 記事によると1982年、初めてユーミンと聖子がタッグを組んだ「赤いスイートピー」の大ヒット以降、いくつもの楽曲でヒットを飛ばした2人だが、84年の「時間の国のアリス」を最後にユーミンは聖子に楽曲提供をしていない。

 そのため確執や不仲説が取りざたされたが、聖子のデビュー35周年の2015年、ユーミンは「永遠のもっと果てまで」を提供し、話題になった。タイトルにある“確執31年”というのはこの間のことらしい。でも15年って、もう7年も前の話でしょ。それをなぜ「自身」はいまさら、このタイミングで蒸し返しているのか。

 それは、神田沙也加の死と、それを乗り越え全国ツアーをスタートさせた聖子にあった。さいたまスーパーアリーナで行われた6月のツアー初日、唯一個人でスタンド花を贈ったのがユーミンだった。

 そこからひもとき、これまでの確執と15年の和解を“美談”に仕立てた、という体らしい。さらに花束の中に白いユリがあったが、かつて沙也加が“Lily”名でモデル活動をしたこともあったことも紹介される。

 なるほどね。確かに聖子とユーミンの不仲説は、かつて盛んにうわさされたことだが、あまりに昔すぎてもう知らない人も多いだろう(そもそも興味もないかもしれないが)。そこで今回の贈花をきっかけに、過去を振り返る、総括する。読者の高齢化も顕著な女性週刊誌らしい企画だが、しかし、そもそもの不仲説に関して、記事の中でもこんな否定コメントが。

「単に、ユーミンのもとに楽曲提供のオファーがなかっただけではないでしょうか。プロデューサーの意向で別の人に依頼する時期が続いたということで、けんか別れなどではないと私は思います」

 このコメントを出したのは音楽評論家で尚美学園大学副学長の富澤一誠氏。富澤氏といえば、18歳だったユーミンのデビューに関与し、売り出しキャッチコピー「新感覚派ミュージック」を手がけた人物でもある。

 そんな人物が不仲説を否定しているのに、それでもタイトルに“確執31年”とうたい、特集掲載を強行した「自身」。よっぽどネタがなかったのか――。不仲ネタ、共演NGネタは当人や周囲が否定しても、風物詩のように繰り返されるのかもしれない。ネタ切れのときは特に――。

 そんな「女性自身」だが、芸能ネタ以外では素敵な企画が掲載されている。それが“自民党女性蔑視”特集だ。参院選を控えた現在、自民党から女性に絡むスキャンダルがいくつも噴出、世間を騒がせている。

 その筆頭が「週刊ポスト」(小学館)が報じた吉川赳・衆院議員の“パパ活”疑惑だろう。18歳女性に4万円の小遣いを渡し、高級焼肉店で飲酒した上、高級ホテルで過ごしたというこの疑惑。情報番組などで大きく取り上げられたが、吉川議員は自民党を離党したものの議員辞職せずに雲隠れ。

 そして、もうひとつが「週刊文春」(文藝春秋)が報じた衆議院議長という重鎮・細田博之議員による、複数の女性記者などに対するセクハラ疑惑だ。しかも細田議員は報道を事実無根として民事提訴。これは現職の衆議院議長としては前代未聞の暴挙でもある。

 「自身」ではこの2つの疑惑を取り上げるだけでなく、過去の自民党議員が起こした女性スキャンダルとその顛末を紹介、こうしたスキャンダルの背景には自民党の“女性蔑視の風潮”があり、しかもそれは“自民党の体質でもある”と切り込んだ。

「自民党による女性スキャンダルを振り返ると、ほとんどが離党させるだけで問題をうやむやにしてきた」
「自民党内には“女は男の後ろをついてくるもの”という考え方がいまだに根強く残っています」
「議員や秘書、党職員の多くが、“女性にリーダーは務まらない”と本気で思っている現状があります」
「立場の弱い女性議員が声を上げることは、より一層むずかしいことなのです」

 素晴らしい指摘だと思う。そして吉川議員はともかく、マスコミが忖度しているからか、その卑劣な行為をあまり批判されていない重鎮・細田議長についても言及されていることも評価したい。参院選を控え、歴代自民党の“女性蔑視体質”に切り込んだ特集に拍手したい気分だ。

 所ジョージが自身のYouTubeチャンネル「SETAGAYA BASE工作部」を閉鎖するらしい。その理由は「広告などつけたくない なのに今年の6月1日から グーグルは勝手にアトランダムで つけるんだそうです」ということらしい。

 巨大IT企業の“勝手なやり口”に一石を投じる所ジョージの気概は素敵だが、一方、YouTubeは本業でないし、所さん、金持ちだからな、とも思ってしまった。