• Wed. Aug 10th, 2022

メルカリで「値下げ不可」でも諦めるべからず! 「即購入」アピールで商品が安く買える!?

――2年で1,300万円以上溶かし、現在借金は●00万円の“買い物狂い”のライターが、苦しくも楽しい「散財」の日々を綴ります。 

 正直に言います。私、以前、ジュエリーブランド「TASAKI」を、「へーん、なんかダサいブランド!」と思っていました。TASAKIの商品を一度も見たことがないのに「だって、TASAKIだよ? 田崎さんが作ったパールの会社でしょ? なんか名前が日本人って感じでダサい」と勝手に思っていたのです。お前、同じく日本発のジュエリーブランド「kataoka」信者のくせに、一体なにを言ってるんだって感じなんですが、岩手の田舎に住んでいる私の家の近くには店舗もなく、TASAKIに触れる機会はまったくありませんでした。                                                      

 そんな私がこのブランドに興味を持ったのは、1年半前のこと。Twitterで馴染みのフォロワーさんから「TASAKIのデインジャースコーピオンイヤーカフが可愛い」と教えてもらったことがきっかけでした。早速公式サイトを見に行った私は、「ぬあんじゃこりゃあああああ~~~!!!!」と目玉をかっぴらきました。

 可愛い!  めちゃんこ可愛い~~~! パールという上品な素材を使いながら、毒のあるデザイン! その名の通り、サソリをイメージして作られています。

 それまで、TASAKIと聞くと、街中にひっそりとたたずむ暗い外観のお店で「タサキ」とふりがながふってある古臭い感じの印象を勝手に抱いていたんですが、一気に変わりました。エルメスとかシャネルとか、そんなイカしたハイブランドが並ぶ、繁華街のメインストリートにありそうな雰囲気! TASAKI、かっこよー!!

 そうして、私もひとつ、TASAKIのアイテムを持ちたいなーと思ったのですが、いかんせんTASAKIは商品価格が強気。平均20~40万円で、もちろんそれ以上のアイテムもあります。私が欲しいイヤーカフも、30万円しました(涙)。

 そんなわけで、新品での購入は諦め、私はTASAKIの商品をフリマアプリでチェックしてみることに。メルカリで「TASAKI」と検索してみると、出てくる出てくる! TASAKIの商品!! やっぱり、TASAKIの商品は素敵だわあ。

 パッと目に入ってきたのは、「バランス シグネチャー」というリングと、「バランス エラ」リング」! シグネチャーのほうは30万円、バランスエラのほうは18万3,000円で出品されていました。これくらい現金では……買えないけど、あたしには「リボ払い」っていうすんごい味方がいるわ?

 ちなみに、2つのうち特に気に入ったのは、シグネチャーリング。こちらは5つのパールが横に並ぶデザインで、雑誌にも掲載されている人気商品。とにかくインパクトがあって、可愛いのよねえ……。

 しかし、問題はサイズ。このリングは10号と書いてあります。10号ねえ……。「サイズ変更可能」とは書いてありますが、同時に「プラスマイナスに制限がありますのでご心配な方はご確認ください」と注意書きがありました。果たして、14号までサイズアップってできるのかなあ。「なんとかなるだろー!」って購入して、いざお店に持っていったら「うちではそのサイズまでは直せません」って言われたこと、今までにもあったし。それで結局売りに出したこともあったっけ……。はあ……、思い出すと落ち込むわ。

 そのため、とりあえず購入は保留することにしたのですが、それから1時間もたたないうちに、ほかの購入希望者からコメントが……!

コメ主「26万円で購入させていただくことは可能でしょうか?」

 ぬ、ぬ、ぬあにいいいいい~~~~~!?!?!?!?!? すると、出品者さんから返信がありました。

出品者「お値下げしたばかりでそこまでのお値下げは考えておりません」

 オーッホッホッホッホ! そりゃそうよね。さすがに30万からいきなり26万円では値下げしないわよね。

コメ主「大変失礼いたしました。もし28万円で購入させていただくことができましたら、即決させていただきます」

 おや? ちょっと待てよ?

出品者「お返事ありがとうございました。かしこまりました。即決頂けるのでしたら28万円まで頑張らせていただきます」

 ガガガガガーーーーーン! 「値下げ不可」に安心したも束の間、いいなと思ったリングは、「即決」が決め手となりライバルに速攻でかっさらわれていきました。やっぱフリマアプリは初動が肝心よねえ。交渉が始まってしまえば、外野は指をくわえて見ているしかないもん。みなさんも、「値下げ」を断られた場合、諦めずに「即購入すること」をアピールしてみてください。もしかしたら、出品者が折れて少しでも値下げに応じてくれるかもしれませんよ……ぐすん。