• Wed. Jul 6th, 2022

Month: June 2022

  • Home
  • 田中圭、「バスケW杯キャスター」就任! “ガーシー砲”の影響力に懐疑的な声

田中圭、「バスケW杯キャスター」就任! “ガーシー砲”の影響力に懐疑的な声

 俳優の田中圭が、日本テレビ系とテレビ朝日系で中継する『FIBA バスケットボールワールドカップ 2023』の“バスケットボールワールドカップ日テレ系メインキャスター”に就任することが、6月30日に発表された。W杯に向けての1年間、代表戦の中継や代表選手への取材などを通じて、競技の魅力を伝えていくというが、これを受けて、ネット上では“ガーシー砲の影響力”に懐疑的な声が相次いでいる。  俳優・綾野剛に関する暴露をYouTube上で繰り返し、それに対する謝罪を綾野や所属事務所のトライストーン・エンタテイ...

松下洸平さらなるブレイクへ? 出演作続く“ひっぱりだこ”状態で多忙の日々

 松下洸平の勢いが止まらない。   歌いながら絵を描く「ペインティング・シンガーソングライター」洸平として世に出、2009年に西島隆弘ら出演のミュージカルに挑戦したのをきっかけに演技の魅力に目覚めた松下。2018年には舞台『母と暮せば』で平成30年度(第73回)文化庁芸術祭の新人賞、またミュージカル『スリル・ミー』で第26回読売演劇大賞の優秀男優賞と杉村春子賞に輝き、頭角を現す… 続きを読む ...

『相棒』シリーズ終了へ? 初代・亀山薫復活とテレ朝の深刻な「視聴率事情」

 水谷豊が主演を務める連続ドラマ『相棒season21』(テレビ朝日系)が10月からスタートするにあたり、主人公・杉下右京の“初代相棒”として出演していた寺脇康文の復活が発表された。ネット上のドラマファンは大いに沸いたが、「6月30日発売の『週刊文春』(文藝春秋)は、『相棒』シリーズの終了をほのめかす記事を掲載した」(テレビ誌ライター)という。  2000年から放送を開始した『相棒』シリーズは、警視庁特命係係長の杉下(水谷)が、相棒とともにさまざまな難事件を解決していく刑事ドラマ。初代相棒・亀山薫を...

K-POPで“絶対にファンを裏切らない”アイドルグループが誕生!

 韓国でデジタル、AI、仮想人間などをコンセプトに掲げる、近未来型K-POPアイドルグループが続々と登場しようとしている。まず6月末には、リアル男子4人と仮想男子1人のボーイズグループ「SUPERKIND」が、『WatchOut』というタイトルのシングルでデビューし、話題となっている。  セジン(Saejin)、ユジン(Eugene)、ゴン(Geon)、デイモン(Daemon)… 続きを読む ...

セブンイレブンは“たこ焼き天国”だった――冷凍「銀だこ」など全3種類を食ベ比べ

セブン-イレブンの「たこ焼き」はなんと3種類  単身者はもちろん、仕事・家事に忙しい現代人のライフスタイルに合わせて、どんな料理もコンビニで手に入る時代。ラーメン、おにぎり、スイーツはもちろん、有名店とのコラボフードも買うことができるので、家にいながら「思い立ったら名店の味!」ができちゃいます。  そんなコンビニフードの中でも、特に注… 続きを読む ...

『全日本アレオレ! 発表会』フジテレビ苦境の中で生み出した企画の旨さ

 今テレビ業界はたくさんの困難と戦っている。それは予算の減少、コンプライアンス問題、そしてサブスクなどによる視聴者のテレビ離れなど。  テレビ自体の人気を回復させるためには目新しく画期的な面白い番組を作る必要がある。大概そういう番組はまず、深夜帯で実験的に放送され視聴率や評判を鑑みて、レギュラー放送になったりゴールデンのスペシャル番組として放送することになる。  … 続きを読む ...

『仰天ニュース』“感動ストーリー”に「美談にするな」! 大阪カニ看板破壊事件の再現VTRが波紋

 6月28日放送の『ザ!世界仰天ニュース4時間SP』(日本テレビ系、以下『仰天ニュース』)でオンエアされた、ある事件の再現VTRが波紋を呼んでいる。  昨年4月、大阪・道頓堀の飲食店の店先に置かれていたカニのオブジェが、20代の男性2人によって壊されるという悪質な行為が発覚。  街の防犯カメラに映っていたのは、まず1人がオブジェに蹴りを入れ、その姿をもう1人の男性がスマートフォンで撮影するといった犯行の一部始終で、蹴りを入れた男がオブジェを手前に引き倒し、カニは無残に砕け散った。壊れたことを確認した...

King&Prince、「ichiban」が賛否両論も……アルバム『Made in』は初日36万枚で前作超え

 King&Prince(以下、キンプリ)のニューアルバム『Made in』が、6月28日付のオリコンデイリーアルバムランキングで1位に輝いた。売り上げは36万9,252枚で、昨年7月発売の前作『Re:Sense』の初日記録(34万2,182枚)を上回る好スタート。今作は表題曲の「ichiban」が賛否両論を呼ぶなど、大きな注目を集めている。  キンプリにとって4枚目のアルバム『Made in』は、初回限定盤A・B、通常盤の3形態でリリース。収録曲の中で最も話題になっているのは、ラッパー・KREVA...

『ポップUP』スタートからまもなく1クール、大苦戦も…見えてきた“本当の狙い”

 今春に終了した『バイキングMORE』の後番組として始まった、フジテレビ系の昼の帯番組『ポップUP』が苦戦続きだ。  坂上忍が名物司会を務めた前番組『バイキング』から一転、『ポップUP』は曜日ごとにパーソナリティが代わり、小泉孝太郎、三浦翔平、おぎやはぎ、高嶋政宏、吉村崇(平成ノブシコブシ)と、バラエティに富んだラインナップを揃えたが、視聴率的には惨敗。早くも打ち切りさえ囁かれ… 続きを読む ...

ヒカキン、猫じゃらしに戸惑う愛猫に「なんでじゃれないの?」

【犬や猫のペット情報メディア いぬねこ+より】  YouTuberのヒカキンが、初めて猫じゃらしを見た愛猫の様子をYouTubeチャンネル「HikakinTV」で公開しています。  ヒカキンはスコティッシュフォールドの「まるお」ちゃんと「もふこ」ちゃんを飼っており、まるおちゃんともふこちゃんは、ヒカキンのYouTubeに度々登場。先月25日には、2匹が4歳になったことを動画で報告していました。  そんなヒカキンは、まるおちゃんともふこちゃんが初めて“猫じゃらし”を見たときの様子を動画で公開。ヒカキン...