• Sat. Aug 13th, 2022

コムドット・やまとの腕をつかんで炎上! きりたんぽ“涙の謝罪”動画に「アンチがおかしい」

 チャンネル登録者数132万人を誇るYouTuberのきりたんぽが、「コムドット・やまとの腕をつかんだ」として批判が相次いだことを受け、「本当ごめんなさい」と涙ながらに謝罪した。これに対し、ネット上では「こんなことで謝らなきゃいけないなんて……」と違和感を訴える声が相次いでいる。

 5人組YouTuberグループ・コムドットのチャンネルでは6月30日、昨年行われた“YouTuber大運動会”企画で優勝した赤組メンバーによる“日帰り旅行”の様子を公開。旅行には、コムドット、きりたんぽ、平成フラミンゴなど5組が参加していた。

「赤組メンバーがプールではしゃぐ中、きりたんぽがやまとの腕をつかむシーンが一瞬だけあり、この部分をピックアップした“切り抜き動画”がTikTokなどで拡散されることに。すると、一部コムドットファンやきりたんぽのアンチから『きりたんぽのほうからつかみに行ってて引いた』『すぐそこにプールの縁があるのに、なんでわざわざやまとに擦り寄ってるの?』などと嫉妬にも似た批判が相次ぎました」(エンタメ記者)

 そんな状況を受け、きりたんぽは7月1日、謝罪動画を公開。「私がやまとの腕をつかんで端に寄るシーンがあって、結構(批判を)言われてたらしいんだけど」と炎上騒動に触れつつ、「(プールの)あそこが一番深いところで」「水かぶって見えないし、足もつかなくて怖かったから、ロープでも藁でも、(つかめれば)なんでもよかったんです。たまたまそこにあったのが、やまとの腕だったという話なんです」と釈明しながらも、「そういう誤解を招くようなことをして、本当にごめんなさい」と頭を下げている。

 加えて、ほかのメンバーが焼肉を焼く中、きりたんぽが座っている場面に対しては、「どんな育ち方してるんだよ」といった批判が寄せられたとか。これに関しても、「楽しそうだったから私も焼きに行きたかったんだけど、焼肉焼くところが狭くって、ぎゅうぎゅうになってたから、ジャマになっちゃうかなと思って行けなかった」と理由を説明。涙ぐみながら「育て方が悪いといっぱい言われまして、それはすごく悲しかった」と語り、「不快に思わせちゃったなら、ほんとにすみません」と再び謝罪した。

 その後も、「いろんな捉え方があるんだなって思って、より一層ちゃんとしないといけないなって思いました」「とても反省させられました」「本当にごめんなさい」と反省の弁を繰り返したきりたんぽ。ネット上では「嫉妬に狂ってるアンチがおかしいのに、謝る必要ないよ」「なんできりたんが泣きながら謝らなきゃいけないの? かわいそうすぎる」「いちゃもんつけて、女性クリエイターを傷つけるような奴は、コムレンジャー失格だろ」「あれだけで炎上してるのやばすぎ……。これだからリアコはイタいんだよ」「すっごい叩かれてるけど、むしろもっと早く腕つかませてあげてもよかったくらいだよね。叩いてる人、頭おかしい」などと状況の異常さを指摘する書き込みが続出している。

「コムドット・やまとといえば、6月28日に人気YouTuber・平成フラミンゴ・にこの熱愛疑惑を否定する動画を公開。2人の“デート企画”動画から、やまとがにこを見つめている部分が切り取られて拡散されたことで“ガチ恋”疑惑が広まってしまったそうです。これが原因でやまとは『(にことも)距離感がつかめず、変にブレーキをかけてしまった』と、にこによそよそしい態度を取るようになってしまったといい、『“切り抜き”というものにだいぶ苦しめられていますね』と苦悩している様子でした」(同)

 とはいえ、1月に「サンケイスポーツ」がコムドット・ひゅうがとYouTuberコンビ・中町兄妹の中町綾の熱愛を報じるなど、“ファンの誤解”とは言い難いスキャンダルが続いているのも事実だ。

「先月も、コムドット・ゆうたとモデル・那須ほほみの“合鍵お泊まり愛”が『フラッシュ』(光文社)に報じられました。ただ、コムドットは『彼女がいても“いない”と言う』というグループの掟があるため、彼女に関しては無言を貫いています。そんな状況もあって、ヤキモキするファンは多いのでは?」(同)

 また、今回のきりたんぽと似たような騒ぎは、過去にもあった。

「昨年11月、YouTuberコンビ・スカイピースのチャンネルに“YouTuber大運動会”企画が公開された際、YouTuberコンビ・夜のひと笑いのいちえがスカイピースのテオくんに抱きつくシーンが波紋を呼び、『テオくんに抱きつくだけじゃなく、いつも横にいるのが気になる』『いちえ、絶対テオくんのこと好きじゃん』などと批判が噴出。その後、いちえは『テオくんのことは好きではありません!』と否定するなど、釈明に追われていました」(同)

 若い視聴者が多い上に、ファンとの距離が近いYouTuber。熱心なファンが多くなると、気を使う場面も多そうだ。