• Sat. Aug 13th, 2022

テイラー・スウィフト、婚約報道! 元カレへの「中傷」行為と歴代「破局ソング」をプレイバック

ByAdmin

Jul 5, 2022

 元カレをネタにした楽曲の数々が知られる歌姫テイラー・スウィフト(32)が、コロナ前の17年から交際しているイギリス人俳優ジョー・アルウィン(31)と婚約したと報じられている。歴代の交際相手とはパパラッチされても気にしなかったテイラーだが、ジョーとの付き合いは表沙汰にはしない姿勢を貫いており、婚約も家族や親しい友人にしか明かしていないとのこと。外出時には婚約指輪を外すなど、ひた隠しにしていると伝えられている。



 2年前にリリースされた8枚目のアルバム『フォークロア』(20)の制作に、ウィリアム・バウリー名義で参加したジョー。“スウィフティーズ”と呼ばれるテイラーのファンは、2人の婚約を大喜びし、心から祝福している。テイラーが、これまで数々のつらい別れを経験してきたことを知っているからだ。



 テイラーは18歳の時、当時ティーンの間でアイドルとして絶大な人気を誇っていた「ジョナス・ブラザーズ」のジョー・ジョナスと交際。同い年のキュートカップルとして注目されていたが、付き合ってわずか3カ月で破局してしまった。



 その直後にリリースしたセカンドアルバム『フィアレス』(08)のプロモーションで、国民的トーク番組『エレンの部屋』に出演した彼女は、苦虫をかみ潰したような顔で「どこに行っても彼の商品が目についてつらい」と述べた上で、「でもいいの。いつか私にぴったりの素晴らしい男性を見つけるから。そんな彼と一緒になれば、18歳の時にたった27秒の電話で私を捨てた男の顔なんて忘れちゃうんだから」とジョーの仕打ちを暴露。



 あぜんとするエレンに、「通話記録を見たら27秒だったの。これってすごいよね、スピード破局宣言の世界新記録になるんじゃない?」と吐き捨てるように言った。



テイラーは、ジョーとの破局を楽曲「フォーエヴァー&オールウェイズ」として制作し、完成間近だった『フィアレス』に収録。サードアルバム『スピーク・ナウ』(10)に収録されている「ラスト・キス」でもジョーとの関係を描き、「ベター・ザン・リヴェンジ」はジョーが女優カミーラ・ベルのために自分を捨てたという内容だ。さらには、4thアルバム『レッド』(12)の「ホーリー・グラウンド」もジョーのことを歌っているとファンの間でうわさされるなど、自身をフッたことを長らく根に持っていたとみられている。



 その後、何人かの年上セレブたちと恋愛を楽しんだテイラーは、12年12月から世界的にブレークしていたボーイ・バンド「ワン・ダイレクション」のハリー・スタイルズと交際。タブロイドを大いに騒がせるカップルとなったが、翌年1月にスピード破局。

 バケーション先のカリブ諸島で大げんかになり、怒ったテイラーがアメリカに帰ったことで関係が終了したと伝えられ、“ハイラー”というカップル名をつけて応援していたファンを落胆させた。5thアルバム『1989』に収録されている「Out of the Woods」「I Know Places」「Clean」「Style」「Wonderland」はハリーのことを歌っているとみられるなど、テイラーは別れてからもハリーが好きで苦しんでいたようだ。



 一方のハリーは、自身が曲のネタにされていることについて、人気ラジオ番組『ザ・ハワード・スターン・ショー』で「光栄だね」「内容があまりよくないことでも、時間を費やして書いてくれたと思うとうれしく感じる。テイラーを例にとれば、彼女は素晴らしいソングライターだし」とコメント。2人は昨年のグラミー賞授賞式で会話しているところを目撃されており、テイラーにとってトラウマ的な別れを経験した相手だったが、今はわだかまりは消えているとみられている。



 また、ハリーと付き合ったことがきっかけでイギリス人男性を好むようになったとうわさされているテイラーは、その後、イギリス人の人気DJで音楽プロデューサーのカルヴィン・ハリスと交際。15カ月間と彼女にしては長続きしたが、破局後に最大のゴタゴタがあった。



 別れてから程なくして、テイラーの代理人が破局直前にカルヴィンがリリースした「This Is What You Came For」はテイラーが作詞したものであることを公表し、ネット上でカルヴィンに対する大バッシングが巻き起こったのだ。



 カルヴィンはTwitterで、「彼女が秘密にしたいと望んだのに」「ここにきて、彼女と彼女のチームが自分のことを悪者にしようと躍起になっている。本当に傷つく」「元カレの中傷なんてするなよ。新しい彼との関係が順調にいってるんだろ」と告白。世間は騒然となった。



 カルヴィンは後に、男性誌「GQ」のインタビューで、「交際中はメディアに騒がれないように気をつけていた。自分はセレブであることが苦手だから」「それなのに付き合いが終わってからの顛末のほうが騒がれるようになってしまい、残念」だとコメント。テイラーは彼との関係を、6枚目のアルバム『レピュテーション』の「I Did Something Bad」と「Getaway Car」で歌っているとされている。



 カルヴィンとの交際後に付き合ったイギリス人俳優トム・ヒドルストンは、テイラーと付き合うことで知名度を上げようとしているとネット上で陰口をたたかれ、わずか3カ月で破局。その次に付き合ったのがジョーで、テイラーはできる限り交際を表には出さず、関係を極秘にしてきた。



 静かに愛を育んできたテイラーとジョーは、すでに婚約して数カ月がたっているとのことで、シンプルでエレガントな結婚式を挙げようと計画を進めているとも報じられている。挙式の様子がメディアで大々的に伝えられることはないだろうが、テイラーが幸せならば花嫁姿を見られなくても十分にうれしいとファンは感じているようだ。