• Sat. Aug 13th, 2022

King&Prince・高橋海人にアーティストが「嫉妬します」! 「ゆくゆくは自分の絵を億で売りたい」宣言も

 King&Princeの冠番組『King & Princeる。』(日本テレビ系)。7月2日放送回では、高橋海人がプロのアーティストとガチンコ対決する「高橋海人のどっちが海人でSHOW!」の第2弾がオンエアになった。

 高橋がその道のアーティストとともに作品を作り、どちらが高橋の作った作品かをメンバーに判定してもらうこの企画。第1弾では、生け花とポーリングアートを制作し、見事プロの作品だとメンバーを騙すことに成功していた。

 第2弾の今回は、スニーカーカスタムとレトロ写真撮影に挑戦。挑戦前、高橋はテンション上々で、「前回、皆が揃いも揃って騙されるっていうあの瞬間、だいぶ気持ちよかった」と振り返り、「絵の世界でも生きていけるんだ」とかなり自信をつけた様子。さらには「ゆくゆくは自分の絵を億で売りたいっすね」とドヤ顔を見せていた。

 そんな高橋がこの日最初に挑戦したのは、スニーカーカスタム。アーティストの赤池完介氏の元で学ぶことになった。絵柄や漢字が切り抜かれた型紙にスプレーを噴きつけ転写する「ステンシル」という技法などを習うと、それをすぐ吸収。

 練習がてら自分で作ってみる際には、「ずっとやりたかった」というスニーカーカスタムへの思いが爆発。学んだステンシルだけでなく、スニーカーのソール付近にインクを溜めてシューレース側に垂らすという方法を自ら編み出し、赤池氏から「僕が努力して学んできたことを軽々飛び越えて、嫉妬します」と驚かれていた。

 また高橋が実践したステンシルは、「舞」という字の上に「狂」の字を異なる色のインクで転写するというオリジナルの方法。独自性の強いスニーカーを仕上げ、練習にもかかわらず「俺、かなり満足してます」と自信を見せていた。

 その後、実際にスタジオに高橋の作品と赤池氏の作品が持ち込まれ、メンバーが判定することに。「NEOジャパン」というテーマでカスタムされたスニーカーで、練習で作ったスニーカーとは別のカスタムが施されたものだ。「A」のスニーカーは高橋が練習で行っていたステンシルの文字重ねが入ったもので、もう一方の「B」はつま先が青く色づけされていた。

 披露されるやいなやメンバーはすぐに駆け寄り、「どっちもいい!」と声を上げていたが、高橋の作品にAを選んだのは平野紫耀のみ。ほか全員がBを選択し、永瀬廉は「わかっちゃうんですよね。海人のこと全部知ってるんで」と話し、高橋の性格的に、練習時に披露した技は本番で使わないと予想。

 また、神宮寺勇太は、Bのスニーカーについて、「靴ひもにまでスプレーがいっちゃってるんですよ。それが片方だけにあるのが気になる。甘いな」とプロではやらない失敗だと予想していた。また、岸優太に至ってはBについて「あんま履きたくない。Aは万人受け」とコメントしたが、実はBこそプロの作品。

 メンバーを騙すことに成功した高橋が、「この企画ずっとやりたい!」と大喜びする横で赤池氏は肩を落としつつも、「(自分の中に)海人くんをおろせたのでよかった」とコメントしていた。

 この日の放送に視聴者からは「本当にアーティストになれそう!」「嵐の大野くんに続いて個展やれそうだな~」「本当に才能あるのがすごい」という声が集まっていた。